口座開設すると3,000円の無料ボーナスで取引ができる!

XMのロスカットや維持率の管理方法まとめ

XMの維持率とロスカット XMを知ろう

FXは証拠金維持率がある一定の割合を下回ってしまうとロスカットになってしまいます。XMの場合、ロスカットは証拠金維持率20%以下です。

しかながら、この文言だけでは少々わかりづらい方もいるかもしれません。具体的にどのくらいの値幅でロスカットされるのか、そもそもロスカットや証拠金維持率とは何でしょうか?

今回は、XMに関してロスカットや証拠金維持率の情報についてまとめてみました。細かな条件もあり、すでにXMで取引している人にとっても新しい発見があるかもしれません。

FX取引における証拠金維持率

XMだけに限らず、国内・海外FXともに一般的なFXの話になりますが、証拠金維持率とは「有効証拠金÷必要証拠金×100」で算出される計算値のことを表わします。

つまり、今現在に保有しているポジションに対して口座残高がどのくらい余裕があるかを示す数値になります。

ここで、必要証拠金とはエントリーする際に必要な証拠金のことで、この金額以上が口座残高になければエントリーができません。

必要証拠金の計算式は以下の通りです。

【必要証拠金】=【注文時の価格】×【取引lot数(エントリー枚数)】÷【口座のレバレッジサイズ】

具体的な例をあげると、

ドル円が仮に100円として、1万通貨エントリー、レバレッジをXM最大の888倍とした場合の必要証拠金は「100円×1万通貨(ドル)÷888倍≒1,126円」になります。

XMではMT4で証拠金維持率をリアルタイムで確認できる

XMではMT4の画面で証拠金維持率を確認することができます。

<スマホMT4の証拠金維持率>

XMの維持率の確認方法(スマホMT4)

<パソコンの証拠金維持率>

XMの維持率の確認方法(パソコン)

このように、XMでは証拠金維持率を自分で計算する必要はなく、リアルタイムで知ることができます。

FX取引のロスカットについて

ロスカットとはFX会社が行う強制な損切のことを指します。損失が膨らんでポジションの含み損がある規定値以上になった時、顧客の意志に関係なくポジションが強制的に決済されます。あくまでも、顧客の資金を守るためというのが目的だそうです。

そのロスカットが行われるかどうかの基準になるのがロスカットレベルです。各FX会社は証拠金維持率が〇〇%以下という文言でロスカットのレベルを設定しています。

XMの場合であれば、証拠金維持率が20%以下となります。

ロスカットレベルが低いほどロスカットになりにくい

ロスカットレベル(ロスカットライン)が低いとロスカットになりにくく、損失の確定が遅くなります。ロスカットさえなければ、レートが復活して資金が元に戻ることもあります。

FXをはじめとした証拠金取引においては、利益や損失はポジションを決済しない限り確定しません。損失が確定しにくい(ロスカットになりにくい)ということは「ロスカットレベルが低い業者=負けにくい業者」とも取れるのです。

さらに、ロスカットレベルが低ければ、もし相場が逆行して含み損を抱えたとしても、ロスカットされることなく粘ることができます。

以下の図で確認してください。

ロスカットラインごとのポジションの違い

ロスカットレベルが低いとロスカットまでの位置がエントリーしたところから遠くなり、ポジションを長く保有することができます。

ロスカットレベルが高いA口座の場合、レートの下落に耐え切れずに途中でロスカットされてしまいました。それに対して、ロスカットレベルの低いB口座はというと、レートの下落に耐えることができ、結果としてその後の上昇トレンドに乗って利益が発生しています。

つまり、ロスカットレベルが低ければ低いほど相場の逆行に耐えることができる口座だということができます。

XMは証拠金維持率20%以下で強制ロスカット(ロスカットレベル=20%)

では、実際にXMの場合では、ポジションを取った時にはロスカットまでにどれだけ余裕があるのかを説明していきます。

ロスカットレベルまでの許容pips一覧について

ここでは、口座残高が1万円、10万円、50万円、100万円の5つのパターンについて、ロスカットまでの許容pipsを一覧表にしてまとめてみました。ただし、前提条件として、ドル円が100円、レバレッジは最大である888倍、スプレッドは計算に入れていません。あくまでも簡易的なものです。

口座残高1万円の時

取引通貨数 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips数
1000通貨 約113円 約9,977円 約999.7pips (約9.97円)
1万通貨 約1,126円 約9,774円 約97.74 pips (約0.97円)
10万通貨 約11,260円 エントリー不可 エントリー不可

口座残高10万円の時

取引通貨数 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips数
1000通貨 約113円 約99,977円 約9997.7pips (約99.9円)
1万通貨 約1,126円 約99,774円 約997.74 pips (約9.97円)
10万通貨 約11,260円 約97,748円 約97.748 pips (約0.97円)
100万通貨 約112.600円 エントリー不可 エントリー不可

