XMユーザー全員にamazonギフト券1,000円プレゼント中

XM MT4のサーバー名が表示されない時<追加&変更の手順>

XM MT4のサーバー名が表示されない時<追加&変更の手順> XMの取引ツール

XMでトレードを行うためには、MT4のサーバー名が必要です。ログインの際には口座開設時に指定されたサーバーを選択しなければなりません。

しかし、MT4にログインする際に、自分のサーバー名が検索リストに表示されない場合があります。そんな時の対処法として、今回はMT4のサーバー名の確認方法、表示方法、追加方法について解説していきます。

サーバー名が見つからずログインできない方も、サーバーの切り替えができない方もこの記事を読めば問題は解決します。なお、サーバー名に関係なくMT4にログインできない場合は下記の記事をご覧ください。

XMのサーバー名の確認方法

まず「XMのサーバー名」は、MT4のアカウントを発行すると割り当てられるサーバーの名前を指します。多くのトレーダーが使用するMT4の負荷を分散するためFX会社は複数のサーバーを用意しているおり、サーバー名による指定が必要になります。

XMトレーディング攻略_ママ

ログインIDとパスワードも「MT4のサーバーに入るため」の情報だよ

で、XMのサーバー名を確認する方法について紹介していきます。XMのサーバー名を確認する方法は以下の2通りです。

サーバー名を確認する2つの方法

  • 口座を開設したときにXMから送られてきたメールを確認する
  • XM会員ページ内のマイアカウントから確認する

口座を開設したときにXMから送られてきたメールを確認する

XMで口座開設した際に送られてきたメールを確認してください。口座詳細にMT4のログインIDとサーバー名が表示されています。「XM Trading-Real○○」というのがサーバー名です。

<メールに記載されるサーバー名>

XMからのメールに記載されるサーバー名

XMトレーディング攻略_娘

この画像だと「XMTrading-Real 47」が与えられたサーバー名です

このサーバー名をMT4のログイン時に選択することになります。

XM会員ページ内のマイアカウントから確認する

 もうひとつの確認方法は、会員ページにログインして、サーバー名を確認するというものです。XMにログイン後、マイアカウントの概要から、サーバー名を知りたい口座をクリックしましょう。

XMのマイページでサーバー名を確認する

それぞれの口座の概要の中に、それぞれのサーバー名が記載されていることが確認できます

XMのサーバー名を選択してMT4にログイン

 サーバー名を確認したら、MT4の取引画面からログインを行いましょう。

 取引口座のログイン情報からサーバー名を選択

XMへログインを行ったら、使用するプラットフォームを選択しましょう。メニューの「プラットフォーム」ではプラットフォームの一覧が表示されるので、どれかをクリックしてください。

