XMが提供する「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

取引ツール <よくある質問>

XMトレーディングに関する「よくあるご質問」

質問の一覧

A. XMアプリでも取引可能です。

しかし口座開設時にMT5を選んだ方のみ可能で、MT4を選んだ方は取引できません。

また利便性が落ちるため、高スペックでの取引を希望される方にはMT4アプリもしくはMT5アプリの利用をお勧めします。

A. はい。可能です。

XMアプリでも横画面で表示することでインジケーターなどを利用可能です。またオブジェクトも利用できます。

A. おすすめは「パソコン版のMT4」です。

XMでは全部で16種類の取引プラットフォーム(インストール版やブラウザ版やスマホ・タブレットなど)が用意されています。

その中でのおすすめはパソコン(Win/Mac)版のMT4です。やはりパソコンの大画面で扱えて、機能性・安定性やスピードもあるMT4が使いやすいです。

MT5の方が注文が通りやすいという特性もありますが、総合的な使い勝手を考えてMT4から始めて、その後の追加口座でMT5を選ぶのが得策かと思います。

それぞれのプラットフォームごとの違いや使い方は下記のページをご参照ください。

A. 自動売買(EA)は禁止されていません。

XMでは、すべての取引プラットフォームでEAを利用できます。

XMでEAを設定する手順は、下記のページでご紹介しています。

XMの禁止事項については、下記のページをご覧ください。

 

A.チャートを更新してください。

メタトレーダー5のチャートに「アップデート待機中」と表示された場合は、更新(表示を再設定)することで、最新チャートを閲覧できます。

なお、表示させたい通貨ペアをMT5のチャート表示エリアにドラッグ&ドロップすることで更新できます。

A. MT4の「口座履歴」のタブから確認できます。

MT4の年間取引報告書を出力したい口座にログインして、ターミナル欄の口座履歴のタブから確認可能です。

年間取引報告書には以下の情報が記載されています。

年間取引報告書で確認できる項目

・Deposit/Withdrawal:入出金
・Credit Facility:融資枠
・Closed Trade P/L: 確定損益
・Floating P/L:含み損益
・Margin : 必要証拠金
・Balance: 残高
・Equity: 有効証拠金
・Free Margin: 余剰証拠金

A. 口座の有効化ができていない、またはログイン情報が間違っている可能性が高い

以下の条件に該当しないかを確認しましょう。

  • 口座の有効化が完了しているか(まだの場合は必要書類を提出)
  • IDやパスワードの打ち間違えはないか
  • IDやパスワードコピーしている場合、余計な文字までコピーしていないか
  • 取引サーバーを間違えていないか

これらの以外の要因で「無効な口座」や「回線不通」という表示は出ません。

その他のご質問項目

コロナショックの今こそ海外FXが稼げる
↓「スマホでも簡単に無料トレード」↓

XM口座開設バナー
口座開設で3,000円ボーナスをもらおう