「XMトレーディング」の公式ホームページへ

XMのロットを検証<取引上限や最大ロット数など>

XMのロットを検証<取引上限や最大ロット数など> XMのルール

ロット数はレバレッジ管理の基本になります。XMトレーディングでFXを始める場合、まず最初に戸惑うことは1回のトレードで扱う取引数量、つまりロット数だと思います。

1ロットの定義はFX会社によって違ってくるため、この疑問は新しいFX会社でトレードする際に常に発生する疑問や不安です。

レバレッジ888倍のXMでこのロット数を間違えってトレードすると大きな損失となりうるので、この記事で正しく理解しましょう。

ロット(Lot)数とは?

ロット数(量)に関する業界ルールはない

FXで言うロット(Lot)とは取引単位のことを示し、国内FX会社の“多く”は「1ロットは1万通貨」としていますが、「1ロットは10万通貨」として設定するFX会社もあり、業界での統一ルールはありません。

「ロット」は単位を指す意味であり、「量」を指してはいないということです。

1万通貨はドルで言うと1万ドル、ユーロで言うと1万ユーロを世界共通で指しますが、1ロットと言う表現はFX会社ごとに内容が違ってきます。

XMトレーディング攻略_パパ

まずは取引するFX会社が「1ロット=◯万通貨」に設定しているのかを把握する必要があるのね

国内FX会社の多くが「1ロット=1万通貨」を基本取引としていますが、一部の会社や海外FXでは「1ロット=10万通貨」としている複雑な状況にあります。

1ロットは「単位」を表す言葉

誤解されやすいのですが、「ロット」は取引単位であって、最小単位ではありません。

本来は製造業の用語として使われる「ロット」という言葉ですが、製造メーカーでも1ロットの数に統一はありません。飲料水メーカーでは1ロットを12本とし、ねじメーカーでは1ロットを1,000本として計算する工場もあります。

つまり、ロットとは業界ごとの「まとまった量」を示すものであり、FX業界ではディーラーが大口の為替取引を仲介する際に分かりやすく伝えるために、1ロットを1万通貨、または10万通貨として「まとめた」だけのものと考えてください。

XMトレーディング攻略_ママ

1ロットが最小単位だと考えると大事故になるから注意してね

最小単位が示す「量」もFX会社ごとに違う

飲料メーカーの場合、最小単位の個数は「ドリンク1本」を指しますが、FX業界の場合は1ロットの通貨量自体に違いがあるので、最小単位となる取引量もFX会社ごとに違いが出てきます。

最小単位は「0.1」や「0.01」と表記されますが、それは「0.1ロット」や「0.01ロット」を意味するため、最小の取引量は「1ロット=何万通貨」なのかによって変わってきます。

「最小単位=0.01ロット」と書かれていても「1ロット=1万通貨の会社の最小単位は100通貨」であり「1ロット=10万通貨の会社の最小単位は1,000通貨」となり、最小取引の「量」には違いがあるので注意が必要です。

XMトレーディング攻略_パパ

1ロットの量が違えば「同じ0.01ロット」でも量は違う

XMトレーディングのロット計算方法や最小ロットとは?

XMのロット数や最小ロットは口座タイプごとに違う

1ロットの量は口座タイプごとに違う

で、肝心のXMですが、XMでは「口座タイプごとに1ロットの量が違う」システムです。

少額からトレードできるマイクロ口座は「1ロット=1,000通貨」と設定され、スタンダード口座とゼロ口座が「1ロット=10万通貨」と設定されています。

XMトレーディング攻略_ママ

マイクロ口座は小口取引用の口座だから1ロットの量も設定が小さい

<口座タイプごとの1ロットの通貨量>

口座タイプ 1ロットの定義
マイクロ口座 1ロット=1,000通貨
スタンダード口座 1ロット=100,000通貨
ゼロ(ZERO)口座 1ロット=100,000通貨

