口座開設すると3,000円の無料ボーナスで取引ができる!

「XM.com」と「XMtrading.com」の違いと理由

xm.comとxmtrading.comドメイン XMを知ろう

「XM.com」と「XMtrading.com」の違いと理由

海外FXの代名詞となってきたXM社ですが、キーワード「XM」でGoogle検索すると「xm.com」と「xmtrading.com」の2つのサイトが表示され、最初は疑問に思った方も少なくないと思います。

これらは運営元は同じで「XM」というブランド名でFXサービスを提供していますが、2つのドメインが生まれた背景には法人所在地やライセンスの違いのほか、日本の金融庁との思惑などが関係してきます。

なお、これからXM Trading(XM)でのFXを始めようとお考えの日本に住む日本人の方は xmtrading.com からお申し込みください。

「XM.com」と「XMTRADING.com」2つのドメインの違いとは?

XMTrading.comは日本人専用サイト/XM.comはグローバルサイト

2つのドメインがある理由は、XMには「日本人向けのサイト」と「それ以外の国向けのグローバルサイト」があるためです。

「XMTrading.com」がXMの日本人向けサイトとなり、「XM.com」はXMのグローバル向け公式サイトとなります。

「XMは世界共通のサービスを提供するグローバル企業じゃないの?」と感じた方も多いと思いますが、XMはライセンスごとにブランドを保有しており、正確にはXMとXMTradingは別ブランドとなります。

またそれぞれにアクセス制限が掛かっており、日本以外の国からxm.comにアクセスはできますが、日本国内からxm.comのドメインでは口座を開設することはできません。ご注意ください。

<xm.comにアクセスした時のページ>

XM.comにアクセスしたページ

口座開設は xmtrading.com から

XMも以前までは1つのサイトで運営

キプロス金融庁の監督下にあったXMですが、そのキプロスでのラインセンスに関するルール変更に応じて、日本人顧客を受け入れることができる子会社を作り、マーシャル諸島のライセンスを取得しました。

以前はXM.comだけを運営していたXMですが、これにより「日本人だけを受け入れるサイト(XMTrading.com)」ができあがり、XM.comに属していた日本人顧客も新ドメインに移ることになりました。

つまり、

XM.com
xm.comのロゴ法人:TPS Management Limited
ライセンス:キプロス
日本人:NG(以前はOK)

 

XMTrading.com
XMTRADINGロゴ法人:Trading Point (Seychelles) Limited→Tradexfin LTD
ライセンス:セーシェル諸島
日本人:OK(日本人のみOK)

という体制になりました。

なお、「本社とは別の国で子会社設立&ライセンスを取得」と聞くとスタッフやシステムも分散してしまいそうですが、実は子会社はペーパーカンパニーで、本社にすべての機能が集まったまま体制は変わってはいません。

<追記>
2019年9月27日に、XMの社名が「Trading Point(Seychelles)LTD」から「Tradexfin LTD」に改名されました。社名の変更に伴いロゴマークも新しくなりましたが、XMの発表では「単にブランドロゴ&社名変更のみで特別な意味はない」とのことです。