XM提供の「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

海外FXのXMTrading.comってどんな会社?

XMtrading.comってどんな会社?XMの使い方

海外FXの代名詞となってきたXMTrading™(XMトレーディング)ですが、XMTrading™(XMトレーディング)自体がどんな会社なのかを知らない人も多いでしょう。

こちらのページでは、XMTradingが一体どんな会社なのか、なぜ日本人投資家から人気なのか、WikiFX(FX会社の情報提供サイト)の評価などをまとめて紹介します。

XMTrading™(XMトレーディング)とは

日本トレーダーの5人に1人が口座を持つ海外FX企業

XMTradingはレバレッジ888倍のハイレバレッジと取引ボーナス還元が特徴の海外FX企業です。

英国FCA、キプロス証券取引委員会CySec、オーストラリアASICなどの世界の金融監督当局に認可される世界規模のXMグループの日本向けサービスがXM Trading社です。

XMトレーディング攻略_ママ

全世界に顧客を抱えるXMグループの日本人向けサービスがXMTrading

2016年から本格的に日本向けのマーケティングを開始し、2021年現在でFXをする日本人トレーダーの5人に1人が口座を保有すると言われる海外FXの代表的な企業となりました。

「XM.com」「XMtrading.com」「XMGlobal」の3つの違い

Googleで「XM」と検索すると「XM.com」・「XMtrading.com」・「XMGlobal」の3つのサイト(会社)が表示され、そこに疑問を思った方も少なくないかもしれません。

これらの3つのドメイン(会社)の親会社は同じ「Trading Point Holdings Ltd」ですが、提供する国の違いにより、ドメイン(会社)を使い分けています。

それぞれの国の法律により提供できるサービスが異なります。

そのため、日本人には「XMTrading」、イギリス人には「XM.com」というように、ドメイン(会社)を分けているわけです。

それぞれ口座開設に制限がかかっており、例えば日本人が「XM.com」で口座開設をしたり、イギリス人が「XMTrading」で口座開設をすることはできません。

XMトレーディング攻略_少女

XMTradingは日本向けってわけね!

それぞれのドメイン(会社)の違いを簡単にまとめたのが、次の表です。

<XMグループの3つのドメイン>

ブランド名XMXMTradingXMGlobal
運営会社Trading Point Holdings LTDTradexfin LimitedXM Global Limited
サイトURLwww.xm.comxmtrading.comxmglobal.com
所在地キプロスセーシェルベリーズ
ライセンスFCA、ASIC、CySECFSAIFSC、DFSA、ASIC、CySEC
サービス提供国欧州アジアその他
最大レバレッジ30倍888倍888倍
ボーナスなしありあり

それぞれのドメイン(会社)について、解説していきます。

XM.comとは?

XM.comは「Trading Point Holdings Ltd」が運営するEEA(欧州経済領域)イギリス向けのXMグループの海外FX会社です。

以前はXM.comだけを運営していたため、XMTradingやXMGlobalのもとになったXMブランドだといえます。

XM.comは以下のライセンスを取得しています。

XM.comのライセンス

FCA(英国金融行動監視機構):ライセンス番号 705428
ASIC(オーストラリア証券投資委員会):ライセンス番 443670
CySEC(キプロス証券取引委員会):ライセンス番号 120/10

次の画像は、CySEC(キプロス証券取引委員会)のライセンス画像です。

XM.comには「最大レバレッジ30倍でボーナスなし」という制限があります。2018年7月30日に欧州証券市場監督局(ESMA)が個人投資家の保護を目的とした規制を行ったためです。

これにより2018年8月からは主要通貨に対しては30倍、マイナー通貨で20倍のレバレッジ制限がかかりました。またXMグループの強みであるボーナスやキャッシュバックもEU加盟国では一切禁止になりました。

一見XM.comには良いところがないように見えますが、XM.comが取得している3つのライセンスはどれも取得が難しく信頼度が高いという特徴があります。また、欧州のFX会社には破綻した場合には「顧客1人あたりに最大2万ユーロの信託保全」が義務づけられてます

XMトレーディング攻略_少女

XM.comは信頼性が高いけど、国内FX会社みたいに制限がいっぱいある

XMTradingとは?

