口座開設すると3,000円の無料ボーナスで取引ができる!

ゼロカットシステムの「最大のメリットと仕組み」を知ろう

ゼロカット制度のメリットの仕組み XMを知ろう

海外FX業者であるXMの特徴となるのが「ゼロカットシステム」です。

ネット上の掲示板やSNSでもよく耳にする言葉ですね。国内FX会社にはない魅力で、残高がマイナスになり追証が発生するリスクがありません。ここではゼロカットとは何か?やどんな時に発生するのか、発生したときの対処法など注意すべき点があります。

追証のリスクなく、ハイレバレッジの利点を活かして、リスクを最小限に抑えるゼロカットシステムをご確認ください。

ゼロカットシステムとは

海外FX特有の「追証ゼロサービス」

XMを代表として日本人のトレーダーが海外FX会社を使う理由のひとつとして、ゼロカットシステムがあるからだと言われています。

ゼロカットシステムとは、トレードを行っていくうちに大幅な損失をだしてしまい、トレードの口座残高がマイナスになってしまった場合でも、口座残高をゼロに戻してくれるというシステムのことです。別名で「追証ゼロサービス」と呼ばれています。

わかりやすくいうと、トレードを行う側の最大の損失は口座に入っている残高部分のみとなり、トレードを行っていく上でFX会社に対して借金をする心配がないというシステムです。

追証になるシチュエーションとしては、ロスカットが自動的に発動されても相場が大きく動いたことでロスカット水準よりも相場が進んだ時点で決済され、結果として損失が残高を上回った場合に起こります。
もし国内のFX会社で取引していて、残高以上の損失が出た場合は追証となります。その場合、FX会社に追加入金を求められ、追証分を補填することができなければFX会社からの請求が来ることになります。
レバレッジ規制後はあまり聞かなくなりましたが、「FXで借金ができた」というお話はこのFX会社からの請求のことを指します。スイスショックなど急激なレートの変動が原因で、数千万円もの追証が発生してしまい、貯金ではまかないきれず金融機関から借りまくって最終的に大きな借金が残ったなんて話も耳にしたことがあります。
なおこの状況で、その後も入金(支払い)ができない場合は、FX会社が法的措置を取ることになり、この場合は自己破産をすることもできず、経済的にも精神的にも大きな負担を負うことになります。

トレードでの損失分をXMから請求される心配がないというのは、リスクを減らすひとつの対策に

ゼロカットシステムが発動する場面

XMではレバレッジを888倍まで上げることができます。そのため、少額の資金で大きな取引通貨でのトレードが可能になります。つまり、ハイリスク・ハイリターンの一発勝負ができるわけです。その結果、スイスショックやアメリカの雇用統計のような大幅なレートの変動により、証拠金以上のマイナスが出てしまった場合に、ロスカットを飛び越えて口座残高がマイナスになってしまうのです。

例えば、口座に証拠金が10万円入れている状態で、ドル円を30万通貨でトレードしていたとします。アメリカの雇用統計や週明けの窓開けなどで、1円の急激なレートの変動があったとします。そうなると、損失額は30万円となり、口座残高はマイナス20万円になってしまいます。このような状態になるとゼロカットシステムが発動します。

ロスカットとゼロカットの違い

XMでは証拠金維持率が20%以下になると顧客口座の資金を守るために、自動的にロスカットが発動されて、ポジションが勝手に決済されてしまいます。じわじわとレートが動き、維持率が20%を下回るとこのようなロスカットが発動されてしまい、口座にはスズメの涙かもしれませんが、多少なりとも口座には残高が残ります。

それに対して、ゼロカットは口座の残高に残らず、マイナスの表示になった後で口座は0円になります。残高に多少なりとも資金が残っていればトレードを継続することができます。しかし、マイナス状態ならば追証の必要はないかもしれませんが、トレードを継続することはできません。

FXだけに適応?

XMではFX以外にも金や銀の貴金属、原油や天然ガスなどのエネルギー、ダウや日経225などの株価指数、とうもろこしや大豆などの商品先物を材料としてトレードすることができます。

ここで紹介しているゼロカットシステムはFXに限らず、すべての取り扱い銘柄で適応されます。値動きが激しいことで知られる商品先物や貴金属や原油などで一発逆転を狙うトレーダーにとっては非常にありがたいシステムです。

ゼロカットされてしまった場合

トレーダーとして、できることならゼロカットにはなりたくないですよね。ですが、天災や予測不可能な事件は誰も予測できません。その時にゼロカットになってしまったものは仕方ありません。ここではXMで口座をゼロカットされてしまった時に考えられる事について紹介していきます。

残高が復活するのはいつ?

ゼロカットが執行して口座残高がマイナスになった場合、トレーダーは何をすればいいのでしょうか。答えは、待つだけです。待っていれば勝手に口座がゼロに戻ります。ゼロカットされた後、チャートを閉じて、次の日に再度開いたら、マイナスがゼロになっているという感じです。

この場合XMでは、取引画面の残高部分がマイナス表記になるもの、ゼロカットシステムにより30分〜1時間ほどでリセットされ、残高が0円に戻ります。

残高にはマイナスが一瞬だけ残るけど気にしないで!すぐに0円になるよ!

