XM提供の「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

XMでスワップポイントを稼ぐおすすめ通貨ペアランキング

XMでスワップポイントを稼ぐおすすめ通貨ペア取引テクニック

XMは最高で1000倍のレバレッジを掛けられるため、少ない資金でスワップポイント狙いの長期投資が可能です。

なお、通貨間の金利差によって発生するスワップポイントは、実はFX業者が個別にポイントを決定しています。そのため、業者ごとにスワップポイントに差があり、それに従って狙い目とする通貨ペアも異なります。

今回は、スワップポイントの高さも魅力であるXMで、スワップ投資をする際におすすめの通貨ペアをランキング形式でご紹介します。

XMのスワップ狙い通貨ペアおすすめランキング(2022年7月現在)

通貨ペアポジションスワップポイント
1位ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)売り3,418円
2位USドル/トルコリラ(USD/TRY)売り2,571円
3位ユーロ/南アフリカランド(EUR/ZAR)売り1,028円
4位ユーロ/ロシアルーブル(EUR/RUB)売り758円
5位USドル/南アフリカランド(USD/ZAR)売り674円

2022年7月 現在

全体的に見ると、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソを含んだ通貨ペアでスワップポイントが大きい傾向にあります。このような国では金利が高く設定されているため、ドルやユーロなどの低金利通貨との金利差が大きくなります。

XMトレーディング攻略_ママ

高金利通貨と低金利通貨のペアが狙い目!

上記の通貨ペアのポジションを保有していれば、大きなスワップポイントを得られるでしょう。それでは、スワップポイントを狙った取引におすすめの通貨ペアと取引戦略についてご紹介します。

1位:ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)*ショート

ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)

1位はユーロとトルコリラの通貨ペアです。1lot(10万通貨)のショートポジションに3,418円のスワップポイントが付与されます。

トルコリラといえば、高金利通貨の代表として知られています。政策金利24%という一時期の高金利は見られませんが、2022年3月の政策金利は14.00%と他通貨に比べると高い水準を維持しています。

日足のチャートを見ると、レートは上昇傾向にあります。現状での長期トレンドは上方向と見てよいでしょう。

ただし、長い上ヒゲを付けたことは、上値を抑制する心理的な要因が存在し、ショートによるエントリーが有効になることを意味します。

<ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)の日足チャート>

1日で3,400円以上のスワップポイントは非常に魅力的です。仮に1lotを1か月保有するとすれば、3,418×30=102,540円となります。中長期的な上昇の波に飲み込まれない限り、ショートポジションを保有し続ければ利益が積み重なっていく計算になります。

ユーロ/トルコリラのスワップポイント投資は他の記事で詳しく書いているので興味がある方はこちらをご覧ください。

2位:USドル/トルコリラ(USD/TRY)*ショート

USドル/トルコリラ(USD/TRY)

2位はUSドルとトルコリラの通貨ペアです。1lot(10万通貨)のショートポジションに2,571円のスワップポイントが付与されます。

日足のチャートを見ると、ユーロトルコリラのチャート形状と非常に良く似ており、レートは上昇傾向にあります。

しかし、ドルトルコリラも大きな上ヒゲを付けているため上値は重く、数か月単位で下落トレンドに突入する可能性があります。

<USドル/トルコリラ(USD/TRY)の日足チャート>

ショートを行う際はトルコリラだけでなく、ドル単体の強弱にも気を付けながら取引を行いましょう。

3位:ユーロ/南アフリカランド(EUR/ZAR)*ショート

ユーロ/南アフリカ(EUR/ZAR)

3位はユーロ/南アフリカランドの通貨ペアです。1lotのショートポジションにつき1,028円のスワップポイントが付与されます。

南アフリカのランドも高金利通貨として有名です。コロナショック後は金利が引き下げられたものの、2022年1月27日に開いた政策決定会合で25ベーシスポイント(bp)引き上げられ、4.00%となりました。

