プロ仕様の口座タイプ!XMの「KIWAMI極口座」とは?

XMのハイレバで資金10倍を狙う手法|証拠金10倍のトレード例も完全公開

XMのハイレバで資金10倍を狙う手法|実際に資金10倍にしたトレード例も完全公開取引テクニック

XMの最大レバレッジ1,000倍を活用すれば、初心者でも短期間で資金を10倍に増やせます。しかし、そのためには一攫千金の必須ポイントを抑える必要があります。

一攫千金の必須ポイントとは「最適なエントリータイミングを見極めること」と「ハイレバと相性の良いトレード手法を活用すること」の2つです。

筆者はFXを始めた頃、これを駆使することで初心者ながら証拠金10倍を達成し、それ以降も継続的に資金を増やすことに成功しています。

今回は、初心者でも簡単に応用できるように、この2つのポイントを分かりやすく解説していきます。また、4日間の計8回のトレードで資金を10倍に増やしたトレード実績もご紹介しています。

XMトレーディング攻略_ママOK

証拠金100万円を4日間で1,000万円にしたトレード実績も公開!

  1. 【はじめに】FXのハイレバ手法で一攫千金を狙える理由
    1. FXは投資ではなく投機
    2. 投機取引は短期間の方が有利
    3. FXで億り人になるのは現実的?
  2. FXで10万円を6億円にした伝説のトレーダー「GFF氏」
    1. GFF氏とは?
    2. GFF氏の資産推移
    3. GFF氏の成功の秘訣
  3. FXのハイレバ手法でXMがオススメの理由
    1. XMはトレードの資金効率が良い
    2. レバレッジ最大1,000倍はハイレバ向き
    3. 追証なしのゼロカットシステムで安心
    4. 豊富なボーナスで必要証拠金を数倍に増やせる
  4. XMのハイレバ手法でオススメの口座【基礎編】
    1. スタンダード口座が1番のオススメ
    2. マイクロ口座は最大取引サイズが小さい
    3. KIWAMI極口座とゼロ口座はボーナスがもらえない
  5. XMで証拠金を10倍にするハイレバ手法【準備編】
    1. STEP1:ボラティリティが高い取引時間を狙う
    2. STEP2:10万通貨で20pips抜きを狙う
    3. STEP3:エントリータイミングを見極める
  6. XMのハイレバ手法で証拠金を10倍にしてみた【実践編】
    1. ハイレバ手法のトレード実績を公開
  7. XMで一攫千金を狙うハイレバ手【応用編】
    1. 証拠金をフル活用するハイレバ手法
    2. RSIにトレンドラインを引く手法
  8. XMでハイレバ手法を行う際の注意点 
    1. XMの禁止トレード一覧
    2. XMのレバレッジ規制
    3. XMで一攫千金した後の税金
  9. XMのハイレバ手法に関するよくあるご質問 
    1. ハイレバで一攫千金を狙うなら元手はいくら必要?
    2. ハイレバとフルレバの違いは?
  10. XMのハイレバで資金10倍を狙う手法 まとめ

【はじめに】FXのハイレバ手法で一攫千金を狙える理由

XMのハイレバで資金を10倍に増やすためには、まずはFXで一攫千金が可能なロジックを理解する必要があります。

FXは投資ではなく投機

投資とは、長い期間を通して利益を生み出す方法です。利益獲得には中長期的な時間を要しますが、小さなミスが大きな損失に繋がらず、安定的に資産を増やせるのが特徴です。

一方、投機とは、短期間で大きな利益を生み出す方法です。投資と比べると管理や稼働にコストが掛からず、短いスパンで多大な利益を上げられます。しかし、小さなミスが大きな損失に繋がる点には注意が必要です。

投資と投機の違い

投資:株の長期投資や国債など、長い目で見て安定的に資産を増やす方法
投機:FXや株のデイトレードなど、相場の変動を利用して短期間で利益を得る方法

FXなどに代表される投機は、相場の変動を利用して短期間で利益を上げます。そのため、戦略的に相場を読まずにやみくもに行うトレードは、運任せのギャンブルと変わりません。

