XMユーザー全員にamazonギフト券1,000円プレゼント中

MT4&MT5はデモ口座で始めるのがおすすめ

MT4&MT5はデモ口座で始めるのがおすすめ XMの取引ツール

はじめてMT4(MT5)を利用する方は、MT4(MT5)以外のトレードプラットフォームでのトレード経験があってもデモ口座からはじめることをお勧めします。

本記事ではFXトレーダーにMT4(MT5)がおすすめの理由と、MT4初心者にデモ口座がおすすめの理由、デモ口座とリアル口座の違いを紹介していきます。

「誤ったプラットフォームを選んで利益が出ない」「最初からリアル口座でトレードをして損失が発生する」といったことを防ぐために参考にしてください。

FXトレーダーにMT4(MT5)がおすすめの理由

インジケーターの種類が豊富

MT4(MT5)には標準でトレンド系とオシレーター系の30種類以上のインジケーター(テクニカル指標)が装備されています。

さらにユーザーはオリジナルのインジケーターを作成可能です。無料もしくは有料で公開されているインジケーターを含めれば膨大な数のインジケーターを利用できます。MT4が世界で4,000万人以上に使用されているからこそでしょう。

トレード画面のカスタマイズも簡単

MT4(MT5)の「定型チャート」と「チャート組表示」機能を利用すれば、自分専用チャート設定を記録してトレード画面のカスタマイズが可能です。

MT4を使っていると自分の好きなチャートの色やチャートのタイプ、インジケーターなどが決まってきます。

XMトレーディング攻略_息子

MT4の魅力である「見やすさ&使いやすさ」を引き出そう

また通貨ペア別に複数のチャートをまとめて整理したくなるかもしれません。そんな時にカスタマイズを利用すれば、チャート分析の作業効率を改善できます。

自分に合ったカスタマイズを見つけるために、デモ口座で大雑把にイジりながら検討することをおすすめします。

XMトレーディング攻略_ママ

MT4の魅力は何よりも「豊富なインジケータ」。インジケータもチャート画面も使いやすいようにカスタマイズできれば上級者!

スマホ・iPadでの外出先でのトレードも便利

MT4(MT5)はiOSやAndroidにも対応しており、スマホアプリで便利に外出先でトレードが可能です。スマホでも横画面にすればMT4のチャートも十分なサイズとなり、ストレスなくチャート分析&トレードができます。

ただ、MT4(MT5)のスマホトレードも慣れるには少し時間が掛かるのでデモ口座を活用しましょう。スマホ版のMT4を使いこなせるようになれば、日常生活の中でさらに上手くFXと付き合っていけます。

XMトレーディング攻略_パパ

スマホ版MT4の活用ができてない人は、まずデモで試すべき!

海外FX会社はもちろん国内FXでも利用可能

MT4(MT5)は国内FX会社でも利用可能です。

GMOクリック証券やDMM.com証券、外為どっとコムといった国内の口座開設数トップのFX会社の多くはオリジナルプラットフォームを採用しており、2020年8月時点でMT4には対応していません。

しかし「OANDA JAPAN」や「楽天証券」「外為ファイネスト」をはじめとする複数の国内FX会社で利用できます

海外FXと国内FXの両方を利用する場合、プラットフォームが異なると面倒ですが、MT4なら同一プラットフォームを利用できるのは魅力的です。

XMトレーディング攻略_ママ喜び

海外FXユーザーに限らずMT4は使えた方が有利だよ

MT4やMT5のインストールがまだの方は下記よりDL&設定ください。

MT4(MT5)初心者にデモ口座がおすすめの理由

インジケーターを試せる

MT4(MT5)に無数に存在するインジケーターを試すのにもデモ口座は便利です。インジケーターが豊富なのはMT4(MT5)の代表的なメリットの1つでしょう。

ネットや書籍でテクニカル分析を学んだ場合、そのほぼすべてのインジケーターはMT4で使用できると思います。

取引ツールによってはマイナーなインジケーターは使えない場面があったり、細かな設定ができないこともありますが、MT4(MT5)では詳細設定まで出来ます。まずはデモ口座を利用して、勝てるテクニカル分析を探しましょう。

XMトレーディング攻略_ママ

テクニカル分析は成功体験が大事!だから、デモ口座で実際に試して身につけよう!

