XMが提供する「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

海外FXのXMtrading.comってどんな会社?

XMtrading.comってどんな会社?XMの使い方

海外FXの代名詞となってきたXM Trading社ですが、XMとは一体どんな会社なのかを知らない人も多いと思います。

こちらの記事ではXM Tradingがどんな会社(ウェブサイト)なのか、またどのように日本人投資家の人気を集めたのかの背景をご紹介します。

XM Tradingとは

日本トレーダーの5人に1人が口座を持つ海外FX企業

XM Tradingはレバレッジ888倍のハイレバレッジと取引ボーナス還元が特徴の海外FX企業です。

英国FCA、キプロス証券取引委員会CySec、オーストラリアASICなどの世界の金融監督当局に認可される世界規模のXMグループの日本向けサービスがXM Trading社です。

XMトレーディング攻略_ママ

全世界に顧客を抱えるXMグループの日本人向けサービスがXM Trading

2016年から本格的に日本向けのマーケティングを開始し、2021年現在でFXをする日本人トレーダーの5人に1人が口座を保有すると言われる海外FXの代表的な企業となりました。

 

XM trading.comとXM.comの2つのドメインの違いとは?

「XM.com」と 「XMtrading.com」 がある背景

Googleで「XM」と検索すると「xm.com」「xmtrading.com」の2つのサイトが表示され、そこに疑問を思った方も少なくないと思います。

これらは運営元は同じで「XM」というブランド名でFXサービスを提供していますが、2つのドメインが生まれた背景には、法人の所在地やライセンスの違いのほか、日本の金融庁との思惑などが関係しています。

なお、これからXM Trading(XM)でのFXを始めようとお考えの日本に住む日本人の方は xmtrading.com からお申し込む必要があります。

日本国外にお住まいの方は xm.comからお申し込みください。

XM Trading.comは日本人専用サイト/XM.comはグローバルサイト

2つのドメインがある理由は、XMには「日本人向けのサイト」と「それ以外の国向けのグローバルサイト」があるためです。

xm.comのウェブサイトイメージ「XM Trading.com」がXMの日本人向けサイトとなり、「XM.com」はXMのグローバル向け公式サイトとなります。

「XMは世界共通のサービスを提供するグローバル企業じゃないの?」と感じた方も多いと思いますが、XMはライセンスごとにブランドを保有しており、正確にはXMとXM Tradingは別ブランドとなります。

XMトレーディング攻略_パパ

XMとXM Tradingは同じ母体会社が持つ別ブランドってこと

またそれぞれにアクセス制限が掛かっており、日本以外の国からxm.comにアクセスはできますが、日本国内からxm.comのドメインでは取引口座を開設することはできません。ご注意ください。

xm.comにアクセスした時のページ>

XM.comにアクセスしたページ

口座開設は xmtrading.com から

XMも以前までは1つのサイトで運営

キプロス金融庁の監督下にあったXMですが、そのキプロスでのラインセンスに関するルール変更に応じて、2016年から日本人顧客を受け入れることができる子会社を作り、セーシェル諸島のライセンスを取得しました。

以前はXM.comだけを運営していたXMですが、これにより「日本人だけを受け入れるサイト(XM Trading.com)」ができあがり、XM.comに属していた日本人顧客はそちらの新ドメインに移ることになりました。

つまり、

XM.com<グローバルサイト>
xm.comのロゴ法人:TPS Management Limited
ライセンス:キプロス

 

xmtrading.com<日本人用サイト>
xm trading<For Japan trader>  logo法人:TradexFin LTD
ライセンス:セーシェル諸島

という体制になりました。

なお、2019年9月27日に、XMの社名が「Trading Point(Seychelles)LTD」から「Tradexfin LTD」に改名されました。社名の変更に伴いロゴマークも新しくなりましたが、XMの発表では「単にブランドロゴ&社名変更のみで特別な意味はない」とのことです。

XM Tradingのラインセンスとは

では、日本人顧客だけを対象とする法人「TradexFin社」が保有するセーシェル諸島のライセンスは信頼できるものなのでしょうか。

XMTrading.comの保有するセーシェル諸島ラインセンス

セーシェル諸島で保有する金融ライセンス(番号:SD010)