私の経験上、半日ほど経っても残高がゼロにならない場合もありますが、どうしても気になる人はXMのサポートに問い合わせしてみましょう。カスタマーサポートがすぐに対応してくれて残高を0円に戻してもらえます。

解消する方法として追加入金が効果的

口座がマイナスになってしまったという人の中には、今がトレードチャンスだから、いますぐ残高をゼロにもどしてほしい!という人もいますよね。そういう人は追加入金を行えば、口座のマイナス状態を解消できます。

でも、口座がマイナスの状態で追加入金をしたら、入金した分と口座のマイナス分とで相殺されて入金額が減ってしまうのではないの?という心配もありますよね。しかしながら、XMではそのようなことはありません。XM側で入金時に口座がマイナスになっていることに気が付くのか、マイナス分はゼロになって、口座残高には入金した金額すべてが反映されるから安心してください。

マイナス表記を解消するときは「待つ」か「追加入金」のどちらか

ゼロカット時はボーナスから消化される

XMでは口座に入金した際に入金額の20%や100%などのような入金ボーナスがあります。もらえるボーナスは出金こそできませんが、トレードの証拠金として使用することができます。つまり、入金額+ボーナス額が証拠金となってトレードができます。

そんなボーナスですが、口座残高がゼロカットになった場合、得られたボーナスの額で補填されます。例えば、口座残高がマイナス2万円になっている状態で、ボーナスが3万円ありました。その場合、口座残高がゼロになる代わりに、ボーナスが1万円に減少します。そうすれば、その1万円のボーナスを元手に追加入金を行う必要なく、トレードを再開できるというわけです。

ゼロカットシステムのメリット

ゼロカット制度のメリット

ハイレバ取引のリスクを大きく軽減

XM Tradingはハイレバレッジが魅力ですが、私たち投資家がそのハイレバ取引を自由に大胆にできる背景には「ゼロカットシステム」があります。
もしXM Tradingでも国内FXと同じように追証があった場合、高いレバレッジを掛けた取引はリスクがあり、追証額も大きくなります。
仮に5万円の資金でドル円をロングしていて、1円(100pips)円高に動いた場合で検証してみます。
国内FXの場合
レバレッジ:25倍
保有できるポジション:1万通貨
1円の変動での損失:-10,000円
口座残高:40,000円
XMの場合
レバレッジ:800倍
保有できるポジション:25万通貨
1円の変動での損失:-250,000円
口座残高:-200,000円
 5万円の資金で取引して、20万円の借金ができてしまっては、ハイレバ取引をする人も激減すると思います。
このようにXMでは、投資家の借金リスクをゼロにして、ハイレバレッジでの取引ができる点が大きなメリットとなります。

ゼロカットシステムの仕組み

ゼロカット制度の仕組み

国内FX会社とは稼ぎ方が違う

XMがゼロカットシステムを導入できる背景は、国内のFX会社ではほとんど導入していない「NDD(ノーディーリングデスク)方式」を採用しているからです。
NDD(ノーディーリングデスク)方式とは
ディーラー(FX会社)を介さずに、複数の金融機関(カバー先)が提示する為替レートにシステム的に発注する方式

これにより、XMでは想定を超える大きな変動があっても、契約する金融機関の中で最も有利なレートで瞬時に取引しているために、ロスカットが大きくズレることなく決済しているからです。つまり、大きな為替変動でも想定外の損失を最小限に抑えることができる仕組みがあるからゼロカットシステムを提供できています。

XM側で金融機関とのトレードの中でのリスクヘッジをしているのね!

ただし、NDD方式を導入していてもロスカットが正しく価格で稼働せずに多少の損失は出てしまいます。そのマイナス分が先にご説明した「取引画面の残高部分がマイナス表記になった額」です。

では、なぜXMではこのマイナス分を0円に戻すことができるのでしょうか。

それは「XMが負担しているから」です。

ゼロカットシステムはXM社のマーケティング

NDD方式を採用するXMは、取引手数料だけが収益源となり、取引量が多いほど儲かります。

つまり、このビジネスモデルでは、投資家がハイレバレッジで大胆な取引をしてもらった方が収益が上がるため、投資家に追証リスクを負わせずに、そのコストをマーケティング費用として肩代わりしているのです。

少額資金で大きな取引をするときにゼロカットシステムはとても有効!

XMが提供するXMポイントによるボーナス初回口座開設時の3,000円ボーナス&入金ごとにプラスされる入金ボーナスと合わせてゼロカットシステムを活かすことがXMを使った攻略法になると言えます。

ゼロカットシステムの注意事項

ゼロカットシステムはハイレバレッジでのリスクを低減できる手段です。XMでは追加口座といってひとりで複数の取引口座を保有することができます。

であれば、レートが大きく動くと思われる経済指標前や週末のイベントに向けて、2つの口座を使って、買いと売りとの両建てを考える方もいると思います。思惑通りにレートが大きく動き、ひとつの口座はゼロカットになり、もうひとつの口座は爆益になります。

ですが、このような両建て行為は禁止事項なので絶対に辞めてください。ゼロカットシステムを悪用したとみなされて、XMから口座凍結されてしまいかねません。ご注意ください。

ゼロカットシステムを活用した両建てはXMの禁止事項です

以上のように、XMでのゼロカットについていろいろと紹介してきました。できることなら避けて通りたいゼロカットですが、レバレッジをかけて取引するFXを行う上で、追証という借金を抱えてしまう最悪のケースを考えると、ありがたいシステムではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました