口座開設すると3,000円の無料ボーナスで取引ができる!

「XM」と「XM Trading」の違いとその理由

xm.comとxmtrading.comドメイン XMを知ろう

「XM」と「XM Trading」の違いとその理由

キーワード「XM」でGoogle検索すると「xm.com」と「xmtrading.com」の2つのサイトが表示され、最初は疑問に思った方も少なくないと思います。

これらは運営元は同じで「XM」というブランド名でFXサービスを提供していますが、2つのドメインが生まれた背景には法人所在地やライセンスの違いのほか、日本の金融庁との思惑などが関係してきます。

なお、これからXM Trading(XM)でのFXを始めようとお考えの日本に住む日本人の方は xmtrading.com からお申し込みください。

2つのドメインの違いとは?

XMTrading.comは日本人専用サイト

2つのドメインがある理由は、XMには「日本人向けのサイト」と「それ以外の国向けのグローバルサイト」があるためです。

「XMTrading.com」がXMの日本人向けサイトとなり、「XM.com」はXMのグローバル向け公式サイトとなります。

「XMは世界共通のサービスを提供するグローバル企業じゃないの?」と感じた方も多いと思いますが、実は日本の金融庁からのリクエストによって、日本人顧客だけの別会社を作り、サイトも分けて運営することになりました。

xm.comにアクセスはできますが、日本国内からこちらのドメインでは口座を開設することはできません。ご注意ください。

<xm.comにアクセスした時のページ>

XM.comにアクセスしたページ

口座開設は xmtrading.com から

日本の金融庁から海外の金融庁へのリクエストとは?

財務省の配下にある金融庁としては、日本人の金融資産を把握して税金を正しく徴収できる環境を世界規模で作りたい、という考えがあります。(日本人の資産が世界に自由に流れてしまってはお金の流れが見えずに、税収が激減してしまうので大きな問題ですね。)

そのために日本の金融庁は世界各国の金融監督庁に対して「あなたの国の金融会社は、日本人に対して営業活動をできないというルールを作ってください」との働きかけを続けています。

で、その強いリクエストに対して複数の国の金融監督庁が応じ、その中にXMがライセンスを持つキプロスも含まれていました。

日本人の資金が流れないために日本の金融庁が海外の金融監督庁に圧力をかけている。。

XMも以前までは1つのサイトで運営

キプロス金融庁の監督下にあったXMですが、そのルール変更に応じて「日本人顧客は受け付けません」とは素直にならずに、日本人顧客を受け入れることができる子会社を作り、マーシャル諸島のライセンスを取得しました。

以前はXM.comだけを運営していたXMですが、これにより「日本人だけを受け入れるサイト(XMTrading.com)」ができあがり、XM.comに属していた日本人顧客も新ドメインに移ることになりました。

つまり、

XM.com
法人:TPS Management Limited
ライセンス:キプロス
日本人:NG(以前はOK)

 

XMTrading.com
法人:Trading Point (Seychelles) Limited
ライセンス:セーシェル諸島
日本人:OK

という体制になりました。

なお、「本社とは別の国で子会社設立&ライセンスを取得」と聞くとスタッフやシステムも分散してしまいそうですが、実は子会社はペーパーカンパニーで、本社にすべての機能が集まったまま体制は変わってはいません。

XM Tradingに対する金融庁の考え

身動きの取れない金融庁

金融庁としては、日本でのライセンスを持たないXMが日本人に営業活動をかけることを阻止したいと思っています。しかし、XMはペーパーカンパニーを作るなどの方法で今後も規制を逃れて営業をするでしょう。

一方で、国内FX会社から金融庁には「レバレッジ規制をするのにハイレバの海外FXに顧客が流れる環境はおかしい」との不満も上がっています。

このように、XMとはイタチごっこの関係となり、国内FX会社には顔向けができない関係が続いています。

XM Tradingを選ぶ日本人に罪はなく自己責任

どのような背景があっても、日本在住の日本人が「自らの意思」で海外のサービスを利用することに違法性はありません。

私たちが、日本から海外サイトで家具やコスメを購入することに罰則がないように、私たちが海外FXを利用することに罪はありません。

XMを自己責任で利用する投資家には違法性がないので、金融庁も取り締まることはできず「海外FX業者を日本人が使うことは好ましいことではない」とアナウンスするだけに終わっています。

私たち投資家は心配しなくて大丈夫!

まとめ

XMが2つのドメインを持った背景には
・日本人の金融資産を流出させたくない金融庁の要請
・日本人を顧客として抱えたいXMの計策
・現状に対する国内FX会社から金融庁への不満

など、日本特有の事情があり、今後も金融庁のモヤモヤは今後も続きそうな状態ではあります。

個人投資家としてはXMが今後も安心して取引できる企業かを見極めながら自己責任での取引を行うことが大切になります。

タイトルとURLをコピーしました