しかし、再現性のある戦略を立てて、メンタルをコントロールしながら徹底したリスク管理を行えば、投機でも安定的に資産を増やせられます。

XMトレーディング攻略_パパ

ハイレバのFXは投機的な投資に当てはまる

投機取引は短期間の方が有利

投機では、長期間にわたると勝率が下がる傾向があるため、トレード回数を抑えて短期間で決着をつける必要があります。

それに関係しているのが「大数の法則」です。

大数の法則とは「試行回数を重ねるごとに、結果が期待値(平均値)に接近する」というものです。例えば、コイン投げでは回数が増えるごとに、全体の結果としては表の出た確率が2分の1に近づいていきます。

コイン投げは運任せのゲームですが、これをボクシングの試合と置き換えてみましょう。

とあるボクサーが80%の確率で勝てる相手と10回試合をした場合、単純計算で8勝2敗となります。これは期待値通りの勝率といえるでしょう。しかし、3回の試合をした場合、3勝0敗か、2勝1敗となり、10回試合をした場合と比べると負けの数が少ないことが分かります。

試合回数が少ないほど負けの数も少なくなるのは、FXも同じです。そのため、FXでは、トレード回数を抑えて短期間で決着をつける(目標金額に達成させる)方が有利といえるのです。

FXで億り人になるのは現実的?

FXなどの投機では、少額から取引を始めて億単位の資産を築く億り人になる事例は珍しくありません。

先述した通り、投機には小さなミスが大きな損失に繋がる危険性がありますが、その分短いスパンで多大な利益を上げられる可能性が投資よりも高くあります。

XMトレーディング攻略_娘

レバレッジが高い海外FXはハイリスクハイリターンの戦い

FXで10万円を6億円にした伝説のトレーダー「GFF氏」

GFF氏とは?

GFF氏は、元手10万円を約3ヶ月で6億円まで増やした伝説のFXトレーダーです。GFF氏はニコ生主として、2010年のニコニコ生放送でFXの生配信も行っていました。

GFF氏の資産推移

GFF氏の2010年の資産推移

5月某日:元手10万円からFXを開始
6月26日:口座残高 2億4,000万円
7月2日:口座残高 3億2,800万円
7月6日:含み益が6億円に到達
7月8日:口座残高 4億5,300万円
7月14日:3億円のロスカット後、口座残高が1億円に減少
8月29日:口座残高が1,000万円に減少
9月以降:最終的に口座残高は30万円まで減少
XMトレーディング攻略_パパ考え中

激しく浮き沈みのある資産推移だね…

上記の資産推移から分かる通り、GFF氏は元手10万円を約2ヶ月で2億4,000万円に増やし、そこから約2週間で含み益6億円を達成しました。ハイレバトレードは複利の力を利用するので、圧倒的なスピードで資産を倍増できます。

しかし、ハイレバはハイリスクハイリターンの諸刃の剣のため、大きな損失が出た場合は一瞬にしてこれまで築いた資産を失ってしまいます。

GFF氏の成功の秘訣

GFF氏の成功の秘訣は「資金効率は徹底的に強化する」というものでした。

GFF氏は、利益を一切資金振替せずに、全てのトレードで全額証拠金として利用しました。

このように資金効率を最大限に強化したこともあり、約3ヶ月で元手6,000倍は達成されたのです。しかし、この方法は一瞬の小さなミスが、取り返しのつかない失敗に繋がる可能性を常にはらんでいます。

資金効率を徹底的に強化したい場合は、利益分を一切引き出さないことも1つの手です。しかし、堅実に一攫千金を狙う場合は、証拠金を10倍に増やしたら一度全額引き出し、もう一度同じ元手から証拠金10倍を目指す、というように中長期的な資産形成の視野をもつことをオススメします。

XMトレーディング攻略_ママ

GFF氏の実際のトレード手法は後ほど解説するよ!

