「XMトレーディング」の公式ホームページへ

XMはDD方式かNDD方式?XMの利用メリットを検証

XMトレーディングのNDD方式を徹底検証 XMの取引ツール

投資家の注文の処理方式には、DD方式とNDD方式の2つあります。このページではDD方式とNDD方式の違いを解説したうえで、XMがNDD方式であるメリットを紹介していきます。XMの注文処理方式が気になっている方は参考にしてください。

DD方式とNDD方式の違い

FXの世界には、「投資家」「FX会社」「インターバンク(銀行など)」の3つの主体が存在します。投資家とインターバンクの間にFX会社のディーラーが介在するのがDD方式で、介在しないのがNDD方式です。詳しく解説していきます。

DD方式(OTC方式、相対取引)はディーラーが介在する

DD方式(OTC方式、相対取引)は「Dealing Desk」方式の略で、投資家とインターバンクの間にディーラーが介在します。トレーダーの注文はインターバンクに直接は注文されず、一時的にFX会社によって注文が決済されます。

そしてFX会社のディーラーが「そのトレーダーの注文がFX会社にとって利益になるのか」を判断し、「注文を通す」のか「注文を呑む」のか決定する仕組みです。

注文を呑む時、投資家とFX会社の利益は相反します。

XMトレーディング攻略_ママ困った

顧客が損をしていたら注文を通さずに損失分をFX会社の利益とするの

DD方式では投資家とFX会社の利益が相反する仕組み

DD方式のFX会社が注文を呑んだ場合、投資家とFX会社の利益は相反します。

たとえば投資家がドルの上昇を予想して、1ドル=100円のレートでドルを買ったとしましょう。そしてFX会社はドルが下がると判断して、インターバンクに注文を通さず、注文を呑んだとします。

この後ドルが105円に上がったとしましょう。投資家がドルを売ると、FX会社は1ドル=100円でドルを売った後に、1ドル105円で買うことになり、損です。そのため投資家の利益がFX会社の損失になります。

XMトレーディング攻略_パパ考える

利益を出しすぎる投資家やスキャルパーが出禁になる理由がこれね

NDD方式(インターバンク直結)はディーラーが介在しない

「No Dealing Desk」方式の略であるNDD方式は、投資家の注文をFX会社はそのままインターバンクに流す方式です。XMはNDD方式を採用しています。

NDDの特徴は取引環境の信頼性が高いことです。NDD方式では、投資家の注文をそのまま流すため、投資家が負けてもFX会社の利益になることはありません。

XMトレーディング攻略_ママ

注文のすべてがシステム管理されて注文を仲介している

NDD方式のFX会社の主要な収入源はスプレッドです。そのため投資家が取引で利益を上げてFX会社の利用を続けることが、FX会社にとって重要になります。NDD方式のFX会社が、投資家が不利になることを行うとは考えられません。

「STP」「ECN」2種類のNDD方式

NDD方式にはSTP方式とECN方式の2種類あります。

STP方式 とは

スプレッドにFX会社の利益をのせて顧客にレートを提供する方式。XMのスタンダード口座はSTP方式。「Straight Through Processing」の略。

STP方式のFX会社は投資家から注文を受けると、一時的に注文を呑んだ後、瞬時にカバー先に注文を出す仕組みです。レート次第では、カバー先に注文を出す間にFX会社が損をすることがありますが、損をしたくないFX会社によってリクオート(注文したのに約定されないことや他のレートでの提示をしてくる現象)が発生することもあります。

ECN方式 とは

投資家の注文をマッチングして処理する方式。ECN方式のマッチングはオークション形式で、売買の注文が合致すると即座に約定される。XMのZERO口座がECN方式。「Electronic Communications Network」の略。

ECN方式の特徴は0pipsからのスプレッドですが、必ずしもスプレッドが最小とは限らず、01pips以上であったり、スリッページが発生することもあります。利益は取引手数料として取引ごとに投資家から徴収します。

XMトレーディングがNDD方式であるメリット

XMトレーディングがNDD方式である主なメリットは次の3つです。

不利な取引条件にならない

NDD方式のXMトレーディングは不利な取引条件になることはありません。

国内FX会社に多いDD方式の会社では、FX会社と投資家の利益が相反するため、以下のような行為を行うことがあります。

・ストップ狩り
・不利なスリッページ
・故意のレート変更
・故意のリクオート
・故意のシステムダウン

しかしXMはNDD方式のため、投資家の利益がFX会社の利益といっても過言ではありません。そのため上記のような不利な取引条件になることはなく、よりよい取引環境でトレードすることができます。

トレードの自由度が高い

NDD方式のXMトレーディングはトレードの自由度が高いです。

DD方式のFX会社は、投資家の注文をディーラーが処理する必要があるうえ、投資家の利益が会社の損失になることがあります。そのためDD方式ではスキャルピングや自動売買ツールの利用などが禁止されているケースが多くなります。

しかしNDD方式のXMにとって、スキャルピングであれ、自動売買ツールであれ、投資家がトレードをすればするほど利益になります。そのためNDD方式に取引制限はほとんどなく、1秒スキャルピングや超高速の自動売買も可能です。

