XM提供の「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

海外FXのレバレッジ比較|ハイレバがオススメのFX業者もご紹介

海外FXのレバレッジ比較|ハイレバがオススメのFX業者もご紹介海外FXについて

海外FXの最大の魅力の1つは、ハイレバレッジで少額から大きな利益を狙えることです。

しかし、海外FX業者の最大レバレッジは、同じ業者内でも口座タイプや通貨ペアなどの条件により異なる場合があります。また、最大レバレッジ以外にも、ボーナスキャンペーンの豊富さや日本語対応などのポイントも、海外FXを選ぶ際には非常に重要です。

今回は、ハイレバレッジを重視して海外FX業者を選ぶ際の注意点や、オススメの海外FX業者のランキングをご紹介します。

海外FXのレバレッジの概要

海外FXのレバレッジ比較

海外FX業者最大レバレッジ
XMXM1000倍
GEMFOREXGEMFOREX1000倍
BigBossBigBoss999倍
TitanFXTitanFX500倍
AXIORYAXIORY400倍

海外FXには国内FXと違ってレバレッジ規制がないため、国内FXの最大レバレッジ25倍と比較すると、非常に高い最大レバレッジ値が設定されています。

一見すると、レバレッジ値が高い業者の方が、トレードを有利に進められるように見えます。しかし、FX業者を選ぶ際には、ボーナスキャンペーン・出入金の手数料・日本語対応などの要素も非常に重要です。

海外FX業者選びには、ハイレバレッジも1つの要素として捉えて、その他の要素もしっかりと把握することをオススメします。

XMトレーディング攻略_パパ考え中

レバレッジが高ければ良いわけでもないのか…

ハイレバレッジの特徴

レバレッジとは「自己資金+自己資金以外の資金(借り入れなど)」を利用することで、トレーダーの利益率を高めることです。

日本の金融庁の規制により、国内FXの最大レバレッジは一律25倍に規制されています。

加えて、国内FXでは追証(追加保証金)が発生するため、最悪の場合、トレーダーは借金を負う可能性があります。そのため、金融庁はトレーダー保護のために、レバレッジ規制を行っているのです。

一方、海外FXにレバレッジ規制はなく、最大レバレッジは999倍・1,000倍・3,000倍と業者ごとに異なります。これらの高いレバレッジ値が、ハイレバレッジと呼ばれます。

また、海外FXの場合は「追証なしのゼロカットシステム」を採用している業者であれば、トレードに失敗した場合も証拠金(口座残高)がゼロになるだけで、それ以上の損失は発生しません。

XMトレーディング攻略_男の子

海外FXで一番高いレバレッジが高いのは、Exnessの無制限レバレッジだよ

海外FXでレバレッジが高い業者を選ぶ際の3つのポイント

海外FX業者選びの3つのポイント

ポイント① 会社の信頼性・安全性
ポイント② 入金・出金の利便性
ポイント③ 取引する上でのスペック

ポイント① 会社の信頼性・安全性

金融ライセンスを保有しているか

FXでは、キプロスの「CySEC」が取得最難関ライセンスとして知られており、他にもイギリスの「FCA」・ケイマン諸島の「CIMA」・セーシェルの「FSA」なども取得難易度の高い金融ライセンスとされています。

ハイレバレッジを重視して海外FX業者を選ぶ際には、上記の4つの金融ライセンスのうち1つは保有している会社を選びましょう。

資産の保証制度と分別管理の有無

海外FX業者が設ける資産の保証制度の中には、業者がトレーダーの資金を金融機関の信託口座に預けて管理する「完全信託保全」があります。

また、「分別管理」とは、業者の経営資金とトレーダーの資金を金融機関に分別して管理することです。

仮に会社が倒産した場合に資金が返却されないというリスクを抑えるために、海外FX業者を選ぶ際には「完全信託保全」か「分別管理」のどちらかを採用している会社を選びましょう。

