「XMトレーディング」の公式ホームページへ

XM ウェブトレーダー(WebTrader)の使い方&注文方法

XM ウェブトレーダー(WebTrader)の使い方を紹介 XMの取引ツール

世界でもっとも普及している取引ツールMT4は、豊富なインジケーターや約定力の高さを実現しており、ユーザーからも高い評価を受けています。

XMではインストールしてMT4を使用する通常版以外にも、WebへアクセスするだけでMT4が使用できるウェブトレーダーが用意されているのをご存じでしょうか?

今回はXMだけでしか使用できないWeb版のMT4ウェブトレーダー(WebTrader)について詳しく解説していきます。基本的な使い方や機能、インストール版にはないメリットや注意点までをわかりやすく説明しますので参考にしてください。

XM ウェブトレーダーを使う4つのメリット

ウェブトレーダー(Web trader)はGoogleCromeやInternet Explorerなどのブラウザ上で作動させることができるプラットフォームです。

ウェブトレーダーを使用するメリット

  • インストールの必要がない
  • 外部のパソコンからアクセスしやすい
  • ちょっとしたバックアップの代わりとして使える
  • チャート画面から直接入出金画面へ移動できる
XMトレーディング攻略_喜びママ

ウェブトレーダーは柔軟性に長けてるよ!

同じMT4(MT5)でもウェブトレーダーとインストール版では使い方や機能が違います。ウェブトレーダーのメリットを活かせば、今までよりも幅広い取引が行えますよ。

ウェブトレーダーとインストール版は同じIDでログインできるので使い分けることが可能です。

インストールの必要がない

ウェブトレーダーはWebにアクセスして使用するので、パソコンへ余計な負担を掛けずに済みます。ソフトをインストールするとパソコンの容量は少なからず減りますし、他のソフトへ悪影響を及ぼすことも考えられます。

XMトレーディング攻略_少年

FX以外にもパソコンを使うから負担が減るのはうれしいね

ウェブトレーダーを使用すればパソコンへの負担はほぼありません。ノートパソコンや容量の少ないパソコンを使用してる人にとっては便利なツールと言えるでしょう。

外部のパソコンからもアクセスしやすい

Webへアクセスすればウェブトレーダーは使えますので、必要なのはパソコンとネット環境だけ。IDとパスワードさえ入力すればどのパソコンでも使用できるため、自分のパソコン以外でも簡単に取引を行うことができます。

XMトレーディング攻略_パパ

パソコン派の人にとってはありがたいね

ネットカフェや知人の家など、パソコンで取引できる場所を増やせるので、チャンスを逃すことも減らせるでしょう。

外部のパソコンを使用する時はID・パスワードの取り扱いに注意しましょう。

ちょっとしたバックアップの代わりとして使える

インストール版やスマホアプリのプラットフォームが、システムトラブルにより使用できない時でも、ウェブトレーダーであれば取引できる可能性があります。

XMトレーディング攻略_少年

ウェブトレーダーってちょっとしたバックアップみたいな感じなんだね!

FXは少しの時間で大きなお金が動くので、取引できない時間が長いほどチャンスを逃しますし、リスクも高くなります。

XMの回答としては「どちらか一方だけが使えるというのは考えにくい」と言っていますが、「システムトラブルの時にウェブトレーダーで取引できた」という事例もありますので、試してみるのもアリでしょう。

チャート画面から直接入出金画面へ移動できる

ウェブトレーダーの画面右上には「口座管理」が表示してあり、クリックすると会員ページにアクセスできます。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

インストール版で入出金をする時は、別タグで新たにXMのホームページへアクセスしなければなりません。そのため急ぎで入金したい時も時間が掛かります。

XMトレーディング攻略_考えるパパ

FXでは急に資金が必要になることもあるからね…

ウェブトレーダーであれば会員ページへ直接アクセスできるので取引時に入金が必要になっても焦ることはありません。また「サポート」をクリックすればお問い合わせの画面に移動するので、わからないことがあってもすぐに質問できますよ。

日本語ライブチャットの項目はありますが2020年4月現在、使用不可となっているのでウェブトレーダーの画面からは日本語ライブチャットへアクセスすることはできません。