カスタマイズを試せる

デモ口座ならカスタマイズを気兼ねなく試せます。MT4(MT5)の魅力の1つはトレード画面をカスタマイズできることです。しかし最初から自分に合ったカスタマイズを見つけるのは難しいでしょう。

そこで実際にトレードを行いながら自分に合ったカスタマイズを見つけるのが重要になりますが、リアル口座でトレードを行っているとその間に損失が発生する可能性があります。カスタマイズを試している間はデモ口座を利用するのがおすすめです。

XMトレーディング攻略_娘

デモ口座だと思うと乱暴に色々と試せる

MT4とMT5の違いを実感できる

MT4とMT5には違いがあります。「動作スピードはMT5の方が速い」という評価ですが、この違いは実際に使ってみないと実感できません。テスト取引を本番で行うのはリスクなので、これらの違いをデモ環境で試すことをおすすめします。

<MT4とMT5の違い>

MT4MT5
動作スピード遅い早い
時間足9種類21種類
気配値ウィンドウ機能が少ない機能が多い
スマホアプリ機能が少ない機能が多い
標準搭載のインジケータ30種類38種類
インジケータ・EAの数豊富少ない
板情報なしあり
XMトレーディング攻略_ママ

これからメタトレーダーを使う人はMT5から慣れた方が良いかも!

ハイレバFXに慣れる

ハイレバレッジトレードは国内FXの25倍のトレードと勝手が違います。ハイレバレッジをかけていると、小さな価格変動で証拠金維持率が急激に変動しロスカットになるなど、違いは多くあります。

MT4(MT5)初心者の中には、ハイレバレッジを利用したトレードに慣れていない方も多いでしょう。慣れていない方がいきなりリアル口座でハイレバレッジトレードを行うのは危険です。

XMトレーディング攻略_パパ

MT4のデモ口座でハイレバでのロスカットなどを経験しておこう

まずはデモトレードでハイレバに慣れ、自分に合った利食い幅や損切り幅など、ハイレバトレード手法を見つけてからリアル口座に移ることをおすすめします。

トレード手法を試せる

FX自体に慣れておらず、まだトレード手法を確立できていない方は、MT4(MT5)のデモ口座を利用して様々なトレード手法を試しましょう。

ネットや書籍にはおすすめのトレード手法が紹介されていることがありますが、FXは90%以上の方が負けると言われているのは、画一的な手法では利益を出すのが難しいからです。

デモ口座を利用して自分の性格や生活習慣、資金、利用しているFX会社に合ったトレード手法を見つけましょう

XMトレーディング攻略_娘

デモでいっぱい試して、いっぱい失敗した方がいい!

■関連記事:MT4の設定方法について<Winユーザー&Macyユーザー

MT4のデモ口座とリアル口座の違い

スプレッドが違う

デモ口座とリアル口座ではスプレッドが違うことが多くあります。ほとんどのFX会社ではデモ口座とリアル口座は連動しており、同じレートとスプレッドが配信されています。

しかしデモ口座は市場に繋がっていないため、リアル口座の方がスプレッドが大きくなる傾向があります。

利食い幅や損切り幅はスプレッドの大きさとの兼ね合いが重要です。デモ口座でトレード手法を試す際には、自分がメインでトレードする時間帯の実際のスプレッドを把握したうえで「リアル口座でも勝てるのか」を確認しましょう。

XMトレーディング攻略_ママ

リアル口座は相場状況に応じてFX会社側でスプレッド調整(リスクヘッジ)をしている

約定力が違う

デモ口座は市場につながっていないため、より素早く約定します。値動きが小さい時間帯であれば、大きな違いは感じないかもしれません。

しかし経済市場発表時など、値動きが激しい時間帯ではデモ口座とリアル口座の約定力の大きな違いが現れる可能性があります。

デモ口座で利益を得られるようになっても、いきなりリアル口座で値動きが激しい相場で大きな取引をするのは避けましょう。

XMトレーディング攻略_パパ

相場変動時はサーバーに負荷が掛かって約定力は落ちてしまう

プレッシャーの大きさ

デモトレードは損失が発生しないためプレッシャーが少ないです。そのため感情を排除して、より合理的に判断し、トレードが上手くいくことがあります。

一方リアルトレードで負ければ、実際に自分の資金が減っていくため、プレッシャーが大きいです。そしてプレッシャーで合理的に判断できなくなり、「デモトレードでは勝てたのに、リアルトレードでは負ける」といったことが起こります

カスタマイズやトレード手法、インジケーターを試したり、ハイレバに慣れるために最初はデモ口座を利用するのがおすすめです。

XMトレーディング攻略_パパ考える

リアル口座だとついつい利益確定が早くなり「損大利少」になっちゃう人が多いみたい

なお、海外FXのXMでデモトレードを試す場合は下記よりお申し込みください。