XMが提供する「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

XMの税金を攻略しよう<確定申告&節税対策>2021年版

XMのFX&CFDの税金を攻略<確定申告&節税対策>海外FXについて

XMでは毎年損益を計算して確定申告を行う必要がありますが、申告の仕方によっては税金を安く済ませられることをご存じでしょうか?

ただ、確定申告と聞くと難しそうなイメージがあるので、しっかり計算をするというよりは、とりあえず申告すれば良いとなってしまうのも無理はありません。

そこで今回は、少しでも税金を安くできるように、XMの確定申告時のルールについて詳しく説明します。

また最後にXMで節税するときに役立つ情報も紹介してるので、参考にしてください。

XMの確定申告について

確定申告は1月から12月までに得た所得を税務署に申告することです。所得を申告して確定することにより、次年度の健康保険料や住民税などが決定されます。また、XMで得た所得も毎年計算して確定申告をする必要があります。

XMにおける所得とは?

  • 収入=トレードで得た利益
  • 経費=デバイス代やセミナー代など
  • 所得=収入ー経費
XMトレーディング攻略_ママ

経費の申告は領収書が必要になるから、XM関連の物はすべて取っておくのがベスト!

確定申告には期限や収入によって申告の有無が変わるなど、いくつかのルールがあるので、詳しく紹介します。

XM以外のFXでも所得を計算して確定申告をする必要があります。

FXで20万円以上の利益が出ると確定申告が必要

確定申告は給与収入がある人は20万円以上、他の収入がまったくない人は38万円以上の利益を得た時点で申告義務が発生します

XMトレーディング攻略_パパ

複数の収入源がある人は、1つの収入が20万円を超えた時点で申告が必要になるよ!

ただし、利益が20万円以下の場合は、原則として確定申告をする必要はないので覚えておきましょう。

XMトレーディング攻略_喜びママ

FX以外の副業の場合は、確定申告をするとお金が戻ってくる可能性があるから、念のため確定申告をしておこう!

申告期限は翌年の2/16~3/15まで

確定申告の申告期限は翌年の2月16日から3月16日までですが、所得の計算や必要書類が揃ってる場合は、1月1日以降から提出可能です

XMトレーディング攻略_少女

期限が過ぎても過去5年分まで遡って申告できる!

2月16日前に税務署へ提出すると「預かり」という扱いになります。

確定した取引のみを計算する

確定申告時に計算するのは確定した損益だけとなります。そのため、保有中のポジションの計算をする必要は一切ありません。

XMトレーディング攻略_喜びママ

申告額によっては税金を抑えることができるから、状況によっては決済のタイミングを遅らせるのもアリ!

確定申告の〆は12月31日なので、年末に大きなポジションを保有してる場合は、決済するかしないかで税率が変わる可能性があります。そのため、その年の所得によっては、決済しないで次年度の所得に回すという方法もあるので覚えておきましょう

XMの税金の計算方法【総合課税】

XMで得た利益は「雑所得」という収入項目での申告となります。また税率は「総合課税」(累進課税+住民税)での計算になるので覚えておきましょう。

累進課税の税率と控除額

累進課税は所得に応じて税率と控除額が大きく変わります。

<累進課税の税率と控除額>

所得(純利益)

税率控除額

195万円以下

5%0円
195万円以上、330万円以下10%

97,500円

330万円以上、695万円以下

20%427,500円
695万円以上、900万円以下23%

636,000円

900万円以上、1,800万円以下

33%1,536,000円
1,800万円以上、4,000万円以下40%

2,796,000円

4,000万円以上45%

4,769,000円

*2021年1月時点

XMトレーディング攻略_ママ

税率は変更されることもあるから、最新情報を確認してから税金の計算をしよう!

累進課税は複数の税率を元にして計算を行う

累進課税は合計所得で税率が決まるわけではなく、段階的に税率が上がる仕組みになっています。そのため、所得が多くなるほど所得税を出す計算が複雑になります

所得700万円の場合の計算式

  1. 195万円までは5%=97,500円
  2. 330万円(135万円分)までは10%=135,000円
  3. 695万円(365万円分)までは20%=730,000円
  4. 700万円(5万円分)は23%=11,500円
  5. 合計(所得税)=974,000円(控除額含む)
XMトレーディング攻略_少年

「7,000,000×23%-636,000(控除額)」でも974,000円になるよ!