XMTradingは「Tradexfin Limited」が運営するアジア地域向けのXMグループの海外FX会社です。

2019年9月27日の社名の変更前は、「Trading Point(Seychelles)LTD」から現在の「Tradexfin LTD」に変更されました。

以前はXM.comのみでしたが、取得ライセンスに関するルール変更に応じて、2016年からアジア地域の顧客を受け入れられる子会社を作り、セーシェル諸島のライセンスを取得しました。

XMTradingは次のライセンスを取得しています。

XMTradingのライセンス

FSA(セーシェル金融サービス庁):ライセンス番号 SD010

FSAライセンスで運営されるXMTradingは、レバレッジ規制の制限を受けず、最大レバレッジ888倍で豊富なボーナスがあるというメリットがあります。

一方、FSA(セーシェル金融サービス庁)ライセンスは、XM.comが取得するFCA・ASIC・CySECのライセンスと比較すると、ライセンスの取得難易度は下がります。

また、「顧客1人あたりに最大2万ユーロの信託保全」も義務付けられておらず、信頼性は少し下がるといえるでしょう。

XMトレーディング攻略_少女

XMTradingは信託保全はないけど、最大レバレッジ888倍・豊富なボーナスありと、取引環境に恵まれてるんだね!

XMTrading会社概要(2021年12月現在)
XMトレーディング攻略_ママ

私たち日本人トレーダー向けのサービスを提供するXMTradingの会社概要を確認しよう!

正式名称:Tradexfin Limited
商号:XMTrading(XMトレーディング)
XM公式サイトhttps://www.xmtrading.com/
本社所在地:Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprus
対応言語:日本語、英語、中国語、マレーシア語、ロシア語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、フィリピン語、台湾語、タイ語、アラビア語、ヒンディー語、ヒンディー語、ギリシャ語、ハンガリー語、ポーランド語、イタリア語、スウェーデン語、チェコ語、オランダ語
所有ライセンス:CySEC/Cyprus, FCA/UK, FSP/New Zealand, BaFin/Germany,CNMV/Spain,AFM/Netherlands,
FI/Sweden,FIN/Finland, ACP/France, PSZAF/Hungary, CONSOB/Italy, KNF/Poland
事業開始日:2009年6月19日
従業員数:210名以上

XMGlobalとは?

XMGlobalは「XM Global Limited」が運営する欧州と日本以外の地域向けのXMグループの海外FX会社です。

XMGlobalは次のライセンスを取得しています。

XMGlobalのライセンス

iFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会):ライセンス番号 000261/158
CySEC(キプロス証券取引委員会):ライセンス番号 120/10
ASIC(オーストラリア証券取引委員会):ライセンス番号 443670

XM Tradingが他の海外FX業者と違った4つの戦略

XM Tradingが他の海外FX会社と違った4つの戦略

1)日本人へのサービス提供で品質が向上

現在でも多くの海外FX会社が日本での営業を続けています。

早くから日本人へのサービスを充実させてきたXMトレーディングは、日本人が求める厳しいサービスレベルに応えてたことで、その他の海外FX業者に比べて高い品質をできる企業へといち早く成長した印象です。

XMトレーディング攻略_ママOK

日本人のリクエストに応えていればサービス品質は世界一になるね!

2)入出金のサービス強化に注力

日本人に満足されるサービス提供に努めたXMですが、その中でも日本人が最もケアする入出金の安全性とスピードに注力した点も評価を集めた理由です。

XMトレーディング攻略_少女

入金・出金を透明化した功績が大きいね!

XM Tradingは、入金可能なクレジットカードのブランド数をどこよりも増やし、入金手数料の負担をどこよりも早く採用しました。

また、日本国内の銀行からの入出金を初めて可能としたことで日本人の顧客を増やしただけではなく、預かり残高も大きく増えたと想像されます。

XMトレーディング攻略_パパ

三井住友・三菱UFJ銀行からも入出金できる!

現在でも、 bitwalletなどの新しい入出金システムの導入は他の海外FX業者より先立って行い、入出金サービスの先駆者の地位をキープしています。

3)ライセンス問題をキッカケに日本人専用サイトを提供

上記でご紹介した通り、本社が持つライセンスでは日本人へのサービス提供が当局より認められていませんでした。

日本人向けのサービスを提供するために新しいライセンスを取得し、それに伴い日本人専用サイト(xm trading.com)を提供開始しました。

XMトレーディング攻略_ママ

海外サイトを敬遠するFXトレーダーにも不信感を持たれずに、国内業者のような親和性を持たれる結果につながったよ!

