「XMトレーディング」の公式ホームページへ

XMのロットを検証<取引上限や最大ロット数など>

XMのロットを検証<取引上限や最大ロット数など> XMの使い方

ロット数はレバレッジ管理の基本になります。XMトレーディングでFXを始める場合、まず最初に戸惑うことは1回のトレードで扱う取引数量、つまりロット数だと思います。

1ロットの定義はFX会社によって違ってくるため、新しいFX会社でトレードする際には必ず確認しておきたいポイントです。

レバレッジ888倍のXMで、ロット数を間違えてトレードすると大きな損失となり得ます。この記事でXMのロットについて正しく理解しましょう。

ロット(Lot)数とは?

1ロットの通貨量はFX会社ごとにバラバラ

FXで言うロット(Lot)は取引単位のことです。国内FX会社の“多く”は「1ロットは1万通貨」としています。

しかし「1ロットは10万通貨」として設定するFX会社もあり、業界での統一ルールはありません。

「ロット」は単位を指す意味であり、「量」を指してはいないということです。そのため取引するFX会社が「1ロット=◯万通貨」に設定しているのかを把握する必要があります。

XMトレーディング攻略_パパ

国内FX「1ロット=1万通貨」&海外FX「1ロット=10万通貨」が一般的

1ロットは最小単位ではない

なお誤解されやすいですが、「1ロットの通貨量=取引可能な最小単位」ではありません。

ロットはFX会社が大口の為替取引を仲介する際に分かりやすく伝えるために、1ロットを1万通貨、または10万通貨として「まとめた」だけのものと考えてください。

FX会社によって異なりますが、0.1ロットや0.01ロットから取引できるところも多いです。

ただし1ロットあたりの通貨量が異なれば、当然0.1ロットや0.01ロットが表す通貨量も異なることに注意しましょう。

XMのロット数について

XMのロット数や最小ロットは口座タイプごとに違う

XMの口座タイプ別の1ロットあたりの通貨量

肝心のXMですが、XMは「口座タイプごとに1ロットの量が違う」システムです。

少額からトレードできるマイクロ口座は「1ロット=1,000通貨」と設定され、スタンダード口座とゼロ口座が「1ロット=10万通貨」と設定されています。

XMトレーディング攻略_ママ

マイクロ口座は小口取引用の口座だから1ロットの量も設定が小さい

<口座タイプごとの1ロットの通貨量>

口座タイプ 1ロットの定義
マイクロ口座 1ロット=1,000通貨
スタンダード口座 1ロット=100,000通貨(10万通貨)
ゼロ(ZERO)口座 1ロット=100,000通貨(10万通貨)

1ロットの新規注文をする場合、マイクロ口座では1,000通貨を取引することになり、1ドル=110円換算の場合は11万円相当の取引量です。

一方、スタンダード口座で新規注文する際の「1.00」は10万通貨となり、ドル円で言うと約1,100万円相当の取引量となります。

レバレッジが888倍なので少額資金で1ロットのポジションを保有できます。

11万円と1,100万円の額の違いは大きく、XMでは複数の口座を持つ人も多いので、新規注文の際は注意が必要。

XMで1ロットの注文に必要な証拠金

XMの3つの口座タイプでそれぞれ、ドル円を1ロット注文するのと必要最低証拠金はいくらになるのかを紹介します。なお1ドル=110円とします。

口座タイプ レバレッジ 必要最低証拠金
マイクロ口座 888倍 約124円
スタンダード口座 888倍 約12,400円
ゼロ(ZERO)口座 500倍 22,000円

なおXMは1ロットの注文に必要な証拠金が非常に低いのが特徴。

国内FX会社で10万通貨(国内FX会社は1ロット=1万通貨とすることが多いため10ロットにあたります)を保有するためには、44万円の証拠金が必要となります。

この差は国内FX会社の最大レバレッジが25倍である一方、XMでは500〜888倍のレバレッジが利用可能であることに由来します。

XMのレバレッジの優秀さなどについては次の記事を参考にしてください。

なお最低必要証拠金の求め方は下記の記事にまとめています。

XMトレーディングの最小ロットと最小取引量

XMでは取引できる最小量が設定されています。

最小取引量も口座タイプごとに違いがありますが、そのすべての最小単位は「0.01」と表記されており、これは0.01ロットを指します。

口座タイプ 最小ロット 最小取引量
マイクロ口座 0.01 ロット
(MT5は0.1ロット)
10通貨
スタンダード口座 0.01 ロット 1,000通貨
ゼロ(ZERO)口座 0.01 ロット 1,000通貨

マイクロ口座でドル円を最小単位で取引する場合は約1,100円(10通貨)、スタンダード&ゼロ口座の場合は約11万円(1,000通貨)相当のトレード額になるという計算です。

XMトレーディング攻略_パパ

最小の取引量の違いは100倍もあるから注意!