世界展開をするFX会社はイギリスとキプロス、オーストラリアの金融ライセンスを保有しているおり、それに比べるとセーシェル諸島のライセンスは認知度は落ちます。

イギリスやキプロスの方がライセンス取得の条件が厳しく、FX会社が破綻した場合には顧客1人あたりに最大2万ユーロの信託保全が義務づけられています。セーシェル諸島のライセンスにこの条件はありません。

XMが持つその他の国のライセンスとは

グローバル展開をする「xm.com」は3つのライセンスを保有しています。(ライセンス番号のリンク先は保有ライセンスの証明書ページ)

xm.com が保有する金融ラインセンス

英国金融行動監視機構(FCA):ライセンス番号 705428
キプロス証券取引委員会(CySec):番号 120/10
オーストラリア証券投資委員会(ASIC):番号 443670

XM Trading会社概要(2021年2月現在)

正式名称:Tradexfin Limited
公式ウェブサイトhttps://www.xmtrading.com/
本社所在地:Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprus
対応言語:日本語、英語、中国語、マレーシア語、ロシア語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、フィリピン語、台湾語、タイ語、アラビア語、ヒンディー語、ヒンディー語、ギリシャ語、ハンガリー語、ポーランド語、イタリア語、スウェーデン語、チェコ語、オランダ語
所有ライセンス:CySEC/Cyprus, FCA/UK, FSP/New Zealand, BaFin/Germany,CNMV/Spain,AFM/Netherlands,
FI/Sweden,FIN/Finland, ACP/France, PSZAF/Hungary, CONSOB/Italy, KNF/Poland
事業開始日:2009年6月19日
従業員数:210名以上

XM Tradingが他の海外FX業者と違った4つの戦略

XM Tradingが他の海外FX会社と違った4つの戦略

1)日本人へのサービス提供で品質が向上

現在でも多くの海外FX会社が日本での営業を続けていますが、早くから日本人へのサービスを充実させてきたXMトレーディングは、日本人が求める厳しいサービスレベルに応えてたことで、その他の海外FX業者に比べて高い品質をできる企業へといち早く成長した印象です。

XMトレーディング攻略_ママOK

日本人のリクエストに応えていればサービス品質は世界一になるよね!

2)入出金のサービス強化に注力

日本人に満足されるサービス提供に努めたXMですが、その中でも日本人が最もケアする入出金の安全性とスピードに注力した点も評価を集めた理由です。

XM Tradingは、入金可能なクレジットカードのブランド数をどこよりも増やし、入金手数料の負担をどこよりも早く採用しました。また日本国内の銀行からの入出金を初めて可能としたことで日本人の顧客を増やしただけではなく、預かり残高も大きく増えたと想像されます。

XMトレーディング攻略_パパ

三井住友や三菱UFJ銀行から直接、入出金できる価値は大きいね

現在でも、 bitwalletなどの新しい入出金システムの導入は他の海外FX業者より先立って行い、入出金サービスの先駆者の地位をキープしています。

3)ライセンス問題をキッカケに日本人専用サイトを提供

上記でご紹介した通り、本社が持つライセンスでは日本人へのサービス提供が当局より認められていませんでした。

日本人向けのサービスを提供するために新しいライセンスを取得し、それに伴い日本人専用サイト(xm trading.com)を提供開始したことで、海外サイトを敬遠するFXトレーダーにも不信感を持たれずに、国内業者のような親和性を持たれる結果となりました。

今では日本人向けにデザインされた海外FXサイトが大半ですが、当時の新サイト設立時は他の海外FX会社とは一線を画する印象(ブランド)で一気に認知が広まりました。

4)トレード還元サービス「XMポイント」の導入

口座開設ボーナスや入金額に応じた入金ボーナスは、今ではどの海外FX業者も導入する一般的なサービスですが、「XMポイント」と呼ばれる取引量に応じてキックバックされる制度はXM特有のサービスです。

これが日本人好みのサービスであったと共に、そのキックバックされるボーナス(保証金)のボリュームも大きいことで、日本顧客を定着させた大きな要因だと考えられます。

以上の4つの違いを持つXM Trading社が日本人投資家の人気を集めた要因です。

金融会社は、顧客が多く収益性が高いほどに資本力がつき、経営が安定していくものです。日本人顧客の大きな基盤をもつXM Tradingは今後さらに成長を続けることが予想され、国内FXからの顧客流入もさらに増えていきそうです。