今では日本人向けにデザインされた海外FXサイトが大半ですが、当時の新サイト設立時は他の海外FX会社とは一線を画する印象(ブランド)で一気に認知が広まりました。

4)トレード還元サービス「XMポイント」の導入

口座開設ボーナスや入金額に応じた入金ボーナスは、今ではどの海外FX業者も導入する一般的なサービスですが、「XMポイント」と呼ばれる取引量に応じてキックバックされる制度はXM特有のサービスです。

これが日本人好みのサービスであったと共に、そのキックバックされるボーナス(保証金)のボリュームも大きいことで、日本顧客を定着させた大きな要因だと考えられます。

以上の4つの違いを持つXM Trading社が日本人投資家の人気を集めた要因です。

日本人顧客の大きな基盤をもつXM Tradingは今後さらに成長を続けることが予想され、国内FXからの顧客流入もさらに増えていくでしょう。

XMトレーディング攻略_喜びママ

金融会社は、顧客が多く収益性が高いほどに資本力がつき、経営が安定していくよ!

日本の投資家の20%が保有
XM Tradingのサイトを見る

XM Tradingの評価サイトでの評判は?

評価サイト<WikiFX>での評判

WikiFXは国内・海外を問わず、さまざまなFX会社の情報を提供しているWebサイトです。

世界30以上の国や地域の情報を仕入れており、数千社以上のFX会社を対象にしているため、圧倒的な情報量を誇ります。

XMトレーディング攻略_ ママ

ここではWikiFXによるXM Tradingの評価を見ていくよ!

また、WikiFXでは独自の評価基準で公正に評価されており、利用するFX会社が安全なのか・サービスの質は実際どうなのかなど、FXユーザーに有益な情報を仕入れることができます。

XM Tradingのスコア・他社との比較

WikiFXの独自調査で割り出されたXM Tradingのスコアは、以下のとおりです。

WikiFX XMの評価

以下の出典は「WikiFX」です。

スコアは日々変動していますが、XM TradingはFX会社の中でも高い水準を維持しています。

XMトレーディング攻略_ 困ったママ

でも、これだけではXM Tradingの評価がわかりにくい

XMトレーディング攻略_ 考えるパパ

どんな分野で評価が高いの?

WIkiFXでは、部門ごとにFX会社の評価ランキングがあり、以下の12部門に分類されます。

WikiFXのFX会社の評価ランキング12部門

  1. 総証拠金
  2. アクティブな取引ランキング
  3. 新しいユーザー
  4. ストップアウト率
  5. 収益性の高い注文
  6. ブローカーの収益性
  7. 総取引
  8. スプレッドコスト
  9. スワップ金利
  10. ネット入金総額ランキング
  11. 純引き出しランキング
  12. アクティブ資金ランキング

上記の中で、XM Tradingは6つの部門でランクインしており、ランキング上位を獲得しています。

XMトレーディング攻略_ ママ

数千社もあるFX会社の中で、XM Tradingが6つの部門でランクインしているなんて驚きだね!

WikiFX ランキング1

WikiFX ランキング2

WikiFXでXM Tradingがランキング入りしている6つの部門

  • 総証拠金:3位
  • アクティブな取引ランキング:1位
  • 新しいユーザー:1位
  • ブローカーの収益性:4位
  • 総取引:4位
  • アクティブ資金ランキング:5位
XMトレーディング攻略_ パパ

数千社のFX会社の中でも、XM Tradingの評価は高い!

ランキング上位を6部門で獲得していることから、相対評価でもXM Tradingは、他のFX会社よりも優れていると評価されていることがわかります。

XM Tradingのライセンス取得状況

WikiFXでは、各FX会社の「金融ライセンスの取得状況」を確認できます。

XMトレーディング攻略_ママ

日本語に翻訳されてるから、ライセンス取得状況が分かりやすい!