「ライブチャット」自体は会員ページを経由すれば使用可能です。

XM ウェブトレーダー(WebTrader)の弱点&注意点

インストール版ではできてもウェブトレーダーではできない、または時間が掛かることがあります。

ウェブトレーダーの注意点

  • チャート画面を複数表示する時に時間が掛かる
  • カスタムインジケーターを導入できない
  • 動作が他のプラットフォームより少し遅い

上記の注意点について詳しく解説していきます。

チャート画面を複数表示する時に手間が掛かる

インストール版では異なる通貨ペアや時間足のチャート画面を簡単に表示できます。しかしウェブトレーダーは複数のチャート画面を同時に表示することができません。チャート画面を複数表示するにはパソコンの機能を利用するため時間が掛かります。

ウェブトレーダーでチャート画面を複数表示させる方法

  • 別タグにURLをコピーしたあと、新たなブラウザで表示する
XMトレーディング攻略_疑問少女

なんか難しそうだね…

複数表示する方法について説明しますね。まず新しいタグを開きます

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

ウェブトレーダーのURLを新しいタグへコピーします。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

ウェブトレーダーのタグが2つにあることを確認します。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

新しく開いたタグを画面の外へドラック&ドロップしてブラウザ画面を2つ表示します。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

大きさを調整して画面を並べれば完成です。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

多少手間は掛かりますが、チャート画面を複数にできます。ただしデメリットだけはありません。上記の方法は口座が異なる場合でもチャート画面を複数表示できるので、複数口座があっても1画面で管理できます。

インストール版で異なる口座のチャート画面を1画面で表示するには、異なるプラットフォームを使用しなければなりません。

カスタムインジケーターを導入できない

ウェブトレーダーは最初から設定されているインジケーター以外のツールを使用することはできません。インストール版では自由に導入できるカスタムインジケーターをウェブトレーダーでは導入きないので、カスタムインジケーターを取り入れてる人にとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

XMトレーディング攻略_困ったママ

導入する方法は一切ないんだよね…

またウェブトレーダーでは自動売買もできませんので、すべての取引を手動で行うことになります。カスタムインジケーターをよく使う人や自動売買での取引を行う人は、ウェブトレーダーで取引する時は十分注意しましょう。

動作が他のプラットフォームより少し遅い

原因は不明ですが、ウェブトレーダーは他のプラットフォームと比べて動作が遅いという口コミが多く見受けられます。

XMトレーディング攻略_考えるパパ

スキャルピングには不向きかもしれないな…

ウェブトレーダーでも問題なく取引はできますが、動作が遅くなる=約定力が低いということなので、短時間で取引を終わらせるスキャルピングには向いてないと言えるでしょう。

XM ウェブトレーダー(WebTrader)の使い方

それでは、ここからはXMのウェブトレーダーの実践的な使い方を紹介していきます。

ウェブトレーダーの起動

まずはXMの公式サイトにログインします。アカウントを持っていない方は口座開設を行えば、24時間以内に審査が行われてログインが可能になります。

ログイン後は、「プラットフォーム」→「MT4(MT5)ウェブトレーダー」の順番にクリックします

XMプラットフォームの選択(WebTrader)

「MT4(MT5)WEBTRADERへアクセス」をクリックします。

XMウェブトレーダー(WebTrader)へのアクセス画面

ウェブトレーダーへの接続画面が表示されるので「ID・パスワード・サーバー」を入力します。

XM口座ログイン

パスワードXMの口座を開設した時に自分で設定したものを、IDとサーバーは登録時にXMから送られてくるメール記載されています。

XMトレーディング攻略_喜びママ

問題なければウェブトレーダーのチャート画面が出てくるよ!