FXのハイレバ手法でXMがオススメの理由

ここまでは、一攫千金のためにはトレード回数を抑えた方が有利であること、元手10万円からでも2ヶ月で含み益6億円の達成は可能であることをご紹介しました。

ここからは、海外FXのハイレバトレードで一攫千金を狙うのに、XMがオススメの理由を解説していきます。

XMはトレードの資金効率が良い

XMの資金効率が良い理由

・レバレッジ最大1,000倍はハイレバ向き
・ロスカット水準20%は業界屈指の低さ
・豊富なボーナスで証拠金を数倍に増やせる

トレード回数を抑えて一攫千金を狙うためには、資金効率(資本効率)が良いFX業者で取引を行う必要があります。

XMには、最大レバレッジ1,000倍や最大50万円の入金ボーナスなどの特徴があるため、圧倒的に高い資金効率でトレードに挑めます。

レバレッジ最大1,000倍はハイレバ向き

XMの最大レバレッジは、FX業界の中でもトップクラスに高い1,000倍のため、一攫千金の可能性を最大限に上げられます。

証拠金が10万円の場合、国内FX会社では最大レバレッジが一律25倍なので、取引に利用できる資金は約250万円です。しかし、XMであれば最大レバレッジが1,000倍なので、約1億円の資金で取引が可能です。

追証なしのゼロカットシステムで安心

XMはハイレバトレードに必須のゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットシステムでは、トレーダーがトレードで失敗した場合も、証拠金がゼロにリセットされるだけなので、追加で証拠金(追証)を入金する必要はありません。

ハイレバトレードで一攫千金を狙うなら、追証なしのゼロカットシステムは必須といえるでしょう。

XMトレーディング攻略_男の子

追証なしだから借金を負うリスクもないんだね!

ロスカット水準20%は業界屈指の低さ

XMでは、証拠金維持率が20%以下になるまでロスカットが行われません。そのため、ボラティリティ(価格変動の度合い)が大きい相場でも、エントリーのタイミングさえ誤らなければ、ハイリターンを望める確率が高くなります。

豊富なボーナスで必要証拠金を数倍に増やせる

XMの豊富なボーナスキャンペーン

・13,000円分の口座開設ボーナス(2022年12月31日まで)
・最大50万円分の入金ボーナス
・取引量に応じてポイントの還元

XMの豊富なボーナスキャンペーンを利用すれば、少額からでも高い資金効率でトレードが可能です。

XMでは、新規口座開設者に13,000円分の口座開設ボーナス、入金額が約5万円までは100%還元でそれ以降の約235万円までは20%が還元される入金ボーナス、トレードするごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムが用意されています。

入金ボーナスの総額とポイントの還元率は、他の海外FX業者と比べてもXMが断然高額なため、少しでも好条件でハイレバに挑みたい方には圧倒的に有利といえるでしょう。

XMトレーディング攻略_ママOK

XMなら入金なしでもボーナスだけで取引できて、利益は出金可能!

XMのハイレバ手法でオススメの口座【基礎編】

XMの4つの口座タイプ

スタンダード口座:1ロットの大きさ・スプレッドの狭さがちょうど良い
マイクロ口座:最小ロットで取引ができる
KIWAMI極口座:スプレッドが狭く、手数料もない
ゼロ口座:スプレッド最狭だが、手数料が別途発生する

スタンダード口座が1番のオススメ

XMでハイレバトレードを行う場合、選択肢はスタンダード口座一択といえます。

XMではスタンダード口座とマイクロ口座が、全てのボーナスキャンペーンの対象となります。しかし、マイクロ口座の場合、最大取引量が小さくなるため、ハイレバトレードを行う際は少しスケールが小さいといえるでしょう。

スタンダード口座は、XMの4つの口座タイプの中で最も多く開設されている口座です。そのため、一攫千金を狙う場合も、中長期的に資産を運用する場合も、最適の口座タイプといえます。