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)

WikiFX オーストラリア証券投資委員会(ASIC)ライセンス

キプロス証券取引委員会(CySEC)

WikiFX キプロス証券取引委員会(CySEC)ライセンス

ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

WikiFX ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)ライセンス

セーシェル金融サービス局(FSA)

WikiFX セーシェル金融サービス局(FSA)ライセンス

ドバイ金融サービス局(DFSA)

XM オーストラリア証券投資委員会(ASIC)ライセンス

XM TradingはMT4の契約サーバー数が多い

XMトレーディング攻略_ 考えるパパ

XM Tradingはサーバーが多いの?

XM Tradingの特にすごいと思う部分を「WikiFXの担当者」に聞いたところ、以下のような回答がありました。

WikiFXの担当者の言葉】
XM Tradingはさまざまな分野で業界トップ水準を誇りますが、特にすごいのがサーバーです。
XM Tradingで使用しているサーバーは、1サーバーで同時アクセス5,000件の注文を処理できると言われています。さらに、そんな強力なサーバーを32個も揃えているため安定性がすごいのです。このように快適な取引環境を整えられるのはXM Tradingの資本力あってこそのものと言えるでしょう。
FX業界随一の資金力を使って、XM Tradingはサーバーにも力を注いでいるようです。
XMトレーディング攻略_ママ

XM Tradingが約定力が強かったり、サーバーダウンが起こりにくいのにはこんな理由があったんだね!

XM Tradingの現地調査の写真紹介

WikiFXでは、各FX会社のオフィスが置かれている現地に赴き、現地調査を行っています。

XMトレーディング攻略_ 考えるパパ

XM Tradingの現地調査の様子は貴重だね!

もちろん、XM Tradingの現地調査の様子も掲載されています。以下の写真は、WikiFXの現地調査の様子を撮った写真です。(写真は中華系サイトWikiFXより引用)

実際に、キプロスにある「XMのオフィスビル」を訪問した時の様子も記載されています。

XMTradingはグローバル企業

WikiFXでは「展示エリア」という項目で、各FX会社の「影響力の比率」を見ることができます。

WikiFX XM 展示エリア 国別

WikiFX XM 展示エリア 法人別

XMトレーディング攻略_ 考えるパパ

影響力比率とは何だろう?

影響力比率とは、どの国のサービス提供に力を注いでいるかを表した数値です。

XMトレーディング攻略_ ママ

日本の影響力比率はあまり高くはないね

グラフを見ると、XMTradingは日本を含めてさまざまな国で満遍なくサービスを提供していることが分かります。

XMトレーディング攻略_ パパ

日本人顧客をメインとした悪徳業者ではなく、グローバルの大手企業だから安心できるね!

WikiFXのVPSデータで比較

WikiFXでは、VPSより提供されたデータを業界水準と比較したチャートで見ることができます。

XMトレーディング攻略_ 考えるパパ

どんなデータを比較してるんだろう…

VPS(バーチャル・プライベート・サーバ)のデータは、以下9つの分野で比較されます。

VPSより提供された9種類のデータ

  1. 総証拠金
  2. アクティブトレーディング
  3. 新しいユーザー
  4. ストップアウト率
  5. 利益総額
  6. 総取引
  7. スプレッドコスト
  8. ネット入金額
  9. 出金額
XMトレーディング攻略_ 疑問少女

XM Tradingはデータ上どの分野が優れているの?

XM Tradingはデータ上、総証拠金、アクティブトレーディング、新しいユーザー、総取引の分野で業界水準を上回っています。

WikiFX VPS チャート

XMトレーディング攻略_ママ

XM Tradingは業界水準をかなり上回ってるね!

VPSのデータからも、XM Tradingのサービスが高品質であることがわかります。

なお、XM Tradingはスマホでも簡単に口座開設できます。スマホだけで入金からFX取引まで完結するので、すぐに取引開始してみたい方は以下のページをご覧ください。

XM-Tradingの「会社情報&サポート」よくある質問

A. FX会社としての信頼度を上げて、日本人トレーダーにも利用しやすくするためです。

日本人向けの「xm.com」は、3つのライセンスを保有しており、英国金融行動監視機構(FCA)など、取得条件の厳しいライセンスも保有しているため、信頼性・安全性が高いといえます。

なお、XMは日本の金融庁には登録していません。複数ライセンスを持っているのに、日本の金融庁に登録していない理由については、以下のページで詳しく紹介しています。

 