累進課税は通常通りに計算すると控除額が含まれた合計金額が出てきます。そのため、計算を簡易的にしたいときは、控除額を最後に引く方法で計算すれば簡単に所得税を出すことが可能です。

2038年までは所得税に対して復興特別所得税(2.1%)を加算することが義務付けられています。(所得700万円の場合、974000×2.1%=20,454円の追加)
ボーナス分は所得に含まれないため、計算に含める必要はありません。

住民税は一律で10%

総合課税では累進課税の他に住民税が掛かりますが、一律で10%と決まっています。

XMトレーディング攻略_喜びママ

XMの所得に掛かる税金は「累進課税+10%の住民税」のみ!

住民税に関しては一律なので、累進課税の計算方法だけ覚えてしまえば、確定申告のハードルもグッと下がります。

XMと国内FXでの税金計算の違い

XM(海外FX)と国内FXでは「税金の区分」「税率の計算方法」などのルールが違います。そのため、同じFXでもまとめて確定申告をすることはできません。

XMと国内FXの税金の違い

  • XM=総合課税
  • 国内FX=申告分離課税
XMトレーディング攻略_ママ

ここの違いがXMを含む「海外FXは税金高いんだよね」という意見の原因!ただし、XMだとすべてに置いて不利というわけではないよ!

国内FXは申告分離課税

XMは総合課税ですが、国内FXは申告分離課税という税率で所得の計算を行います。

申告分離課税の税率

一律で15%+復興特別所得税(所得税に対して2.1%)

国内FXの場合は、所得に関係なく一律で15%なので、多くの利益を上げても所得税が大幅に増えることはありません。

住民税は一律で5%

申告分離課税は住民税が一律で5%と決まっています。

XMトレーディング攻略_少年

国内FXは全部で所得税(復興特別含む)+住民税=20.315%の税金が掛かるよ。

損失の繰り越しができる

国内FXでは過去3年の損失分を繰り越せます。そのため、利益が上がったとしても前年に損失がある場合、相殺することで、所得税を抑えることも可能です。

XMトレーディング攻略_パパ

XMでは損失の繰り越しはできないから覚えておこう!

所得によってはXMのほうが税金が安い

総合課税と申告分離課税を比べると、申告分離課税のほうが住民税が安いため、税金を抑えれるような気がします。しかし、所得(トレードの純利益のみ)が4,319,500円までなら、国内FXよりもXMほうが税金が安く済みます

XMトレーディング攻略_少年

所得が低ければ総合課税(累進課税)のほうがお得!

累進課税は所得が上がるごとに税率が上がりますが、所得の低い場合は国内FXの税率よりも低くなります。そのため、所得が4,319,500円に達するまでは国内FXよりもXMのほうが税金を抑えられるので、覚えておきましょう。

XMでの節税対策

利益が増えるほど税金も増えますが、総合課税では「必要経費」「雑所得内での損益通算」が認められれてるため、節税をすれば支払う税金を大幅に下げることも可能です。

FX関連のものを必要経費として計上する

FXには損益以外の部分でも「パソコン」「ネット」など複数のことにお金が掛かっているため、仕訳をすれば必要経費として計上することも可能です。

必要経費として計上できるもの

  • パソコン代
  • 通信費
  • FX関連のセミナー代or書籍
  • 取引時に使用している部屋の家賃
XMトレーディング攻略_喜びママ

「雑所得」は「収入ー必要経費」の合計!FX関連のものは念のため計上してみよう!

パソコンや通信費はプライベートで使用してる場合でも、使用する割合を明確にすれば経費として申告することが可能です

他にもFXに関わることであれば、経費として計上できるので、1つでも多く申告して税金を抑えましょう。

他の雑所得と損益通算する

XM以外の海外FXを行っている場合は同じ雑所得となるため、損失が発生している場合はXMの所得から引くことが可能です。

XMトレーディング攻略_少年

仮想通貨も雑所得!マイナスがある場合は必ず合算しよう!

他にも「雑所得」に該当すれば損益通算できるので、損失が発生したものに関しては、必ず調べてから申告しましょう。

青色申告で確定申告を行う

確定申告には「青色申告」と「白色申告」があり、本業でFXをやっている人であれば、65万円の控除を受けられる「青色申告」での申告が可能です。

XMトレーディング攻略_パパ

白色申告より複雑だけど、青色申告のやり方については多くの情報があるから自分でできるよ!

白色申告より時間が掛かるというデメリットはありますが、無料の会計ソフトを利用すればそれほど難しくはないので、税金を抑えるためにも挑戦してみましょう

サラリーマンの人は基本的に「白色申告」での確定申告となります。