最小ロットと最低取引量の取引に必要な証拠金

XMの3つの口座タイプで最小ロット(最低取引量)の取引に必要な証拠金は次の通りです。なお1ドル=110円で計算しています。

口座タイプ レバレッジ 必要最低証拠金
マイクロ口座 888倍 1〜2円
スタンダード口座 888倍 124円
ゼロ(ZERO)口座 500倍 220円
XMトレーディング攻略_息子

スタンダード口座に220円があれば、最小取引量の1,000通貨を取引することができる計算

XMトレーディングの最大ロットと最大取引量

XMでは最大ロット数も口座タイプごとに設定されています。

最大取引量もそのFX会社が「1ロット=何万通貨」としているかによって変わります。

口座タイプ 最大ロット数 最大取引量
マイクロ口座 100 ロット 100,000通貨
スタンダード口座 50 ロット 5,000,000通貨
ゼロ(ZERO)口座 50 ロット 5,000,000通貨

最大ロットと最大取引量の取引に必要な証拠金

XMの3つの口座タイプで最大ロット(最大取引量)の取引に必要な証拠金は次のとおりです。なお1ドル=110円で計算しています。

口座タイプ レバレッジ 必要最低証拠金
マイクロ口座 888倍 約12,000円
スタンダード口座 888倍 約620,000円
ゼロ(ZERO)口座 500倍 1,110,000円
XMトレーディング攻略_息子

スタンダード口座で最大となる50ロットを取引するには、最低でも62万円が必要ということだね

XMの最大ポジション保有数

XMの最大ロット数を考える時に同時に考慮するべきなのが最大ポジション保有数です。

XMでは1回で取引できるロット数は口座タイプごとに違いがありますが、最大の保有ポジション(建玉)数はすべての口座タイプで同じです。

XMでは同時に保有するポジション(建玉)数にのみ制限があり、すべての口座タイプで200ポジションまでとなります。

XMトレーディング攻略_娘

200ポジションを超えた場合、新規注文は約定できません!

200ポジション以上を保有したい方は追加で新規口座を作り、そちらの口座で新たなポジションを保有しましょう。

XMのロット数ごとの1pipsあたりの利益

保有しているロット数によって、為替変動で生じる利益は大きく異なります。

ロット数 1pips 10pips 20pips 50pips 100pips
0.01 10円 100円 200円 500円 1000円
0.1 100円 1,000円 2,000円 5,000円 10,000円
1ロット 1,000円 10,000円 20,000円 50,000円 100,000円
10ロット 10,000円 100,000円 200,000円 500,000円 1,000,000円
100ロット 100,000円 1,000,000円 2,000,000円 5,000,000円 10,000,000円

なお保有しているロット数が大きければ大きいほど、損失が生じる方向に為替が動けば大きな損失が発生することに注意しましょう。

特に少ない口座残高でレバレッジを利用して大きなポジションを持っている場合、小さな為替変動でも証拠金維持率が減少し、ロスカットになる可能性が高いです。

ロスカットについては次の記事で詳しく解説しています。

XMのリスク管理はロット数で行う

XMのようにハイレバレッジを利用できる海外FX会社をリスクが高いと考える方もいます。

ハイレバレッジを利用すると口座残高が少なくても、大きなポジションを保有可能です。そのため大きな利益が発生することもありますが、たしかに大きな損失が発生するリスクもあります。

しかし、同時にハイレバレッジは必要証拠金を小さくして、証拠金維持率を上昇させ、ロスカットになりにくくする効果があることも忘れてはいけません。

XMトレーディング攻略_息子

「証拠金100万円✕レバレッジ10倍」と「証拠金10万円✕レバレッジ100倍」はロット数が同じなら発生する損益は同じ!

FXの資金管理は、レバレッジではなく、ロット数の調整が重要だということを理解しましょう。

まとめ

1ロット(lot)と言っても口座によってサイズが100倍も違ってくるので、くれぐれもご注意ください。間違ってエントリーすると大変なことになります。

XMの公式ホームページでは、口座タイプごとの詳細条件がまとめられているので、こちらも合わせてご確認ください。

また、もし今回の記事だけでは把握しきれなかった方は、「XMのデモ口座でトレード」をするか「XMから無料で提供される3,000円ボーナスで体験」されることをオススメします。