A. 本当である可能性は低いでしょう。

XMはノミ業者という噂がありますが、XMはスキャルピングや自動売買ツールの利用などを許可しています。

スキャルピングや自動売買ツールの禁止はノミ業者の特徴の1つで、多くのノミ業者はDD方式を採用してディーラーが中抜きをしています。またXMはレート操作やストップ狩りなどの噂をほとんど聞かないためXMがノミ業者である可能性は低いと思われます。

A. はい。信頼して良いと思います。

ライセンスを保有しているのはもちろん、XMトレーディングを利用している日本人トレーダーは多くいます。

海外FX会社は多くありますが、その中でも悪評などがなく、日本人の口座開設の数が圧倒的に多い点も信頼できる理由だと言えます。

またXMはNDD方式を採用している点も、信頼性に貢献しています。

A. XMは違法業者ではありません

XMでの取引は合法です。日本の金融庁が認めた業者ではありませんが、XMは外国(セーシェル共和国)の金融ライセンスを保持しています。

A.XMトレーディングはセーシェル諸島にあり、XM本社はキプロスにあります。

日本人向けにサービスを提供するXMトレーディングはセーシャル諸島の金融ライセンスを保有しており、法人もセーシェル諸島に所在地を置いています。

グローバルブランドのXMはキプロスの金融ライセンスを保有しており、本社機能もキプロスにあります。

A. 分別管理で資産を保全しています。

仮に、XMの経営状態が悪化しても、XMは顧客資金に対して最大手の保険会社(米AIG)の損害保険を掛けているので、投資家の資金は安全に保管されます。

 

A. 下記の連絡先に日本語でご連絡ください。

XMはメールとライブチャットでのサポートを日本語で提供しています。

XMの日本語サポートの連絡方法

・メール:support@xmtrading.com
・ライブチャット:XMのウェブサイトからログイン

なお営業時間は平日(月曜日〜金曜日)5日間の24時間体制です。

A.XMのサポートデスクへ連絡してください。

XMのマイページでは登録のメールアドレスを変更することができません。

お手数ですが、XMの日本語カスタマーサポートにアドレス変更を希望する旨をお伝えください。

■XMサポートデスク:support@xmtrading.com
なお、引越などで登録住所を変更する場合もカスタマーサポートにご連絡ください。

A. いいえ。XMからも「虚偽の情報」として正式コメントがありました。

2021年1月にWikiLeaks(ウィキリークス)の内部告発で「XMとハイロー、TitanFXなど5社が、日本向けの為替取引の取引価格を共同で調整している」という記事が掲載され話題となりました。

これに対してXMは正式に以下のようなコメントを発表し、価格を不正に操作した事実を否定しています。


重要なお知らせ – 虚偽の情報につきまして

大切なお客様、及びパートナー様 ,

平素は弊社をご利用頂き誠にありがとうございます。

オンライン上において、弊社の信頼を損ねる記事の掲載を確認しています。

誰もがブログや記事を投稿することが可能な昨今においては、すべてのサイトの信頼性、及び情報源を見極めることが非常に重要となっております。

該当記事の内容は、 事実無根 でございます。

一方的に虚偽の内容を喧伝することは、断じて許される行為ではありません。また、このような行為には、誠実な意図はなく、弊社がお客様やパートナー様と分かち合ってきた信頼性を損ねる行為に他なりません。

弊社といたしましては、信頼性を保護するために、虚偽の内容の喧伝には、あらゆる適切な措置で対応していく所存でございます。

該当記事によって、ご心配をお掛けしました皆様には、深くお詫び申し上げます。

弊社は、お客様、及びパートナー様と築き上げた信頼関係の維持に努めて参りますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


その後、ウィキリークスが虚偽の事実(フェイクニュース)と認め、記事を取り下げたので不正操作は事実ではないことが証明されました。

A. XMでは信託保全はされていません

XMは複数の金融ライセンスを所持しており、トレーダーの国籍によって適用される金融ライセンスが異なります。

日本人トレーダーに適用されるセーシェル共和国金融庁のライセンスには信託保全の条件はなく、XMは信託保全を行なっていません。XMは分別管理で顧客資産を保護しています。

分別管理は信託保全と比較すると信頼性は落ちるかもしれませんが、XMくらいの規模で信頼性の高いFX会社であれば、資金の管理方法にこだわる必要はないでしょう。