「1.00(1ロット)」の新規注文をする場合、マイクロ口座では1,000通貨を取引することになり、1ドル=110円換算の場合は11万円相当の取引量です。

一方、スタンダード口座で新規注文する際の「1.00」は10万通貨となり、ドル円で言うと約1,100万円相当の取引量となります。

レバレッジが888倍なので少額資金で1ロットのポジションを保有することができますが、11万円と1,100万円の額の違いは大きく、さらにXMでは複数の口座を持てるので、新規注文の際は細心の注意が必要です。

XMトレーディングの最小ロットと最小取引量

XMでは他のFX会社と同様に取引できる最小量が設定されています。

この最小取引量も口座タイプごとに違いがありますが、そのすべての最小単位は「0.01」と表記されており、これは0.01ロットを指します。前述した通り、最小取引量もそのFX会社やその口座が「1ロット=何万通貨」であるかによって変わってきます。

<口座タイプごとの最小取引単位と取引量>

口座タイプ 最小ロット 最小取引量
マイクロ口座 0.01 ロット
(MT5は0.1ロット)
10通貨
スタンダード口座 0.01 ロット 1000通貨
ゼロ(ZERO)口座 0.01 ロット 1000通貨

マイクロ口座でドル円を最小単位で取引する場合は約1,100円(10通貨)、スタンダード&ゼロ口座の場合は約11万円(1000通貨)相当のトレード額になるという計算です。

1ロット取引の必要証拠金

XMの1ロット=10万通貨となるので<ドル円=110円>の時の1ロットは日本円で1,100万円相当となります。では、1ロット(1,100万円相当)を取引するために必要な証拠金はいくらでしょうか?

XMでは口座タイプごとに最大レバレッジと最小取引量が違ってくるので、1ロットを取引する時に必要となる最低証拠金も違ってきます。

<口座タイプごとの最低限必要な証拠金>

口座タイプ 最小取引量 最大レバレッジ 最低必要な証拠金
マイクロ口座 10通貨 888倍 120円
スタンダード口座 1,000通貨 888倍 12,000円
ゼロ(ZERO)口座 1,000通貨 500倍 22,000円

※1ドル=110円換算

最大レバレッジ25倍の国内FXだと1ロットの必要証拠金は「44万円」だから大きく違うね!

XMトレーディングの建玉数の上限

1回で取引できるロット数は口座タイプごとに違いがありますが、最大の保有ポジション(建玉)数はすべての口座タイプで同じです。

国内のFX会社では「1日あたりの最大保有ポジション数の制限」を設ける会社もありますが、XMでは同時に保有するポジション(建玉)数にのみ制限があり、すべての口座タイプで200ポジションまでとなります。

200ポジションを超えた新規注文を約定しない設定となっているため、200ポジション以上を保有したい方は追加で新規口座を作り、そちらの口座で新たなポジションを保有しましょう。

なお、口座タイプごとの「1つのポジション(建玉)での最大ロット数」と「最大保有ポジション」は以下となります。

<口座タイプごとの最大ロット数と最大建玉数>

口座タイプ 最大ロット数 最大保有ポジション数
マイクロ口座 100 ロット 200 ポジション
スタンダード口座 50 ロット 200 ポジション
ゼロ(ZERO)口座 50 ロット 200 ポジション

ここでも1ロットの通貨量には違いがあるため口座タイプごとの「1回での最大取引額」は違ってきます。

つまり、マイクロ口座でドル円を最大ロットで取引する場合は約1,100万円(100ロット=10万通貨)、スタンダード&ゼロ口座の最大ロットは約5億5,000万円(50ロット=500万通貨)相当のトレード額になるという計算です。

XMトレーディング攻略_ママ

同じ50ロットでも「マイクロ口座」と「スタンダード口座」では100倍の違いがあるから注意しましょう!

まとめ

1ロット(lot)と言っても口座によってサイズが100倍も違ってくるので、くれぐれもご注意ください。間違ってエントリーすると大変なことになります。

XMの公式ホームページでは、口座タイプごとの詳細条件がまとめられているので、こちらも合わせてご確認ください。

また、もし今回の記事だけでは把握しきれなかった方は、「XMのデモ口座でトレード」をするか「XMから無料で提供される3,000円ボーナスで体験」されることをオススメします。