ユーロ/南アフリカランドは、中長期的なトレンドが下落方向です。そのため、スワップポイントだけでなく、キャピタルゲインの利益も狙えます。

<ユーロ/南アフリカ(EUR/ZAR)の日足チャート>

ショートでエントリーを行い、上昇相場に転じるまで保有し続ければスワップポイントの大きな蓄積も期待できます。

4位:ユーロ/ロシアルーブル(EUR/RUB)*ショート

ユーロ/ロシアルーブル(EUR/RUB)

4位はユーロとロシアルーブルの通貨ペアです。1lotのショートポジションにつき758円のスワップポイントが付与されます。

ユーロ/ロシアルーブルの通貨ペアは、2月28日の緊急利上げ実施したことで、一気にスワップポイントが上昇しました。ロシア中銀はウクライナ侵攻後のルーブル急落を受けて、9.5%から20%に緊急利上げを実施しました。

その結果、ウクライナ侵攻後に上昇したユーロ/ロシアルーブルのレートは、一気に下落しました。さすがに反発も見られていますが、ロシアルーブルの高金利状態が継続すれば、本格的な反発とはならず、もう一段の下げもあり得ます。

<ユーロ/ロシアルーブル(EUR/RUB)の日足チャート>

中長期的に見ても、政策金利の変更や上昇トレンドへの転換に気を付けてポジションを持ち続ければ、スワップポイントによる利益は大きくなります。

現在、ロシアのウクライナ侵攻による市場流動性低下を受けて、XMではロシアルーブルを含む通貨ペア(USD/RUB・EUR/RUB)の新規注文を停止しています。ロシアルーブルを取引するには、市場環境の回復を待つ必要があります。

5位:USドル/南アフリカランド(USD/ZAR)*ショート

USドル/南アフリカ(USD/ZAR)

5位はドル/南アフリカランドの通貨ペアです。1lotのショートポジションにつき674円のスワップポイントが付与されます。

2021年末から下落トレンド入りしており、テクニカル的には地合いの弱い展開が継続しています。政策金利も米ドル0.25%~0.5%、南アフリカランドの4.0%とまだまだ差があるため、下落する余地はあると考えて良いでしょう。

<USドル/南アフリカランド(USD/ZAR)の日足チャート>

スワップポイント狙いのトレードを行いたい方は、チェックしておきたい通貨ペアの1つです。今後、米国の利上げが進んで米ドルが一段と強くなると、下落トレンドが終了する可能性があるので注意が必要です。

なお、XMの本日のスワップポイント状況は公式ホームページから確認できます。

まとめ:ショートを狙える通貨ペアを見極めよう

2022年は利上げの年

今回はXMのスワップポイントを狙ったトレードのおすすめ通貨ペアを紹介しました。

コロナショック後、トルコリラなど高金利通貨の政策金利は下落傾向にあり、それに伴いスワップポイントの恩恵も受けにくくなっていました。

しかし、世界経済の回復とともに、高金利通貨国の政策金利でも利上げが始まっています。今後ますますスワップポイントを狙ったトレードにうま味が増していくでしょう。

今回のランキングでは、狙い目となる5通貨ペアを紹介しましたが、この他でスワップポイントをもらえる通貨ペアは、USDMXN(米ドル/メキシコペソ)のみです。

これ以外の通貨ペアのスワップポイントはロング&ショートともマイナスなので注意が必要です。(つまりスワップを狙えるには今回紹介した5通貨ペアと米ドル/メキシコペソのみ)

また、今回紹介した5通貨ペアは、スワップポイントを受け取るためにはすべてショートポジションを保有する必要があります。相場を上手く見極めて上昇トレンドに飲み込まれないようにすれば、短期的にはもちろんですが、中長期的にもスワップポイントの恩恵を受けられます。

どの通貨もチャンスはありますが、中長期的な下落トレンドに入っている3位ユーロ/南アフリカランドと5位米ドル/南アフリカランドは特に狙い目です。

XMトレーディング攻略_パパ

スワップ3倍デーを狙った短期のスワップ投資をXMで狙う人も多い!

XMの「スワップポイント3倍デー」は水曜日

XMトレーディング攻略_息子

XMのスワップ3倍デーは毎週木曜日の朝です

本日(リアルタイム)のスワップ値を見る