口座開設すると3,000円の無料ボーナスで取引ができる!

XMのレバレッジ888倍を効率的に使いこなす方法

XMのレバレッジ888倍投資 XMを知ろう

XMのレバレッジ888倍を効率的に使いこなす方法

XMの大きな魅力となるハイレバについて、意外と知られていないことも多いので、疑問点やルールなどレバレッジに関するすべてを検証&ご紹介していきます。

XMのレバレッジは国内FXの35倍以上

海外FX業者の中でも高いレバレッジ

XMの最大レバレッジは888倍です。ご存知の通り国内FXが25倍なので、国内FXの35倍以上の倍率で取引ができる計算となります。

海外業者でありながらこの高いレバレッジが魅力となり、XMは顧客を増やし、顧客はハイレバ取引で利益を出しています。

XM国内FX
888倍25倍

国内FXと比較すると圧倒的なXMですが、その他の海外FX業者と比べても高い水準になります。

海外FXレバレッジ比較表

海外FX業者最大レバレッジ
Gemforex1000
XM888
FxPro500
FXDD500
XLNTrade400
FOREX.com200
FXCM200

XMと国内FXの資金効率の比較

XMで1円の値幅が取れれば資産は10倍に

888倍という高いレバレッジを利用できるXMの場合、1ポジションあたりに必要な最低資金である「保証金」が、レバレッジ25倍の国内FX業者と比べて、大幅に少なくて(約1/35)済むことが大きなメリットになります。

値幅が取れた場合の利益が同じであれば、少ない資金でポジションを持てる海外FXの方が負担もリスクも少なく済むこと以下の表から分かります。

もし「1ドル110円で1万通貨のポジション」を持った時の国内FXと海外FXの比較

 25倍(国内FX)888倍(海外FX)
ドル円1万通貨の必要資金4万4,000円1,100円
10pips動いた時の利益1,000円
100pip動いた時の利益10,000円

国内FXの場合は1万通貨のドル円を保有するためには4万4,000円の証拠金が必要なのに対して、海外FXの場合は1,100円で足りる計算になります。

しかし、実際に取引をするには余剰金が必要となり、一般的には「維持率400%以上の状態が理想」とされています。

その場合を想定すると以下のようになります。

「維持率400%を維持する時」の国内FXと海外FXの比較

 25倍(国内FX)888倍(海外FX)
ドル円1万通貨の必要資金4万4,000円1,100円
維持率400%
保証金17万6,000円5,500円

相場のトレンドが見えている場合も、国内FXでは17万6,000円の保証金が必要で、仮に100pipsの値幅が取れても1万円の利益にとどまります。

<参考>維持率の計算式
(有効証拠金-証拠金)÷証拠金×100=証拠金維持率(%)

仮に50万円分のドル円を保有して1円の値動きがあった場合

 25倍(国内FX)888倍(海外FX)
ドル円1万通貨の必要資金約11.4万通貨約454.5万通貨
値動き1円(100pips)
利益約11万4000円約454万5,000円

仮に50万円の資金を運用して1円の値幅を取れた場合、レバレッジ効果により資金の10倍近い約454万円が利益として残ることになります。

XMのゼロカット制度によって最大リスクはXMの方が小さいにも関わらず、同じ値幅が取れても国内FXの場合は11万4,000円の利益にとどまります。

XMでのレバレッジ・維持率・利益を計算しよう

XM レバレッジ

XMでの取引を長く続けていても、実は感覚的にしか理解できていないことは「現状の取引はレバレッジを何倍掛けているのか?」という点です。

そのような方に向けてXMTradingでは自動計算ツールが提供されています。

レバレッジの倍率を把握するためには「維持率」を確認しましょう。

自動計算ツールでわかること

・レバレッジ
・必要証拠金(各通貨ごと)
・リアルタイムスプレッド(各通貨ごと)
・スワップポイント(各通貨ごと)
・保有ポジションにおける維持率の調整額
・損益計算
・ピップ値(1Pipの変動による価格)