通貨ペアの設定方法

ウェブトレーダーはインストール版と比べて表示する通貨ペアの設定が難しくなってます。

まずは「通貨ペア」をクリックします。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

XMで取引できるすべての通貨(FX)先物や貴金属など(CFD)が表示されるので追加したい通貨ペアを選択します。

XMウェブトレーダーの通貨ペア

画面左側にある「+」をクリックすれば銘柄が表示されます。追加したい銘柄にカーソルを合わせて「表示」をクリックすれば通貨がチャート画面へ表示できるようになります。

XMウェブトレーダーの通貨ペア

チャート画面へ表示したい通貨ペアの設定をします。「ファイル」にカーソルを合わせて「新規チャート」から表示する通貨ペアを選べば完了です。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

インジケーターの設定

インジケーターを活用することは、エントリーポイントを探る上で大切です。今回は移動平均線を表示する方法について説明します。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

 

移動平均線を設定する手順

  1. 挿入
  2. インディケータ
  3. トレンド
  4. Moving Averageをクリック

Moving Averageをクリックすると、設定画面が表示されますので、自分の好きなようにカスタマイズしましょう。また3と4で選択する項目を変えれば、他のインジケーターも表示できますよ。

 

XMウェブトレーダーのインジケーター設定

設定が完了すれば、チャートが実際に表示されていることが確認できます。

XMウェブトレーダーのチャート画面

 

新規(成行)注文をする

新規注文したい銘柄のチャート画面を表示させてから、画面上部の左から2番目のアイコンが「新規注文」なのでクリックします。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の注文画面

注文画面が出てきますので、数量(ロット数)を決めて「売り」「買い」を選択すれば注文完了です。

決済指値(逆指値)を入力すれば利益確定ラインとロスカットラインが設定できます

指値(逆指値)注文をする

指値(逆指値)注文は「注文種別」のプルダウンをクリックすると選択できます。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の注文画面

先に「注文種別」で注文方法を選択します。そのあと数量(ロット数)、決済指値と決済逆指値を設定します。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の注文画面

最期に取引を開始する価格を決めて「発注」をクリックすれば注文完了です。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の注文画面

取引が始まってなければキャンセルも可能です。まず画面下部に表示されている指値(逆指値)注文を入れた銘柄をダブルクリックします。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

注文画面が表示されるので「削除」をクリックすれば注文はキャンセルされるので、覚えておきましょう。

決済注文をする

画面下に表示されているポジション画面で右クリックした後、「決済注文」をクリックします。

XMウェブトレーダーの決済画面

 

黄色の決済ボタンをクリックすれば、ポジションすべてを決済することができます。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の決済注文

XMトレーディング攻略_喜びママ

指値(逆指値)注文をした時もやり方は一緒だよ!

一括決済をする

同じ通貨ペアの取引が複数ある時は一括決済ができます。特に両建てをしている時はまったく同じタイミングで決済できるので便利ですよ。

画面下部に表示されている中から決済したい銘柄をダブルクリックします。「注文種別」の中にある両建て解除の「通貨ペアを指定」「対象玉を指定」が一括決済となります。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の一括決済

「通貨ペアを指定」を選択すると一括決済をする通貨をこちらで指定することができます。青枠の中から選択して決済しましょう。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の一括決済

「対象玉を指定」を選択すると取引画面でダブルクリックした通貨は固定されたままになり、一括決済の対象とする通貨を選ぶだけになります。

XMウェブトレーダー(WebTrader)の一括決済

一括決済は2つの取引を同時に終わらせるだけではなく2つの取引を1つにしてから決済するため、本来2つ分のスプレッドが掛かるところを1つ分だけで済みます

XMトレーディング攻略_少年

一括決済をすれば手数料が安く済むんだね

ワンクリック取引をする

新規(成行)注文に限り、注文画面を出さなくても注文可能なワンクリック取引を設定することができます。「オプション」にカーソルを合わせて「ワンクリック取引」にチェックを入れれば設定は完了です。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

画面左上に表示されている価格をクリックするだけで注文できます。「BUY」をクリックすると買い、「SELL」をクリックすると売りです。ロット数は中央部分で設定できます。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

画面下部の取引リストの右端に「×」が表示されているのでクリックすれば決済できます。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のチャート画面

ワンクリック取引は注文や決済時間を短縮できますが、チャート画面を操作している時に間違えて取引してしまうこともあるので、設定する時は十分注意しましょう。

XMトレーディング攻略_考えるパパ

便利だけどあまり使わないほうが良いのかも知れないな…

■関連記事:MT4のインストール&設定手順(Win編 & Mac編