マイクロ口座は最大取引サイズが小さい

XMのマイクロ口座は、小口投資家向けに用意されている口座タイプです。

スタンダード口座の1ロットの単位が10万通貨なのに対し、マイクロ口座では1,000通貨となっています。そのため、マイクロ口座では、ハイレバで資金を増やす場合、トレード回数を抑えて短期間で目標金額を達成する、という一攫千金の必須ポイントに反してしまいます。

XMでは1つのアカウントで最大8つの口座を保有可能なので、スタンダード口座ではスケールが大きすぎると感じた場合は、マイクロ口座を追加口座として開設すると良いでしょう。

KIWAMI極口座とゼロ口座はボーナスがもらえない

KIWAMI極口座(KIWAMI口座)とゼロ口座(ZERO口座)は、入金ボーナスやロイヤリティプログラムの対象外です。2つともスプレッドは狭く設定されていますが、ゼロ口座の場合は1ロットで往復10ドルの取引手数料が発生するため、総コストとしてはお得な口座タイプとはいえません。

そのため、KIWAMI極口座とゼロ口座はボーナス特典を差し引いてでも、狭いスプレッドor明瞭な取引手数料でトレードを行いたい方向けの口座タイプといえます。

XMトレーディング攻略_娘

最大8つまで口座開設できるから色々試してみるのもオススメ!

XMで証拠金を10倍にするハイレバ手法【準備編】

【基礎編】では、XMがハイレバで一攫千金を狙うのに最適の海外FX業者で、中でもスタンダード口座が1番のオススメの理由をご紹介しました。

【準備編】では、一攫千金に必須のハイレバ手法をご紹介しながら、初心者の方にもオススメのエントリータイミングを見極め方を解説します。ここではまず、証拠金を10倍にすることを目標に設定します。

XMで証拠金を10倍にするハイレバ手法

STEP1:相場の勢いがある取引時間を狙う
STEP2:10万通貨で20pips抜きを狙う
STEP3:エントリータイミングを見極める

STEP1:ボラティリティが高い取引時間を狙う

日本時間の16:00〜0:00(冬時間では17:00〜1:00)が、FXではほとんどの銘柄において相場に勢いがある時間帯とされています。

上記は、ニューヨーク市場とロンドン市場が最も活発になる時間帯です。そのため、USD・EUR・GBPを含む通貨ペアは、通常よりも値幅が大きくなる傾向にあります。また、ニューヨーク市場の影響力は、CFDや仮想通貨などの値動きにもダイレクトに及びます。

トレード回数を抑えるには、相場の勢いがある取引時間に積極的にトレードチャンスを見極めて、勝ち逃げできるようなトレードを心掛ける必要があります。

XMトレーディング攻略_パパ

日本時間の夕方〜夜にかけての取引がオススメ!

STEP2:10万通貨で20pips抜きを狙う

リスクを抑えて短期間で証拠金を増やすためには、はじめは10万通貨を利用して20pips抜きを狙いましょう。

例えば、証拠金が2万円の場合、10万通貨で20pips抜くと、利益は2万円です。5回連続で勝てれば10万円の利益となり、証拠金10倍は達成されます。

ここで重要なポイントは、20pipsを抜くと決めてエントリーした場合は、決して欲を出さないことです。利益確定注文を入れずに、そのまま25〜30pips抜きを狙うとポジション保有の時間が長くなり、損失を被る可能性が高まります。

エントリー前に決めた利確と損切りのルールを遵守することが、FXでは最大のリスク管理です。

XMトレーディング攻略_娘

20pips抜きならそんなにハードルは高くないね!

STEP3:エントリータイミングを見極める

FX初心者の方が最初に直面する難題は、エントリータイミングの見極めです。ここでは、証拠金が2万円で10万通貨の20pips抜く場合を前提に、汎用性が高く、なおかつシンプルで分かりやすいエントリータイミングの見極め方法をご紹介します。

エントリータイミングを見極める手順

手順①:アジア時間の高値と安値を確認
手順②:アジア時間のレンジをブレイク後にエントリーする
XMトレーディング攻略_ママOK

証拠金10倍を目指すなら、まずはこの方法を試してみよう!

