XMが提供する「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

XMのMT4とMT5はどっちが良い?どう違う?

XMのMT4とMT5はどっちが良い?どう違う? XMの取引ツール

XMではMT4とMT5両方のプラットフォームを利用することが可能ですが、MT4とMT5にはそれぞれメリットがありますので、両方を使い分けることで取引を有利に進めることもできます。

しかしMT4とMT5のメリットを生かすにはそれぞれの特徴を理解した上で、自分のトレードスタイルと合わせていく必要があります。

そこで今回はXMで利用可能なMT4とMT5の違いについて詳しく解説していきます。なお、MT4やMT5のインストール⼿順やログイン⽅法は下記ページをご覧ください。

MT4やMT5のインストール手順

MT4とMT5の違い【比較表アリ】

XMで使えるMT4とMT5の種類や基本性能について比較していきます。

使用できる端末は7種類

XMではMT4/MT5どちらとも7種類の端末で利用できます。すべて同じ条件なので、どちらも問題なく利用可能です。

利用可能な端末

  • windous、Mac
  • Android、iPhone=スマホ
  • Android、iPhone=タブレット
  • ブラウザ(どのパソコンでも使用可能)

XMのプラットフォーム選択画面

XMトレーディング攻略_喜びママ

基本的にどの端末でもMT4/MT5を利用できます!

基本性能の比較

MT4とMT5の基本性能を比較してみます。

<MT4/MT5の比較表>

MT4MT5

動作スピード

遅い速い
インジケーター数(標準搭載)30種類

38種類

描画ツール

31種類44種類
時間足9種類

21種類

気配値(表示数)

2種類4種類
カスタムインジケーターの数豊富

少ない

EA(自動売買ツール)の数

豊富

少ない

アップデートの回数ほぼ無い

定期的にある

XMトレーディング攻略_パパ

細かな機能や性能だけを比べると、後から出たMT5がすべてにおいて上回ってます。

基本性能だけを比べるとMT5を利用したほうが良いように感じますが、どちらにもメリット・デメリットがあるので、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

MT4の強みや特徴

基本性能ではMT5より劣って見えましたが、MT4にしかない強みもあるので、まだまだ十分活用できます。

カスタムインジケーターやEAの数が豊富

MT4を使う上で一番のメリットとなるのが、数多くのカスタムインジケーターとEAが利用できることです。MT5に対応してるものも徐々に増えてきましたが、2020年11月時点ではMT4のほうが圧倒的に多い状態です

XMトレーディング攻略_ママ

MT4作成時のプログラミング言語が扱いやすいため、ツールを作成するときはMT4を選ぶ人が多くなってます。

そのため、カスタムインジケーターやEAツールを利用するなら種類が多いMT4を使ったほうが良いと言えるでしょう。

MT4とMT5はプログラミング言語が違うため、どちらか片方でしか利用できません。

使い方に関する情報が多い

MT4はMT5よりも利用者が多いため、使い方やトラブル時の情報が多いです。

XMトレーディング攻略_喜びママ

初心者の人でも検索すれば大体のことは解決できるよ!

情報に関してはMT5と比べてというよりは、他のプラットフォームと比較してもMT4の情報量は多く、特に日本語で解説されてる情報があるのは大きなメリットとなります

低スペックのPCでも利用しやすい

MT4は動作スピードが遅いですが、MT5と比較してCPUに掛かる負荷が少ないため、PCの性能が低くても利用することが可能です。

ただブラウザ版であればどちらでもCPUに掛かる負荷は変わらないので、覚えておきましょう。

MT5の強みや特徴

基本性能の数値ではMT5が上回ってましたが、数値に表れていない部分にも強みや特徴があるので紹介します。

約定力が高い

MT5の約定力は最大でMT4の約20倍と言われています。そのため、値動きの激しい時間帯であってもサクサク取引を行うことが可能です。

XMトレーディング攻略_パパ

取引時のズレを最小限にできるのは助かる!

約定力が高い=ズレる可能性がゼロではないので覚えておきましょう。

デフォルト時の機能が豊富

MT5は時間足、インジケーターなどインストールした時点から使用できるツールが豊富です。

MT5の時間足の種類

  • 1分、2分、3分、4分、5分、6分
  • 10分、12分、15分、20分、30分
  • 1時間、2時間、3時間、4時間、5時間、6時間
  • 8時間、12時間、日足、週足、月足
XMトレーディング攻略_少年

赤色の部分がMT5にしかない時間足です!

時間足が多い=利益を上げやすいではありませんが、より細かなタイミングを見計らうことができます。またインジケーターや描画ツールもMT4と比べて多いので、分析時に役立ちます。

Macでも安心して使える

MT4はMacのバージョンによっては利用できないことがあります。しかしMT5では2020年11月時点では利用できないといった情報はありませんので、安心して利用できます。

VPSを使用すればMacでもMT4を動かすことが可能になります。

MacでMT4をインストールできないときの対処法については下記で詳しく解説しています。

スマホ版のMetaTraderでは使えるツールが限られる

スマホ版のMeta Traderには「4(MT4)」と「5(MT5)」とそれぞれ専用のアプリがあり、基本性能についてはほぼ変わりません。しかしカスタムインジケーターやEAは使えないので注意しましょう

<Meta Treder4/5>

スマホ版Meta Trader

そのため、スマホのみで取引する場合は、MT4のメリットを生かしきれない可能性があるので、特別な事情がない限りは、約定力の高いMT5をインストールすることをお勧めします

MT4からMT5への変更はできない

XMでは口座開設時にMT4かMT5を選べますが、後から変更することはできません。仮にMT4からMT5に変更したいときは、新たに口座を追加する必要があるので覚えておきましょう。

XMトレーディング攻略_ママ

MT5のログイン画面で、MT4のIDを入力してもログインできません!

MT4とMT5の両方を使うために「MT4口座」「MT5口座」の2つを用意しましょう

XMでは簡単に口座を追加することができるのでMT4とMT5の両方の口座を持つことをお勧めします。なお、追加口座を開設する方法とメリットについては下記で詳しく解説しています。

トレードスタイルごとにMT4とMT5を使い分けよう

MT4とMT5にはそれぞれ特徴があるので、メリットを最大限に生かすためにはトレードスタイルごとに使い分けることをお勧めします。

MT4/MT5の使い分けかた

  • 長期トレードや自動売買重視の人=MT4
  • 短期トレード重視の人=MT5
XMトレーディング攻略_パパ

MT4とMT5に優劣はない!自分に合ったほうを選ぼう!

MT4は約定力が少し劣ります。しかし長期トレードであれば瞬時に判断することは少ないため、それほど影響はありません。その分カスタムインジケーターやEAが豊富なので、幅広い手法で取引できます

MT5は追加ツールが少ないですが、約定力が高いので、瞬時の判断が利益を左右する短期トレードに向いてると言えます

MT4しか利用できない海外FX会社もありますが、XMであれば両方利用できるので、複数の口座を開設していろいろな手法を試してみることをお勧めします。

なお、MT4やMT5の使い方はXMが用意した動画チュートリアルで学ぶのが一番です。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

XMのMT4チュートリアル動画

XM公式『MT4の徹底活用YouTube』【計26本】