XMで使用するプラットフォームを選ぶ

プラットフォームの画面が表示されたらログインを行います。

ログイン時に必要な情報

ログイン:MT4の「ログインID」を入力
パスワード:口座開設時に作成した「ログインパスワード」を入力
サーバー:自分の「サーバー名」を選択

先ほど確認したサーバー名は「XMTrading-Real47」でした。これを見つけて選択しましょう。

MT4のログイン画面

サーバー名が見つからない場合は追加しよう

MT4にサーバー名が見つからない場合、サーバー名を追加で表示させる必要があります。方法は以下の2種類です。

サーバー名を追加する2つの方法

  • 自分のサーバー名を追加する方法
  • XMのサーバー名をすべて取得する方法

自分のサーバー名を追加する方法

 MT4のログイン画面で自分のサーバー名が見つからなければ、一旦ログイン画面を閉じてください。

そして、MT4のメニューにある①「ツール」を選択し、②「オプション」をクリックしましょう。

MT4のメニュー画面でオプションを選択

オプション画面の「サーバー」で指定の箇所にサーバー名、ログインID、パスワードを入力していきます。

サーバー名は間違えないように、XMからのメールやマイアカウントに記載されているものをコピーして貼り付けましょう。

MT4の「オプション」-「サーバー」の画面

すべて入力したら「OK」をクリックします。

次に①「ファイル」の②「デモ口座の申請」をクリックしてください。

デモ口座の申請をクリック

XMトレーディング攻略_ママ

「なぜデモ口座?」と思うけど心配せずに進みましょう

右下の「スキャン」をクリックしてください。「XMTrading-Real47」横のマークが緑色に変われば成功です。

サーバー名の追加完了の確認

ここでMT4をいったん閉じて、再起動してください。サーバー名が追加されているか確認してみましょう。

「ファイル」から②「取引口座にログイン」をクリックします。

MT4の「取引口座にログイン」をクリック

ログインID、パスワードを入力。さらに先ほど追加したサーバー名が表示されているはずなので、これを選択しましょう。

追加したサーバーを確認

XMのサーバー名をすべて取得する方法

次にXMのサーバー名をすべて取得する方法を紹介します。デモ口座の申請画面よりスキャンするだけなので、とても簡単です。

まずは①「ファイル」⇒②「デモ口座の申請」の順番にクリックしてください。

「デモ口座の申請」の順番にクリック

次に「スキャン」をクリックします。早くて数十秒程度、長くても数分でスキャンが完了します。

XMのサーバー名を一括で追加&確認

接続サーバーの切り替え方法

MT4では、サーバーを切り替えることもできます。複数の口座を所有していて、別の口座を利用したいときに便利です。

MT4画面の右下にある「接続状況ステータス」をクリックしてください。

MT4の「接続状況ステータス」をクリック

接続可能なサーバー名が一覧表示されます。チェックが入っているものが現在接続されているサーバーです。接続したいサーバー名をクリックしてください。

MT4の切り替えるサーバーを選択

サーバーの切り替え先にチェックが入っていることが確認できます。これでサーバーの切り替え完了です。

サーバー切り替え完了

手動でサーバーを切り替えても、サーバー側が自動で最適なサーバー切り替えを行うこともあります。

XMのサーバーに関する疑問点

 次にXMのサーバーに関する疑問点をチェックしておきましょう。

どうしてもサーバー名が見つからない場合は?

 サーバー名が表示されないときの対処法を行っても、サーバー名が見つからない場合はどうすればよいのでしょうか?

このような場合、MT4を再インストールしてください。古いMT4はアンインストールしてしまいましょう。

その後、パソコンを再起動し、XMの公式サイトからMT4のインストールファイルをダウンロードし、インストールを行って下さい。

インストール後のMT4でも自分のサーバー名が見つからなければ、もう一度、今回ご紹介した2種類のサーバー名追加方法を試してみてください。

「無効な口座」と表示されてしまうがどうすればよいのか?

 MT4の画面右下に「無効な口座」と表示されることがあります。「無効な口座」となってしまう原因として以下のことが考えられます。

「無効な口座」となってしまう主な原因

① 口座が凍結されている
② ログイン情報の入力ミス&サーバーの選択ミス etc

ログイン情報が正しいものなのか、口座が利用可能なものなのか確かめてみてください。

XMのリアル口座は180日間トレードを行わないと、口座が凍結されます。また口座凍結時に加えて、XMの口座が有効化されていない場合も、いくらログインIDを入力しても「無効な口座」が表示されてしまいます。

ログイン情報の入力は半角やスペースも正確に行わなければなりません。また、サーバー名の選択ミスも考えられます。

XMトレーディング攻略_息子

XMリアル口座のサーバー名はどれも「XM Trading-Real〇〇」と表示されます。デモ口座や他の会社のサーバーと間違えてないかを確認

その他に考えられる要因は、別の記事「XMのMT4でログインできない原因と対処法」でご紹介しているのでご確認ください。

「回線不通!」と表示されてログインできない

MT4画面右下に「回線不通!」と表示されている場合があります。この場合、サーバーと接続ができておらず、ログインが不可能な状態となっています。

「回線不通!」と表示される原因は以下の通りです。

「回線不通!」と表示される主な原因

①ネット回線が切断されている
②サーバーが間違っている etc

ネット回線がつながっていることが確認出来たら、考えられる原因はサーバー名が間違っているということです。

再度、口座開設時のメールやマイアカウントからサーバー名をチェックしましょう。

まとめ

XMサーバーの表示方法、確認方法、追加方法について一連の流れを解説しました。もしサーバー名が見つからなければ、この記事を参考にしてみてください。今回紹介したように、サーバー名を追加することは決して難しいものではありません。

正しい手続きを行って自分のサーバーを用意し、スムーズにログインができる状態にしておきましょう。