「XMトレーディング」の公式ホームページへ

XMのMac版MT4のインストール&不具合の対処

XMのMac版MT4のインストール&不具合の対処 XMの取引ツール

XMはプラットフォームが豊富に用意されてるので、ほとんどのパソコンでMT4を使用することができます。

ただMac版のMT4は起動させるまでの手順が複雑なことや、OSによっては使用できないこともあるので「インストールしたけど使えない」といった悩みを抱えることも多いと言えるでしょう。

そこで今回はXMでMac版のMT4をインストールする手順から不具合が出た時の対処法までを詳しく解説していきます。Win版MT4のインストール&設定方法はこちらの記事をご覧ください。

Mac版MT5でもやり方はほとんど変わらないので、MT5をインストールしたい人も参考にしてください。

XMのMac版MT4のインストールの手順

XMのMac版のMT4をインストールするには、まずXMホームページのトップページにアクセスして「プラットフォーム」をクリックします。または下記をクリックしてください。

XMのMac版MT4 / MT5のダウンロード

XMホームページのトップページ

ダウンロードページへ移動するので、下にスクロールします。

XMの取引プラットフォーム表示画面

「Mac対応MT4」があるので、クリックします。

XMの取引プラットフォーム選択画面

「ダウンロード」をクリックします。リアル口座もしくはデモ口座を開設していなくてもMT4のダウンロードは可能です。

XMMac版MT4のダウンロード画面

ダウンロードが完了すると、画面下に「XMTraiding.dmg」というファイルが表示されるのでクリックします。

XMMac版MT4のファイル表示

「XMTrading MT4」のアイコンをドラッグして、右側の青いフォルダにドロップするとインストール開始されます。

XMMac版MT4のインストール画面

「アプリケーション」に「XM Trading MT4」 が追加されました。

*2つ目のMT4をインストールしたため語尾に「2」が付いてます。

XMMac版MT4のアプリケーション

「XM Trading MT4 」を開こうとすると「開発元を確認できないため開けません」いうメッセージが表示されます。App Storeを通さずにMacでアプリをダウンロードした時は、このようなメッセージが表示されることが多いので覚えておきましょう。

XMMac版MT4の警告表示

MT4を開くには「XMTrading MT4」を選択した状態で、画面上部の歯車の形をした「設定」をクリックします。

XMMac版MT4の設定

「開く」を選択後、再度「XMTrading MT4」をクリックしてください。

XMMacの設定メニュー表示

「開発元を確認できないため開けません」と表示されますが、先ほどとは違い「開く」が選択できるようになってます。「開く」クリックすればアプリ開くことができます。

XMMac版MT4の実行

画面が切り替わればインストールは完了です。1度アプリが開ければ「設定」から「開く」を選択しなくてもアプリの使用が可能です。

Mac版MT4のチャート画面

XMのMac版MT4が使えない原因と対策

ウェブトレーダーならインストール不要

ウェブトレーダーはブラウザ上で利用するプラットフォームです。そのためアプリをインストールしなくてもMT4を利用できるので、OSのバージョンを気にする必要はありません。

ウェブトレーダーはXMホームページ内の「プラットフォーム」から利用することができます。

XMのホームページ

画面をスクロールして「MT4 WebTrader」を選択します。

XMプラットフォームの選択画面

「MT4 WEBTRADERへアクセス」をクリックしましょう。

XMのMac版MT4ウェブトレーダーへのアクセス

ログイン情報を入力して「YES」をクリックします。

XMMac版MT4ウェブトレーダーのログイン画面

ログインが完了するとチャートが表示されます。

XMのMac版MT4ウェブトレーダーのチャート画面

MacでMT4を利用すると文字化けが起こるため、自分自身で日本語フォントをインポートしなければなりませんが、ウェブトレーダーは文字化けしないのでストレスなく利用できます

ただし「チャート分割機能」「カスタムインジケーター」が利用できないといったデメリットがありますので、チャート分割機能やカスタムインジケーターを利用を考えている人を他の方法でMT4を利用しましょう。

ウェブトレーダーの使い方については下記の記事で詳しく解説しています。

VPSの契約をする

VPS(バーチャルプライベートサーバー)とは仮想サーバーの1つで、ユーザーごとに「ゲストOS」やパソコンを動かすために必要な機能が用意されているため、Macを使用している人でもウェブ上でWindowsのOSを使用することができます

VPSを契約する時の注意点

Windowsのサーバーが使えるプランを選択する
XMトレーディング攻略_パパ

仮想サーバーには複数のプランがあるからMT4を利用したい時はWindowsが使えるプランを選択しよう!

Windowsが使えるプランを選択すれば、新たにWindowsのOSを購入する必要もないので、すぐにMT4を利用することができます。FXに特化したVPSのお名前.comデスクトップクラウドであれば月額1,230円から(2020年6月時点)と比較的安くなってますし、FXに特化しているので細かな設定をしなくてもMT4を利用できますよ。

XMでは「口座残高5,000ドル以上」「1カ月に5ロット以上の取引」などの条件を満たせば無料でVPSを利用することができます。

Boot CampでWindowsを動かす

Boot CampはMacの機能の1つでOSの切替を可能にします。そのためWindows10のOSを別途購入(15,000円前後)してMacにインストールすれば、MacとWindowsの両方のOSをMacのパソコンで使用できるようなります。

Boot Campを使用する時は、アプリケーション内にある「Boot Campアシスタント」をクリックします。

MacのBootCamp

「続ける」をクリックすればWindowsのOSをインストールできます。

MacのBootCamp確認画面

WindowsのOSに切り替えている間はMac OSの利用ができません。Mac OSの利用が必須な人は他のやり方をお勧めします。

「Parallels Desktop」というソフト(8,000円~)をインストールすればMacとWindowsのOSを同時に起動させることができます。

OSをダウングレードする

Catarina以前のバージョンにダウングレードすることでWindowsベースのアプリを動かすための「Wine」という機能が使えるようになりMT4を利用することができます。ただしダウングレードをするにはCatarina以前のバージョンのバックアップが必要なので「Time Machine」や他の方法でバックアップを残していないと簡単にはできません。

XMトレーディング攻略_喜びママ

ダウングレードをする時は現在のデータが無くなるから、必ずバックアップを取っておこう!

現在の状態に戻すことも考えられるので、ダウングレードする前に「Time Machine」を使用して大切なファイルを外部メモリに保存しておきましょう。

バックアップがない場合は再インストールでダウングレードをすることができます。
ダウングレードをすると「Mac OSの最新機能が利用できなくない」「他の不具合が発生する可能性がある」などのデメリットもあるので覚えておきましょう。