「XMトレーディング」の公式ホームページへ

XMのクレジットとは?ボーナスとの違いと注意点

XMボーナスを最大活用する3つのコツと注意点 XMのボーナス

XMの最大の魅力はやはりボーナスです。「クレジット」として使える「XMのボーナス」には独自のルールや規定があります。

正しい手順を踏まないとクレジット(ボーナス)を取得できない場合もあるので、こちらのページでクレジットの取扱方法を把握した上で口座開設やトレードに進みましょう。

XMのクレジットとは

クレジットは「XMのボーナス」を交換したもの

多くのサイトで「XMの“ボーナス”」という言葉が使われますが、その受け取ったボーナスを口座に移すと「クレジット」という名前のバーチャル通貨に変わります。XMの口座内ではその「クレジット」が証拠金としてトレードで使えるようになります。

また、取引をするごとに貯まるXMポイント(XMP)も、取引で使うために交換すると「クレジット」が口座内に追加されます。

XMの特徴である豊富なボーナスやポイントキャンペーンはすべて「クレジット」に交換されて取引に利用できることになります。なお、クレジットは出金することはできません。

実は「ボーナス」と「クレジット」は別のものなんです!

クレジットの使い方

XMのボーナスが口座に移ると、取引画面にクレジットとして追加されます。取引画面上はクレジットと残高(バランス)は別の欄に書かれています。

実際にトレードに使える証拠金はクレジットと残高(バランス)の合計額となり、クレジットと保証金としての残高を使い分けることはできません。ただし、損失が確定した場合は残高が優先してマイナスされます。

クレジットとボーナスの違い

上記のように、まずXMユーザーが受け取るのはボーナスです。で、それを取引で保証金として使うために交換するとクレジットになります。

クレジットとボーナスのそれぞれの役割が違うので、管理(保有)場所も違います。口座開設や入金をすることで貯まるボーナスはXMの「マイページ」に追加され、クレジットは「取引口座」内で保有することになります。

クレジットとボーナスの違い

クレジット:XMの取引で保証金として使えるバーチャル通貨口座で管理
ボーナス:XMが会員に付与するキャンペーン特典マイページで管理

XMの「ボーナス」とは

XMのボーナスとは、取引で保証金として使えるバーチャル通貨(クレジット)ではなく、XMのキャンペーンやサービスで付与される特典のことを指します。

「ボーナス」のままだと何も使い道はないのね。

ボーナスには「3つのもらい方」がある

クレジットに変えることができるボーナスですが、3つのルートでもらうことができます。言い換えると、XMのボーナスを獲得方法は3つです。

XMでボーナスがもらえる3つの方法

①初回限定の口座開設ボーナス3,000円
②最大50万円の入金ボーナス
③取引量に応じてもらえるXMポイントボーナス(ロイヤルティー・プログラム)

上記3つの方法でボーナスをもらえます。

ただし、①と②でもらえるボーナスは「証拠金としてだけ使えるボーナス」自動的にクレジットに交換されて口座に追加されます。

キャンペーンでもらえるボーナスは勝手にクレジットとして口座に振り込まれる

③はXMで取引をするたびにもらえるXMポイントで「証拠金として使えるクレジットに交換でき、現金としても受け取る(出金する)こともできるボーナス」です。

XMポイントをクレジットに変える場合は交換する額と振り込み先の口座を指定できる

<3つの経路と2種類のボーナスタイプ>

XMボーナスとXMポイントの使い分け

XMの口座開設と入金ボーナスは有名ですが、XMポイントはまだ認知度が低く、貯まっていることを知らずに失効してしまったという話もよく聞くので、注意しましょう

XMポイント(ロイヤルティー・プログラム)はボーナスの中でも最も貯まりやすく使い勝手もいいので、ご存知ない方は下記ページをご覧ください。

キャンペーンボーナスの受け取り例

初回の口座開設をして5万円の入金をした場合は、口座開設ボーナスが3,000円で、入金ボーナスが100%となるので5万円(5万円×100%)となり、合計5万3,000円のボーナスが口座に入ります