日本語サポートに対応しているか

海外FX業者では、出入金や取引する上での操作から、問い合わせ窓口などのカスタマーサポートまで、完全日本語対応している会社がオススメです。

業者の中には日本語のライブチャットで問い合わせが可能な会社もあるため、ストレスを抑えるためにも日本語サポート体制が整っている会社を選びましょう。

ポイント② 入金・出金の利便性

海外FX業者によっては、入金方法により出金経路が決まることや、その出金経路ごとに手数料が異なることも多々あります。

レバレッジを重視して海外FX業者を選ぶ際には、自分のトレードスタイルに適した入金方法や出金方法を実現できる会社を選びましょう。

ポイント③ 取引する上でのスペック

海外FX業者ごとにスプレッドやロスカット水準は異なります。

一般的には、最大レバレッジが高い業者ほどロスカット水準も高い傾向にあるため、一瞬で口座残高がゼロになるリスクが高まります。

海外FXでレバレッジが高い業者を選ぶ際の流れ

海外FX業者選びの流れ

1. 最大レバレッジを重視して業者を選ぶ
2. 上記の3つのポイントをクリアしているかを確認

3. 口コミで出金トラブルはないかを確認
4. 複数選択肢が残った場合には、ボーナスキャンペーンが豊富な業者を選ぶ

日本語に対応した公式HPのある海外FX業者では、HP内で保有する金融ライセンスを確認できます。また、資金の保証制度や分別管理の有無についてはメールで確認してみても良いでしょう。

多くの海外FX業者には良い評判も悪い評判もありますが、悪い評判を参考にする際にはトレーダー側に落ち度はなかったのかをよく確認する必要があります。

その上で、FX業者の選択肢が複数残った場合には、トレードを有利に進めるために口座開設ボーナスや入金ボーナスなどが豊富な会社を選びましょう。

海外FXのレバレッジを重視したオススメ口座

ここからは、上記の「海外FX業者選びの流れ」を踏まえた上で、レバレッジを重視する日本人トレーダーから特に人気が高い海外FX業者を3社ご紹介します。

先述した通り、海外FX業者を選ぶ際には、会社の信頼性・出入金の利便性・取引する上でのスペック・ボーナスキャンペーンの豊富さも非常に重要な要素となるため、併せてご確認ください。

XM「スタンダード口座」

XMの公式サイト

口座タイプスタンダード口座
最大レバレッジ1000倍
最小取引数量10万通貨
最低入金額500円
ロスカット水準20%

XMは日本人トレーダーの5人に1人が口座をもっている、とてもポピュラーな海外FX業者です。

特に「スタンダード口座」は、最大レバレッジや取引の多様性などの面から、海外FXの口座の中でも総体的に高い人気を得ています。

ライブチャットなどのカスタマーサポートも全て日本語対応のため、初心者の方も安心して取引を進められます。

XMの「スタンダード口座」を開設する

XM「スタンダード口座」の特徴

XMの口座を新規で開設する際、口座タイプにスタンダード口座を選択すると、3,000円分の口座開設ボーナスが取得できます。

口座開設ボーナスは未入金のままでも取引に利用でき、利益が出た場合は利益分を現金としても出金可能です。

また、スタンダード口座では、入金額に応じて最大50万円相当のボーナスを受け取れる入金ボーナスや、取引するごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムなど、さまざまなボーナスキャンペーンの恩恵を受けられます。

GEMFOREX「オールインワン口座」

GEMFOREXの公式サイト

口座タイプオールインワン口座
最大レバレッジ1000倍
最小取引数量1,000通貨
最低入金額100円
ロスカット水準50%

GEMFOREX(ゲム・フォレックス)は、日本人経営陣により設立された海外FX業者です。

日本語による情報発信が盛んな点が、GEMFOREXの大きな特徴といえるでしょう。

また、ボーナスキャンペーンの種類も豊富なため、少額からも有利に取引を始められます。

GEMFOREXの「オールインワン口座」を開設する

GEMFOREX「オールインワン口座」の特徴

「オールインワン口座」の最大レバレッジ1000倍は、海外FX業者の中でも屈指の高さを誇っています。

しかし、ロスカット水準も高いため、ハイレバレッジでのトレードには注意が必要です。

XMトレーディング攻略_ママ

海外FX業者では最大レバレッジ値が高いほど、ロスカット水準も高い傾向にあるよ!