口座残高50万円の時

取引通貨数 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips数
1000通貨 約113円 約499,977円 約9997.7pips (約99.9円)
1万通貨 約1,126円 約499,774円 約997.74 pips (約9.97円)
10万通貨 約11,260円 約497,748円 約97.748 pips (約0.97円)
100万通貨 約112.600円 約477,480円 約47.748 pips (約0.47円)

口座残高100万円の時

取引通貨数 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips数
1000通貨 約113円 約999,977円 約99,997.7pips (約999円)
1万通貨 約1,126円 約999,774円 約9,997.74 pips (約99.9円)
10万通貨 約11,260円 約997,748円 約997.748 pips (約9.97円)
100万通貨 約112.600円 約977,480円 約97.748 pips (約0.97円)

XMで強制ロスカットまでの許容pips数を算出する方法

ここでは口座残高を5万円として、ドル円が100円の時に5万通貨でエントリーした時に、ロスカットまでのどれくらいのpips数だけ耐えれるか(許容pips数)を計算する手順について解説します。

計算手順はというと、以下の通りになります。

■許容pips数の計算手順
⓵必要証拠金を算出する
②ロスカットレベル時の有効証拠金を算出する
③許容できるマイナスの額(含み損)を算出する
④許容できる含み損をpipsに換算する

必要証拠金を計算する

 必要証拠金は以下の計算式で計算が可能でしたよね。

【注文時のレート】×【取引lot数(エントリー枚数)】÷【口座のレバレッジサイズ】

ここでは、注文時のレートが100円、エントリー枚数は5万通貨、レバレッジが888倍なので、「100円×5万通貨÷888倍」で約5,630円になります。

この必要証拠金はXMの公式ページ内に計算できる計算機があるので、それを使うものいいでしょう。

XMのレバレッジ計算ツール

■外部リンク:XMの証拠金計算ツール

なお、XMにはマイクロ口座とスタンダート口座があり、Lot数の大きさが異なります。

マイクロ口座は1lot=1,000通貨ですが、スタンダード口座は1Lot=10万通貨です。XMのロット数に関する疑問も多いので、口座タイプごとのロット数や最低取引量に関する記事をまとめました。その辺りが不明な方はご参考までにどうぞ。

ロスカットレベルに達する時の有効証拠金を計算する

ロスカット時の有効証拠金の計算式は以下の通りです。

ロスカット時の有効証拠金=必要証拠金×ロスカットレベル(%)

XMの証拠金維持率は20%ですので、約5,630円の20%は5,630×0.2=1,126円となります。

許容できる含み損(金額ベース)を計算する

耐えることが可能な含み損は「口座残高-ロスカット時の有効証拠金」なので、口座残高を5万円とするならば、「5万円-1,126円=48,874円」となります。

許容できる含み損(pips数)を計算する

最後に許容できる含み損をpipsに変換していきます。今回はドル円(=100円)5万通貨でのエントリーなので1pipsの価値は5万÷100円で500円となります。

上記の許容できる含み損(金額)が48,874円でしたので、それを500円で割った数字がロスカットまでの許容できるpips数になります。

48,874円÷500円=約97.7pips(0.977円)

つまり、

ロングでエントリーした場合は100円から約99.023円にレートが下落したらロスカットとなり、ショートでエントリーした場合は100円から約100.977円にレートが上昇したらロスカットということになります。

XMで強制ロスカットを避ける方法について

追加入金する

強制ロスカットを避ける方法として、手っ取り早いのは資金を増やすことです。つまり、追加入金を行えばいいのです。

しかしながら、レートの変動に耐えれるためには入金スピードも重要になってきます。

入金スピードが最も速い入金方法はクレジットカードによる入金で、ほぼリアルタイムで口座残高に反映されます。銀行振込の場合は30分以上、bitwallet・ビットコインはリアルタイムから30分以内となっています。

証拠金維持率をリアルタイムで復活させたいという場合には、クレジットカードを使うのが好ましいでしょう。

XMPをボーナスに換金する

XMの魅力の一つが取引ごとに貯まるXMロイヤルティプログラムというポイントです。取引をすればするほど貯まっていくこのポイントですが、証拠金として利用できるボーナスに換金することが可能です。XMのメンバーサイトからXMPのポイントを確認でき、リアルタイムにボーナスへと還元させることができます

以上のように、XMのロスカットや維持率について紹介していきました。トレーダーなら誰しもがロスカットはなるべく避けたいものです。ロスカットまでは〇〇pipsは耐えれるという目安を持って取引をするようにしましょう。

「XMのロスカット」のまとめ

XMはロスカットレベルが20%と低めに設定されていますが、ハイレバレッジであるために想定外のロスカットに合う可能性も高くなります。
ゼロカット制度があるものの、出来れば避けたいのがロスカットで、これらの計算式としての根拠を把握するのは大事です。また論理的なロスカットの把握に加えて、デモ口座を利用してロスカットを体感しておくことも大切だと思います。
これからXMでのトレードを始める方は、本番で不意のロスカットに合わないためにも、事前にデモ口座でのハイレバ取引やロスカット体験をされることをお勧めします。