 

日本の投資家の20%が保有
XM Tradingのサイトを見る

XM-Tradingの「会社情報&サポート」よくある質問

A. 本当である可能性は低いでしょう。

XMはノミ業者という噂がありますが、XMはスキャルピングや自動売買ツールの利用などを許可しています。

スキャルピングや自動売買ツールの禁止はノミ業者の特徴の1つで、多くのノミ業者はDD方式を採用してディーラーが中抜きをしています。またXMはレート操作やストップ狩りなどの噂をほとんど聞かないためXMがノミ業者である可能性は低いと思われます。

A. はい。信頼して良いと思います。

ライセンスを保有しているのはもちろん、XMトレーディングを利用している日本人トレーダーは多くいます。

海外FX会社は多くありますが、その中でも悪評などがなく、日本人の口座開設の数が圧倒的に多い点も信頼できる理由だと言えます。

またXMはNDD方式を採用している点も、信頼性に貢献しています。

A. XMは違法業者ではありません

XMでの取引は合法です。日本の金融庁が認めた業者ではありませんが、XMは外国(セーシェル共和国)の金融ライセンスを保持しています。

A.XMトレーディングはセーシェル諸島にあり、XM本社はキプロスにあります。

日本人向けにサービスを提供するXMトレーディングはセーシャル諸島の金融ライセンスを保有しており、法人もセーシェル諸島に所在地を置いています。

グローバルブランドのXMはキプロスの金融ライセンスを保有しており、本社機能もキプロスにあります。

A. 下記の連絡先に日本語でご連絡ください。

XMはメールとライブチャットでのサポートを日本語で提供しています。

XMの日本語サポートの連絡方法

・メール:support@xmtrading.com
・ライブチャット:XMのウェブサイトからログイン

なお営業時間は平日(月曜日〜金曜日)5日間の24時間体制です。

A.XMのサポートデスクへ連絡してください。

XMのマイページでは登録のメールアドレスを変更することができません。

お手数ですが、XMの日本語カスタマーサポートにアドレス変更を希望する旨をお伝えください。

■XMサポートデスク:support@xmtrading.com
なお、引越などで登録住所を変更する場合もカスタマーサポートにご連絡ください。

A. いいえ。XMからも「虚偽の情報」として正式コメントがありました。

2021年1月にWikiLeaks(ウィキリークス)の内部告発で「XMとハイロー、TitanFXなど5社が、日本向けの為替取引の取引価格を共同で調整している」という記事が掲載され話題となりました。

これに対してXMは正式に以下のようなコメントを発表し、価格を不正に操作した事実を否定しています。


重要なお知らせ – 虚偽の情報につきまして

大切なお客様、及びパートナー様 ,

平素は弊社をご利用頂き誠にありがとうございます。

オンライン上において、弊社の信頼を損ねる記事の掲載を確認しています。

誰もがブログや記事を投稿することが可能な昨今においては、すべてのサイトの信頼性、及び情報源を見極めることが非常に重要となっております。

該当記事の内容は、 事実無根 でございます。

一方的に虚偽の内容を喧伝することは、断じて許される行為ではありません。また、このような行為には、誠実な意図はなく、弊社がお客様やパートナー様と分かち合ってきた信頼性を損ねる行為に他なりません。

弊社といたしましては、信頼性を保護するために、虚偽の内容の喧伝には、あらゆる適切な措置で対応していく所存でございます。

該当記事によって、ご心配をお掛けしました皆様には、深くお詫び申し上げます。

弊社は、お客様、及びパートナー様と築き上げた信頼関係の維持に努めて参りますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


その後、ウィキリークスが虚偽の事実(フェイクニュース)と認め、記事を取り下げたので不正操作は事実ではないことが証明されました。

A. XMでは信託保全はされていません

XMは複数の金融ライセンスを所持しており、トレーダーの国籍によって適用される金融ライセンスが異なります。

日本人トレーダーに適用されるセーシェル共和国金融庁のライセンスには信託保全の条件はなく、XMは信託保全を行なっていません。XMは分別管理で顧客資産を保護しています。

分別管理は信託保全と比較すると信頼性は落ちるかもしれませんが、XMくらいの規模で信頼性の高いFX会社であれば、資金の管理方法にこだわる必要はないでしょう。