約定率が高い

XMトレーディングがNDD方式である最後のメリットは約定率が高いことです。

約定率とは、投資家が出した注文が、意図した通りに成立する確率を指します。たとえば、成り行き注文を出した際に表示されているレートで成約することが多ければ約定率が高く、スリッページや約定拒否が発生すれば約定率が低いということです。

DD方式はディーリングデスクが介在するため、約定率が低い傾向があります。一方でNDD方式は投資家の注文がインターバンクに直結するため、約定率が高いです。

さらに下表の通りXMはNDD方式を採用するFX会社の中でも、とりわけ高い約定率を誇ります。

約定力
(執行率)
約定率 約定スピード(平均) 約定スピード(最高)
XM 100% 99.3% 0.336秒 0.277秒
AXIORY 99.92% 99.00% 0.297秒 0.298秒
TitanFX 99.70% 99.32% 0.450秒 0.266秒
FXPro 94.81% 92.10% 0.379秒 0.343秒
FXDD 99% 91.30% 0.308秒 0.203秒

XMトレーディングがNDD方式であるデメリット

XMがNDD方式であるデメリットは、DD方式のFX会社よりも、スプレッドが広いことです。

DD方式のFX会社は投資家が負けさえすれば、会社の利益を確保することができます。そのため、スプレッドで大きな利益を得る必要がなく、スプレッドを狭くすることが可能です。

一方でNDD方式のFX会社の収入源はスプレッドのため、DD方式の会社よりもスプレッドを広く設定せざるを得ません。

しかしXMはスプレッドが広い分、XMポイントやボーナスなどの方法で投資家に選ばれる環境づくりに注力しています。XMのスプレッドは広いがNDD方式でクリアな取引環境を提供し、その他の点で企業努力を続けていると言えます。

XMトレーディングの口コミ

NDD方式であるXMに関する口コミを紹介します。

スプレッドが広い

DD方式である国内FX会社のドル円の平均スプレッドは0.5pips未満がほとんどですが、XMのドル円のスプレッドは1.6。やはりスプレッドが気になる方が多いです。

透明性が高い

Twitter

スプレッドは広いものの、NDD方式で透明性が高いため、XMを利用しているという方が多いです。とりわけ資金が大きい人は、不利な取引条件や口座凍結を避けるためにXMをおすすめします。

XMの「注文方法」よくあるご質問

A. 必ずしもZERO口座がお得とはいえません。

ZERO口座はスタンダード口座やマイクロ口座に比べればスプレッドが狭いです。しかしボーナスやXMポイントが貰えないというデメリットがあります。

スプレッドが狭くてもボーナスやXMポイントをもらえない場合、必ずしもゼロ口座がお得とは言えなくなります。

A. XMはトレーダーの注文を直接インターバンクに流すNDD方式です。

NDD方式の会社はDD方式の会社よりもスプレッドが広い傾向がありますが、より信頼性の高いトレードができます。

A. XMのマージンコールは50%です。

XMのマージンコールは証拠金維持率が50%を切った時に発せられます。

証拠金維持率が50%を下回ると登録メールアドレス宛に、追加入金を促すメールが来る仕組みです。なお20%を下回ると強制ロスカットが実行されます。

A. スタンダード口座で平均1.6pips、ZERO口座で1.1pips(取引手数料込)

日本人トレーダーが頻繁にトレードするドル円のスプレッドはスタンダード口座とマイクロ口座で平均1.6pips、ZERO口座で1.1pips(取引手数料込)です。この時点で他の海外FX会社と比べてスプレッドはやや狭目と言えます。

さらにXMではトレードする度にもらえるXMポイントを受け取ることができ、1ロット3.3ドル~6.6ドルのキャッシュバックとなります。そのためドル円の実質スプレッドは0.94pips~1.27pipsです。

A. XMで複数口座を開設するメリットはいくつかあります。

  • トレードスタイルによって口座を使い分けることができる
  • XMポイントを早く貯めることができる
  • ボーナスを利用したハイレバレッジトレードができる
  • 複数ポジションを保有する際のロスカット対策になる

この他にもXMに追加で口座を持つメリットは多くあります。なお、XMでは最大で8つまで口座を持つことができます。

A. はい、可能です。

公式サイトのQ&Aにて、経済指標トレードは可能である旨が記載されています。

しかし経済指標トレード時にゼロカットシステムを利用して、ハイレバレッジトレードを行うと、XMの禁止する「ゼロカットシステムの乱用」と判断される可能性があるので注意しましょう。経済指標トレード時にハイレバレッジを乱用しないようにしましょう。

A. はい、可能です。

XMは公式サイトのQ&Aで、スキャルピングを認めているとしています。

XMは約定力が高く、スプレッドもNDD方式の海外FX会社の中では比較的狭い方です。またゼロカットシステムがあり、最大888倍のレバレッジが利用可能なため、スキャルピングに向いています。

Load More

まとめ

投資家とインターバンクの間にFX会社が介在するのがDD方式で、介在しないのがNDD方式です。DD方式ではFX会社と投資家の利益が相反し、投資家の損失が会社の利益になることがあります。一方でNDD方式では投資家とFX会社の利益は相反しません。

XMトレーディングはNDD方式のため、スプレッドが広いですが、DD方式のFX会社よりも取引環境が整っており、トレードの自由度が高いです。とりわけ多くの資金を入れてトレードを行いたい方は、XMトレーディングのようなNDD方式のFX会社を選ぶことをおすすめします。