手順①:アジア時間の高値と安値を確認

最初に東京市場を軸とするアジア時間の高値と安値を確認します。東京時間はレンジ相場の可能性が高いため、原則エントリーは控えましょう。

レンジ判断エントリー
夏時間9:00〜14:0016:00〜
冬時間9:00〜15:0017:00〜

チャート上で5分足か30分足を表示して水平線を引き、アジア時間のレンジの幅が20pips以内の場合のみ、アジア時間のレンジをブレイク後にエントリーを行います。

レンジの幅が20pips以上の場合、その日は相場が大きく変動する可能性が高いのでエントリーは行いません。また、ロンドン時間に重要な経済指標の発表が予定されている場合も、リスクが高いためエントリーは避けましょう。

手順②:アジア時間のレンジをブレイク後にエントリー

次に、欧州参加前のアジア時間の高値か安値を、欧州参加後にブレイクした後でエントリーを行います。

ロンドン市場が開くのは、16:00〜(冬時間では17:00〜)です。ロンド市場が始まってアジア時間のレンジをブレイクしたら、それについていくことを心掛けましょう。

XMのハイレバ手法で証拠金を10倍にしてみた【実践編】

【実践編】では、上記のエントリータイミングの見極め方を踏まえた上で、証拠金を10倍に増やしたトレードの一例をご紹介します。

今回のハイレバトレードのポイントは、最短最速で証拠金を10倍に増やすことです。

ハイレバ手法のトレード実績を公開

今回は100万円の原資で、証拠金を10倍に増やすことにチャレンジしました。2022年の6月6日~6月9日の間に8回のトレードを行ったので、その手法や結果を紹介します。

トレードの条件は、①100万円スタート、②XMスタンダード口座、③フルレバレッジです。

XMトレーディング攻略_ママOK

まずは少額でハイレバ手法を試してみよう

1回目:+34,000円

<15分足チャート>

XMハイレバ手法 1回目

日米の金利差などを理由に、ドル円の上昇が続いていたので、押し目買いでエントリーを行いました。 この時は下落トレンドラインに抵抗されたことを見て、早めに利確しました。

取引:ドル円 – ロング
通貨数:100万通貨
利益:34,000円

2回目:+11万1,000円

<15分足チャート>

XMハイレバ手法 2回目

大陽線が現れたので、その後の上昇を予想してロングを入れました。前日最高値で一旦利確して様子を見ます。

取引:ドル円 – ロング
通貨数:100万通貨
利益:11万1,000円

3回目:+104万円

<15分足チャート>

XMハイレバ手法 3回目

前日最高値を更新したことを見てロングでエントリーを行います。その後、RSIで70を超えるなど上昇し過ぎと見て利確しました。

取引:ドル円 – ロング
通貨数:200万通貨
利益:104万円

4回目:+73万411円/-255万9,704円

<1時間足チャート>

XMハイレバ手法 4回目

三尊天井の右肩での下落を予想してショートしました。その後、大きく反発したのを見て、半分の250万通貨利確して+73万411円、もう半分は後にロスカットに遭ってしまったので-255万9,704円となりました。

