「XMトレーディング」の公式ホームページへ

MT4のiPad版(タブレット)の使い方<入金&取引>

MT4のiPad版(タブレット)の使い方<入金&取引> XMの取引ツール

外出時でもスマホでトレードできるのがFXの良いところですが、スマホでは「画面が小さくチャートが見にくい」「操作がしにくい」といった悩みを抱えることもあります。

しかしiPad版のMT4を利用すれば、外出先でもタブレットの大きな画面でチャートを見ながら快適にトレードすることができます。

そこで今回はiPad版のMT4のインストール方法や基本的な操作方法について詳しく解説していきます。

iPad版(タブレット)MT4のインストール&ログイン方法

iPad版MT4をインストールする手順

iPad版のMT4をインストールするには、まずApp Storeを開いて検索バーに「MT4」を入力しましょう。

iPad版MT4アプリ検索画面

「MetaTrader 4」の「入手」をタップすればインストールが始まります。

アプリは軽いからインストールはすぐに完了するよ!

インストール完了後、iPadのホーム画面に「MetaTrader 4」というアプリが追加されているので確認してみましょう。

iPadホーム画面のMT4アイコン

はじめて利用する場合、「MetaTrader 4は通知を送信します。よろしいですか?」と表示されます。

MT4通知送信選択画面

通知を「許可」するとトレード状況がアプリを開かなくても把握できるので、できるだけ「許可」にすることをお勧めします。

「許可しない」を選択しても通知が届かないだけなのでトレード自体に問題が出るわけではありません。
iPad版のMT5も同じ手順でインストール可能です。

iPad版MT4へログインする方法

アプリを開いたらタブレット画面左上の人のマークをタッチします。そうすると「+」のボタンが表示されるのでタップしましょう。

MT4アプリへのログイン画面

「既存のアカウントにログイン」を選択してください。

MT4アプリ口座選択画面

検索バーに利用しているFX会社の名前を入力後、使用しているFX会社の口座をタップします。

MT4アプリFX会社選択画面

ログイン(ID)とパスワードを入力する画面が表示されるので、入力後に「サインイン」をタップすればログイン完了です。

MT4アプリIDパスワード入力画面

「パスワードを保存」をオンにしておくと次回のログイン時にIDとパスワードの入力をしなくて済みます。

MT4アプリ使用時の入金方法について

タブレットではスマホと同様に、MT4アプリから直接入金することはできないので、違う方法で入金するしかありません。

iPadから入金する方法

  • ブラウザから入金する
  • XMアプリから入金する(XM利用時に限る)
XMトレーディング攻略_少女

XMならアプリから入金できるんだね!

ブラウザから入金を行う方法が一般的なので、パソコンまたはスマホで利用しているFX会社の公式ホームページへアクセスして入金をしましょう。

XMトレーディング攻略_喜びママ

スマホなら外出時でも入金できるよ。

またXMを利用している場合、XM専用の「XMアプリ」から入金を行うことが可能です。XMアプリを利用した入金方法ついては下記の記事で詳しく紹介しています。

iPad版MT4(タブレット)で注文する時の基本操作

新規の成行注文と指値(逆指値)の設定方法

注文画面を表示する時は画面上部にある「+」をタップします。

MT4アプリ成行注文表示ボタン

売りの場合は「成行売り」、買いの場合「成行買い」をタップすれば注文完了です。「成行注文」の下に表示されてるのが「ロット」なので、変更する時は左右の数値をタップしてロットの調節しましょう。注文の確認画面は出ないので注文を出す時は慎重に行うことをお勧めします。

MT4アプリ成行注文画面

取引通貨を変更したい場合には「EURUSD」をタップすると通貨ペア一覧が表示されるので、取引したい通貨ペアを選択してください。

MT4アプリ通貨選択画面

指値(利確)は「テイクプロフィット」、逆指値(損切り)は「ストップロス」で設定することができます。それぞれの「-」「+」をタップして数値を入力してから成行売り(買い)をタップすれば設定完了です。

MT4アプリ指値と逆指値の設定画面

「テイクプロフィット」「ストップロス」は成り行き注文後に変更することも可能です。

予約注文(指値、逆指値)をする方法

指値または逆指値の予約注文をする時は「成行注文」をタップして予約注文のメニューを表示させます。

MT4アプリ予約注文画面

予約注文の表示について

  • 「Buy Limit」=指値買い
  • 「Sell Limit」=指値売り
  • 「Buy Stop」=逆指値買い
  • 「Sell Stop」=逆指値売り
XMトレーディング攻略_パパ

予約注文とあわせて「ストップロス」「テイクプロフィット」を設定すると自動で取引できるから便利だよ。

MT4の予約注文に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

保有ポジションの指値(逆指値)を変更する方法

注文設定画面の下に表示されるメニュー欄の「トレード」をタップすると、保有しているポジション一覧が表示されるので、指値(逆指値)の変更をしたいポジションを長押しします。

MT4アプリ注文変更画面

「注文変更」タップして「ストップロス」「テイクプロフィット」を設定後にレートの下にある注文変更をタップすれば指値(逆指値)の変更は完了です。

ポジションを決済する時の手順

既存のポジションを決済するには、メニュー欄の「トレード」をタップして表示される通貨ペアを長押し後、「クローズ」をタップしてください。

MT4アプリ注文決済画面

オレンジ色の「Close~」というボタンをタップすれば決済完了です。

MT4アプリ決済完了画面

ワンタップトレードの設定方法

iPadで画面を横にしてチャートをタップすると円状の「メニュー」が表示されるので、ワンタップトレード(赤枠)のボタンをタップしましょう。

MT4アプリワンタップトレードの設定

ワンタップトレードの画面が表示されるので、「売」または「買」をタップして注文を出しましょう。ロットの変更をしたい時は、中央にある数値をタップすれば変更可能です。

MT4アプリワンタップトレードの注文方法

ワンタップトレードは注文画面が常に出ている状態なので、使用する時は十分注意しましょう。

インジケーターを追加する方法

インジケーターを追加する時は画面左の「f」をタップ後、「メインウィンドウ」を選択してください。

MT4アプリインジケーターの設定画面

チャートに追加したいインジケーターをタップします。(今回はボリンジャーバンドを選択してみます。)

MT4アプリインジケーターの選択画面

インジケーターの詳細設定画面が表示されるので、自分に合った設定を行いましょう。設定終了後に「完了」をタップすればインジケーターがチャート内に追加されます。

MT4アプリインジケーターの詳細設定画面

インジケーターを消したい時は「編集」をタップして「削除」を選択すれば消すことができます。

MT4アプリインジケーター表示画面

オブジェクトを追加する手順

オブジェクトを追加する手順は、まず左画面に表示されている記号マーク(〇△□)をタップします。その後、「オブジェクトを追加」を選択しましょう。

MT4アプリオブジェクトの設定画面

追加できるオブジェクトが表示されるので、使用したいオブジェクトを選択しましょう。(今回はトレンドラインを使用します。)

MT4アプリオブジェクトの選択画面

オブジェクト選択後にチャートをタップすると自由にオブジェクトを動かせますので、好きな場所に設置しましょう。

MT4アプリオブジェクトの表示画面

オブジェクトをタップすると「位置の変更」、位置の変更ができる状態で長押しをするとオブジェクトを削除することができます。

アプリ版のMT4は一括決済ができない

パソコン版のMT4であればバージョンによって複数のポジションを一括で決済できますが、アプリ版ではできないので、複数のポジションを決済する時は1つずつ決済するしかありません。

「XMアプリ」「MT5アプリ」であれば一括決済は可能です。