これらを総合的に計算することができるのが「オールインワン計算ツール」です。

【オールインワン計算ツールの使用例】

入力項目
●口座の基本通貨
口座の基本通貨を選択します。(例:JPYを選択)
●通貨ペア
通貨ペアを選択します。(例:USD/JPYを選択)
●証拠金のレバレッジ
レバレッジ(1倍-888倍)を選択します。(例:888倍を選択)
●口座タイプ
口座タイプ(マイクロ・スタンダード・XM Zero)を選択します。(例:スタンダードを選択)
●ロット数量
取引ロット数量を入力します。(例:10ロット)

この計算により以下を把握することができます。

・スワップにより収益&損益
・10Lotを取引するために必要な証拠金
・1pip動くことで得る利益

このようにハイレバレッジ取引に馴染みのない方も、自動計算式でXMTradingのトレード感覚を掴むことができます。
デモ口座での取引も含めて、これらのツールを活用してリスクを抑えたハイレバレッジ取引 で効率的なトレードを実現してください。

レバレッジの調整方法

レバレッジの変更はMyページで可能

国内FXユーザーの方の中には「888倍のレバレッジは高すぎる」と感じる人もいるかもしれませんが、これはあくまで「最大値」となり、レバレッジを調整することはできます。

カスタマーサポートへの変更依頼はできるが注意が必要

現在使っているメイン口座のレバレッジを変更したい、という方はカスタマーサポートにその旨をメールすることでレバレッジの変更ができます。

ただし、レバレッジを下げる場合は維持率が下がり、保有ポジジョンを維持できずに強制決済される可能性もあるためご注意ください。(サポートスタッフは口座状況を見ずに機械的な処理をするので文句も言えません)

追加口座を開設して新規にレバレッジを設定

以前はXMにログイン後マイページにてユーザー側でレバレッジの変更ができたのですが、2019年3月現在その機能はなくなりました。新たなレバレッジでの取引がしたい場合は「追加口座を開設する」をクリックし、口座開設の段階でレバレッジ1倍から2倍、5倍、25倍、100倍…を選択します。

ただ、せっかくXMを使うのであれば初回の口座開設時にレバレッジは888倍を選択することをお勧めします。

低いレバレッジであれば国内FXでよいですし、やはりXMの魅力は小さな資金で大きな利益が狙えることなので、その魅力を最大限活かすべきだと思います。

ゼロカット制度があるのでレバレッジを高めて少額資金での取引がお得!

自動レバレッジダウンの仕組みに注意

XMの888倍のレバレッジですが、保証金の総額によって自動的にレバレッジが下がる仕様となっているため注意が必要です。

自動レバレッジダウンの仕組み

XMでは、利益を含めた保証金の総額が以下の条件となった際に最大レバレッジが自動的に下げられます。

<レバレッジダウンの条件>

保証金が500円〜200万円未満の場合:レバレッジ888倍
保証金が200万円〜1,000万円未満の場合:レバレッジ200倍
保証金が1,000万円以上の場合:レバレッジ100倍

注意点

レバレッジダウンはポジションを保有中でも条件に達した時点で自動的に作動するために注意が必要です。

複数のポジションを保有する際、仮に1ポジションに大きな利益があり、その他がマイナスポジションだったとします。その際にプラスポジションを決済し、その利益を含めた保証金が200万円を超えた場合にレバレッジが200倍となるため、維持率低下によってマイナスポジションが即時ロスカットとなる可能性があります。

まとめ

国内FXと比較するとXMのレバレッジ888倍の資金効率の良さは明確。

ゼロカット制度により追証リスクがないXMでは、最大レバレッジでの取引がお勧めます。

指標発表時などの大きな相場変動が予想される場合などは国内FXとは別口座でXMで利益を狙うことも有効。

ただし、XMでのハイレバ取引の感覚をつかむには時間が掛かるため、自動計算ツールやデモ取引を利用してからリアル口座での取引をスタートすることもお勧めしておきます。

タイトルとURLをコピーしました