取引:ユーロドル – ショート
通貨数:500万通貨
利益:73万411円
損失:255万9,704円

5回目:+204万6,708円

<15分足チャート>

XMハイレバ手法 5回目

大陽線が出現し、短期的に反発すると予想しエントリーを行いました。上昇したものの、三尊天井の形成中で上値は重かったため、利確しました。

取引:ユーロドル – ロング
通貨数:500万通貨
利益:204万6,708円

6回目:+47万1,680円

<5分足チャート>

XMハイレバ手法 6回目

ユーロドルが下落トレンドラインに押さえつけられていたことを見て、ショートでエントリーしました。下落幅が大きくなったところで、ポジションすべて利益確定しました。

取引:ユーロドル – ショート
通貨数:250万通貨
利益:47万1,680円

7回目:+98万9,910円

<1時間足チャート>

XMハイレバ手法 7回目

ユーロドルが大きく反発したことを見て、逆張りの要領でショートを入れました。12時間ほど待つと大きく反発したので利確しました。

取引:ユーロドル – ショート
通貨数:500万通貨
利益:98万9,918円

8回目:+616万4,344円

<1時間足チャート>

XMハイレバ手法 8回目

豪ドル米ドルで三尊天井が形成されていたことを見て、ショートでエントリーしました。株式市場で軟調な推移を見せていたことからも、豪ドルが売られやすい状況にあると判断しました。

自信があったことや、これまでのトレードで証拠金が増えていたことから、思い切って1,000万通貨(100ロット)を張ってエントリーしました。三尊天井のネックラインを割ると、大きく下落し大きな利益を得られました。このトレードで100万円の証拠金を10倍に増やすチャレンジ達成です。

取引:豪ドル米ドル – ショート
通貨数:1,000万通貨
利益:616万4,344円

計8回のトレードで証拠金を10倍に!

XMハイレバ手法 トレード実績

以上が、4日間に計8回のトレードで証拠金100万円を10倍の1,000万円にした全トレード記録です。一度だけ損失を出してしまいましたが、メンタルをコントロールして何立て直し、証拠金10倍を達成できました。

4日間で証拠金10倍に!

XMで口座開設(無料)

XMで一攫千金を狙うハイレバ手【応用編】

証拠金をフル活用するハイレバ手法

ハイレバ手法の中でも、証拠金をフルに活かす手法のことは「フルレバ手法」と呼ばれます。

フルレバ手法では、強制ロスカットに遭うリスクを考えて、エントリー時に証拠金維持率は100%を上回るようにしておきましょう。

例えば、有効証拠金が100万円のとき、ドル円で証拠金をフル活用するとします。ドル円レート130円とすると、大体500万通貨(XMスタンダード口座で50ロット)がフルレバで保有できるポジション量となります。

証拠金維持率の計算式

必要証拠金=130円×500万通貨÷1,000=650,000
証拠金維持率=(有効証拠金/必要証拠金)×100=(1,000,000/650,000)×100=153.8%

為替レートによっても変わりますが、ドル円においては証拠金をフル活用して取れるポジション量の目安として、100万円であれば500万通貨、10万円であれば50万通貨、1万円であれば5万通貨と考えることをオススメします。

RSIにトレンドラインを引く手法

ハイレバトレードで10万円を一時6億円まで増やしたGFF氏ですが、そのときの手法はRSIにトレンドラインを引くという単純なものでした。トレードスタイルはデイトレードがメインで、ローソク足は10分足を使用していました。

XMトレーディング攻略_娘

シンプルな手法でコツコツ資金を増やしたんだね!

GFF氏の取引ルール

エントリーポイント:RSIに引いたトレンドラインをRSIがブレイクしたとき
利確ポイント:RSIが70~80、20~30になったとき or RSIが直近の高値に到達したとき
損切りポイント:RSIがトレンドラインを再度割り込んだとき

基本的に上記の取引ルールに基づいたトレードを行う場合も、RSIのトレンドラインが明確にトレンドを形成しているときのみエントリーすることで、精度を高める工夫を行えます。

GFF氏の取引ルール

上のチャートは、上昇トレンドのトレード例です。RSIに引いた下降トレンドラインを上にブレイクしたときに買いエントリーを行い、RSIが70~80に到達したら利確を行います。

同じ要領で、下降トレンドでは、RSIに引いた上昇トレンドを下にブレイクしたときに売りエントリーを行い、RSIが20~30に到達したら利確を行います。

ハイリターンを最大限に見込めるトレードを!

先ほど筆者がご紹介したハイレバ手法も、GFF氏によるこのハイレバ手法も、ハイレバレッジの利点を最大限に活かすという点では共通しています。せっかくリスクをとるのなら、ハイリターンを最大限に見込めるトレードを意識しましょう。

XMトレーディング攻略_パパ

まずはルールに忠実に従うことがハイレバ手法の鉄則!