AXIORY「スタンダード口座」

AXIORYの公式サイト

口座タイプスタンダード口座
最大レバレッジ400倍
最小取引数量1,000通貨
最低入金額2万円
ロスカット水準20%

AXIORY(アキシオリー)は、世界最狭水準のスプレッドで有名な海外FX業者です。

最大レバレッジは400倍なので、XMの1000倍と比べると見劣りします。しかし、スプレッドはXMよりも狭いため、実質的な取引コストを抑えてトレードを進められます。

日本語対応のサポート体制も敷かれており、初心者でも安心して取引を行えます。

また、AXIORYでは、高い約定力を誇るECN方式のプラットフォーム「cTrader」が利用可能です。

しかし、他の海外FX業者と比較するとボーナスキャンペーンが豊富ではないため、ボーナスやポイントを利用してお得に取引はできません。

AXIORYの「スタンダード口座」を開設する

AXIORY「スタンダード口座」の特徴

「スタンダード口座」は、AXIORYでもっとも人気がある口座タイプです。

スイングトレードや中期的な取引を行うトレーダー向けに設計された口座なので、短期間で利確・損切りを行うスキャルピングをあまり行わない方にオススメです。

海外FXのレバレッジの5つの注意点

口座タイプで最大レバレッジが異なる

海外FXでは、同じ業者でも口座タイプにより最大レバレッジが異なります。

XMの場合、スタンダード口座とマイクロ口座が最大レバレッジ1000倍で、ゼロ口座は最大レバレッジ500倍です。

<XMの口座タイプごとのレバレッジの違い>

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座1000倍
マイクロ口座1000倍
ゼロ口座500倍

また、海外FXの魅力であるお得なボーナスキャンペーンでは、最初に開設する口座タイプごとにボーナスキャンペーンの金額や付与条件が異なる場合があります。

そのため、最大レバレッジで口座タイプを選ぶ際には、対象のボーナスキャンペーンもよく確認する必要があります。

口座内資金でレバレッジ制限が異なる

海外FXでは、有効証拠金の金額により、レバレッジに制限がかけられる場合があります。

多くの場合、有効証拠金の額が大きければ、レバレッジは低く調整されます。そのため「自分のトレードスタイルに適した最大レバレッジ」が設定されているFX業者を検討する必要があります。

<XMのレバレッジ制限の例>

有効証拠金最大レバレッジ
〜約260万円1000倍
〜約1,300万円500倍
約1,000万円以上100倍
XMトレーディング攻略_ママ

XMのレバレッジ制限は資金移動でも解除できるよ

通貨ペアや取引銘柄で最大レバレッジが異なる

海外FXでは、通貨ペアと有効証拠金により、最大レバレッジが異なる点にも注意が必要です。

多くの場合、メジャー通貨同士のペアでは、FX業者が宣伝する最大レバレッジでの取引が可能です。しかし、マイナー通貨やエキゾチック通貨が含まれるペアでは、最大レバレッジが異なる場合が多々あります。

<XMの通貨ペアと最大レバレッジの違い>

通貨ペア〜約200万円〜約1,000万円約1,000万円以上
米ドル/日本円1000倍500倍100倍
米ドル/スイスフラン400倍200倍100倍
米ドル/トルコリラ100倍100倍100倍
XMトレーディング攻略_パパ

トルコリラ・ロシアルーブル・人民元などがマイナー通貨だよ

取引プラットフォームで最大レバレッジが異なる

一部の海外業者では、取引プラットフォーム(取引ツール)により最大レバレッジに制限がかかる場合があります。

多くの海外FX業者では「MT4/MT5」がプラットフォームに採用されていますが、一部の業者では独自のプラットフォームを用意している会社もあります。

独自プラットフォームではレバレッジ制限の他にも、最小取引数量が大きい・最大取引数量が小さいスプレッドが広いなどの足かせもあるため、事前にプラットフォームのスペックも確認することをオススメします。