つまり、保証金の合計は入金額5万円と合わせて10万3,000円が取引資金として口座に入ります。入金ボーナスのルールや上限設定は少し複雑なので、こちらも別ページで詳しく紹介しています。

XMの「ボーナス」の注意点

注意①ボーナスはユーザーごとに付与される

1人のユーザーが複数の口座を開設しても、初回ボーナス3,000円は一度だけ。また一人で複数の口座を持っている場合、入金ボーナスはすべての口座への入金「総額」で計算されます。

XMボーナスを最大活用する3つのポイント

ボーナス取得のために家族や友人を使った不正行為が確認された場合は、仮にボーナスを保有していても口座凍結となるのでご注意ください。

なお、同一ユーザーの口座間で証拠金を資金移動した場合はボーナスも同じ割合で移行します。

注意②正しい手順を踏まないとボーナスは付与されない

口座開設ボーナスが付与されない主な原因は3つです。

Zero口座を開設した場合

1つは初回にZero口座を開設した場合。XMでは追加口座を簡単に作れるので最初は初回開設ボーナス(3,000円)が付与されるスタンダード口座かマイクロ口座を最初に開設してください。

XMボーナスを最大活用する3つのポイント

「ボーナスを受け取らない」を選択した場合

2点目は口座開設時に、『ボーナスを受け取らない』をチェックした場合です。この項目は「受け取る」を選択して開設ください。

XMボーナス

30日以内にボーナス申請をしなかった場合

3つ目は申請が遅れた場合です。「ボーナスを受け取る」を選択した後、30日間以内に申請をしない場合もボーナスを受け取る権利を失います。口座開設後はすぐにボーナス申請をしましょう。

注意③90日放置するとボーナス(クレジット)は消滅

XMのルールとして、取引をしない期間が90日間を超えると口座がロックされます。その後に口座を復帰させたとしても口座内のクレジットはリセットされるので注意が必要です。

 XMの「クレジット」 の3つのルール

クレジットは出金はできない

XMのクレジットは、取引の証拠金として使える機能を持ちます。つまり、口座残高を増やす役割を果たします。ゆえに、クレジットを利用して稼いだ利益は出金できるが、クレジットそのものを現金として引き出すことはできません

クレジットが消滅する額は出金額と同じ割合

取引口座から出金した場合、その時の出金額に応じたクレジットも消滅します。
消滅の比率は、残高に対する出金額と同割合のクレジットが差し引かれることになります。

損失分は現金が優先してマイナスされる

証拠金以上の損失が出て、ロスカットされた場合は現金からマイナスされます。

なので、ロスカット後は、クレジットは残っているけど証拠金はマイナスという状況が生まれます。その場合は時間(数10分〜半日)を置くか、カスタマーセンターに連絡をすると証拠金のマイナス分を0に戻してくれて、ボーナス(クレジット)のみが残ります。

上記の解消手順は下記のページで詳しく説明しています。

まとめ

入金ボーナス3,000円からはじめよう

XMの魅力はなんといっても豪華なボーナスです。

入金100%ボーナスで2倍の資金でハイレバレッジ取引ができ、さらにその取引でXMポイントが貯まって資金が増えるという好循環が生まれるのはXMだけです。

この好循環が生まれた時には現金も増えているため、スプレッドが狭いわけでもないXMからユーザーが離れない理由がここにあります。

レバレッジ888倍は資産を一瞬で何倍にもすることも!

現金を使わずにXMボーナスだけで大きな資産を築いたという事例もあるように、ボーナスを活用することで大きな利益が得ることができます。

今なら現金を入金することなく、口座開設ボーナスの3,000円だけでXMでの取引を体験できるため、まずはボーナスを上手に貯めてクレジットを活かした取引体験をお勧めします。

XMの口座開設をする前に