XMでハイレバ手法を行う際の注意点 

XMの禁止トレード一覧

XMには、禁止事項や規約違反ルールがあり、それに触れてしまうと口座凍結や出金拒否のペナルティを課せられます。

XMの代表的な禁止トレード

・複数口座間での両建て取引
・裁定取引(アービトラージ)
・窓埋め&窓開けのみを狙った取引

特にハイレバトレード時には、窓埋め&窓開けだけを狙っていると判断されるような取引は絶対に避けましょう。XMからの警告などはないため、悪質なものと判断された場合には口座凍結の措置をとられる可能性があります。

XMのレバレッジ規制

XMでは口座残高の額に応じて、レバレッジ規制が掛かります。スタンダード口座の場合は下記の通りです。

口座残高(目安)最大レバレッジ
500円〜200万円1,000倍
200万〜1,000万円500倍
1,000万以上100倍

レバレッジ値が低くなると、証拠金維持率も低下するので注意しましょう。もしレバレッジ制限が掛かった場合は、他の口座に資金振替をすれば制限は外れます。

XMで一攫千金した後の税金

FXでは、利益が20万円または38万円を超えた場合、確定申告をして税金を支払う必要があります。海外FXは総合課税に分類されるため、徴収される額はFX利益に応じて変わります。

FXの税金で注意したい点が、年をまたいだトレードです。税金は1月1日〜12月31日の利益に応じて計算され、確定申告の時期である2月ごろに税金を納付します。年明けから確定申告までの期間に支払う税金以上の損失を出してしまうと、税金を払えません。

例えば、1年間を通してFXで700万円の利益を出したとします。その際に支払う税金は97万4,000円です。しかし、確定申告を行う前の1月31日に1,000万円の損失を出してしまうと、税金の97万4,000円を支払えなくなります。

XMトレーディング攻略_ママ

税金が決まった段階で、税金分は他の口座に移しておこう!

XMのハイレバ手法に関するよくあるご質問 

ハイレバで一攫千金を狙うなら元手はいくら必要?

一攫千金を狙うトレードには、決まった元手はありません。高いレバレッジを掛けるので、どんな金額からでも一攫千金を狙えます。

ただし、利用できる金額は分割して利用することをオススメします。例えば、100万円を一度に利用するのではなく、100万円を5回に分けて20万円からのハイレバトレードにするといった感じです。

なぜ運用資金を分割するのかというと、ハイレバレッジはリスクの高い投機方法だからです。運用資金を全て使用して取引を行うと、急な相場変動が起こった際に大きなダメージを負ってFXに復帰できない可能性があります。しかし、資金を分割しておくと小さなダメージで済みます。

ハイレバとフルレバの違いは?

ハイレバとフルレバの違い

ハイレバ:高いレバレッジを利用したトレード
フルレバ:実効レバレッジ(利用できる最大レバレッジ)を利用したトレード

ハイレバとは、一般的に利用されるレバレッジよりも、高いレバレッジをかけてトレードを行う方法です。一方、フルレバとは今の証拠金で利用できる、最大レバレッジでトレードを行う方法です。

XMのハイレバで資金10倍を狙う手法 まとめ

今回の記事では、XMのハイレバで資金10倍を狙う手法をご紹介しました。一攫千金を狙うためには「最適なエントリータイミングを見極めること」と「ハイレバと相性の良いトレード手法を活用すること」の2つが重要です。

最大レバレッジは1,000倍で、豊富なボーナスキャンペーンにより資金効率も最大限に上げられるXMは、証拠金10倍に達成するのに最適な海外FX業者といえます。みなさんもぜひ今回ご紹介したハイレバ手法を駆使して、まずは証拠金10倍を目指しましょう。

XMトレーディング攻略_ママOK

ハイレバ手法を駆使すれば初心者でも証拠金10倍は十分に達成できる!