世界規模のイベント発生時にはレバレッジ制限がかかる

海外FX業者では政治や経済の大きなイベント発生時に、一時的にレバレッジ制限がかかる場合があります。

もし相場が大きく変動することが予測可能な場合は、ハイレバレッジでのトレードを控えることをオススメします。

ハイレバであるほど強制ロスカットのリスクが高い

ハイレバレッジのトレードは利益率が高い分、損失率も高くなり、強制ロスカットされやすい傾向にあります。

強制ロスカットとは、ポジション保有中に含み損が膨らんで証拠金維持率を下回ると、FX業者側から強制決済されることです。

XMなどの「追証(追加保証金)なしのゼロカットシステム」を採用している業者では、口座残高のマイナス分に対して追加で証拠金を入金する必要はありませんが、口座残高はゼロのままです。

そのため、ハイレバトレードをする際には、証拠金維持率に注意する必要があります。

海外FXのレバレッジのよくあるご質問

ハイレバレッジを活用したトレード手法はありますか?

ハイレバを活かしたスキャルピング

ハイレバを活かして小さい値幅のスキャルピングを行えば、取引回数を増やすことで大きな利益を狙えます。

仮にXMのスタンダード口座で約10万円の証拠金がある場合、米ドル/日本円の10ロットで10pips抜くと約15万円の利益になります。

ハイレバを活かした両建てトレード

ハイレバ環境を活かして両建てを行えば、ロスカットを回避したりや利益を確保できたりします。

しかし、両建て行為に関しては各FX業者ごとに制限が異なるため、事前によく確認する必要があります。

ハイレバを活かしたスワップポイント狙い

ハイレバを活かせば、少ない証拠金から多くのスワップポイントを獲得できます。

また、ハイレバでスワップ率の良い高金利通貨を長期保有するトレードもオススメです。

レバレッジなしでも取引できますか?

FXではレバレッジをかけずに取引を行うことも可能です。

XMのスタンダード口座の場合、口座開設直後から1〜1000倍のレバレッジで取引できます。

レバレッジは、取引金額に対して有効証拠金(口座残高)を割ることで算出されます。1万円の証拠金に対して1万円分の取引を行う場合は、実効レバレッジが1倍となるため、レバレッジなしで取引を始められます。

「ハイレバレッジは危険だ」と言われるのは何故ですか?

ロスカットで強制決済される確率が高い点、マイナス分に対して追加入金する必要がある点、この2つの点だけを捉えるとハイレバは危険だと言えます。

しかし、十分にリスクヘッジを行えば、ロスカットされる確率は抑えられます。

また、XMなどの「追証(追加保証金)なしのゼロカットシステム」を採用しているFX業者では、マイナス分に対して追加入金する必要はありません。

そのため、安全なハイレバトレードを行いたい際には、必ず「追証なしのゼロカットシステム」を採用しているFX業者を選びましょう。

XMトレーディング攻略_パパ

「追証なしのゼロカットシステム」採用のXMなら、安心してハイレバトレードができるね!

海外FXのレバレッジのまとめ

ハイレバレッジの最大の魅力は、少額から大きな利益を狙えることです。しかし、レバレッジ値が高いほど強制ロスカットの確率も上がるので、一瞬で口座残高がゼロになる可能性も高くなります。

なので、海外FX業者を選ぶ際には、丁度良い最大レバレッジと、その他の条件が自分に好都合かをよく確認する必要があります。

最大レバレッジが1000倍のXMは「追証(追加保証金)なしのゼロカットシステム」を採用しています。そのため、借金を負うなどのリスクなしで、一攫千金を狙えるハイレバトレードが可能です。

XMでは新規で口座開設をすると3,000円分のボーナスが受け取れ、そのボーナスでハイレバトレードをして出した利益は出金可能です。海外FXのハイレバレッジを体験してみたい方は、ぜひXMをご検討ください。