XM提供の「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

XMでスワップポイントを稼ぐおすすめ通貨ペアランキング|2022年10月更新

取引テクニック

XM(XMTrading)は、最大1,000倍のレバレッジを掛けられるため、少ない資金でスワップポイント狙いの長期投資が可能です。

通貨間の金利差によって発生するスワップポイントは、実は海外FX業者が個別にポイントを決定しています。そのため、業者ごとにスワップポイントには差があり、それに従って狙い目となる通貨ペアも異なります。

今回は、スワップポイントの高さも魅力であるXMで、スワップ投資をする際におすすめの通貨ペアをランキング形式でご紹介します。

XMのスワップ狙い通貨ペアおすすめランキング(2022年10月現在)

通貨ペアポジションスワップポイント
1位ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)売り3,438円
2位ユーロ/ハンガリーフォリント(EUR/HUF)売り2,665円
3位USドル/トルコリラ(USD/TRY)売り1,962円
4位USドル/ハンガリーフォリント(USD/HUF)売り1,778円
5位ユーロ/南アフリカランド(EUR/ZAR)売り1,497円

2022年10月 現在

全体的に見ると、トルコリラ、ハンガリーフォリント、南アフリカランドを含んだ通貨ペアでスワップポイントが大きい傾向があります。このような国では、金利が高く設定されているため、ドルやユーロなどの低金利通貨との金利差が大きくなります。

高金利通貨と低金利通貨のペアが狙い目!

上記の通貨ペアのポジションを保有していれば、安定的に大きなスワップポイントを得られるでしょう。それでは、スワップポイントを狙った取引におすすめの通貨ペアと取引戦略についてご紹介します。

1位:ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)

1位は、ユーロとトルコリラの通貨ペアです。

1lot(10万通貨))のショートポジションには、3,438円のスワップポイントが付与されます。

トルコリラといえば、高金利通貨の代表格としての評判を得ています。政策金利24%という一時期の高金利は見られませんが、2022年8月の政策金利は14.00%と他通貨に比べると高い水準を維持しています。

日足のチャートを見ると、レートは上昇傾向にあります。現状での長期トレンドは上方向と見てよいでしょう。ただし、やや上昇の圧力が弱まってきており、一旦の調整局面に入る可能性は高いと判断できます。

<ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)の日足チャート>

ユーロ/トルコリラのショートポジションを保有すれば、1日で3,400円以上のスワップポイントが得られます。仮に1lotを1か月保有するとすれば、貯まるスワップポイントは、3,438円×30日=103,140円です。

中長期的な上昇の波に飲み込まれない限り、ショートポジションを保有し続ければ利益が積み重なっていく計算になります。

ユーロ/トルコリラのスワップポイント投資は、下記の記事で詳しく解説しています。

2位:ユーロ/ハンガリーフォリント(EUR/HUF)

2位は、ユーロとハンガリーフォリントの通貨ペアです。

1lot(10万通貨)のショートで、2,665円のスワップポイントを受け取れます。

ハンガリーの法定通貨であるハンガリーフォリントは、日本人にはあまり馴染みの無い通貨ですが、現在の金利は7.75%と、高金利通貨として注目が高まっています。

2021年6月の利上げスタート前の政策金利は、わずか0.6%でした。しかし、その時点から10回以上の利上げを通じて、現在では金利水準が10倍以上に引き上げられたことになります。

日足のチャートを見ると、全体としては緩やかな上昇トレンドであることが分かり、安易にショートを仕掛けることは危険です。

                <ユーロ/ハンガリーフォリント(EUR/HUF)の日足チャート>

ただし、ところどころで大きな調整が見られるため、これを狙って1週間~2週間ポジションを持ち続ける戦略は有効といえるでしょう。

3位:USドル/トルコリラ(USD/TRY)

3位は、USドルとトルコリラの通貨ペアです。

1lot(10万通貨)のショートポジションに、1,962円のスワップポイントが付与されます。

日足のチャートを見ると、ユーロトルコリラのチャート形状と非常に良く似ており、レートは上昇傾向にあります。

しかし、ここまで上昇トレンド期間が長かったこともあり、一旦の下落局面に入る可能性は大いにあるでしょう。

<USドル/トルコリラ(USD/TRY)の日足チャート>

ショートを行う際は、大陰線の出現などの下落シグナルを確認してからにしましょう。エントリーの際は、トルコリラだけでなくドルインデックスの強弱にも気を付けながら取引を行うことをおすすめします。

4位:USドル/ハンガリーフォリント(USD/HUF)

4位は、USドルとハンガリーフォリントの通貨ペアです。

1lot(10万通貨)のショートで、1,778円のスワップを受け取れます。

米ドルはEURユーロよりも金利が高いため、ユーロ/ハンガリーフォリント(EUR/HUF)ほど高い水準のスワップは受け取れませんが、それでも十分な高スワップといえます。

日足チャートを見ると、ドル高の影響も受けて、上昇トレンドが形成されています。このような相場環境の中、安易にショートポジションを持ち続けることは危険と考えられます。

         <USドル/ハンガリーフォリント(USD/HUF)の日足チャート>

そんな中で狙い目は、米国の経済指標の悪化などで、米国の景気後退懸念が高まった時です。

米国の景気後退懸念が高まれば、米国長期金利低下→ドルインデックス(DXY)下落→USドル/ハンガリーフォリント(USD/HUF)下落という流れの発生が予測できるため、キャピタルゲインでも利益を得るチャンスが大きくなります。

5位:ユーロ/南アフリカランド(EUR/ZAR)

5位は、ユーロと南アフリカランドの通貨ペアです。

1lot(10万通貨)のショートポジションにつき、1,497円のスワップポイントが付与されます。

南アフリカのランドも、高金利通貨として有名です。コロナショック後は金利が引き下げられたものの、その後は段階的に政策金利が引き上げられ、2022年8月現在は5.50%に設定されています。

ユーロ/南アフリカランドは、中長期的なトレンドが下落方向です。そのため、スワップポイントだけでなく、キャピタルゲインの利益も狙えます。

<ユーロ/南アフリカ(EUR/ZAR)の日足チャート>

また、ショートでエントリーを行い、上昇相場に転じるまで保有し続ければ、スワップポイントの大きな蓄積も期待できます。

なお、XMのスワップポイント一覧や現在の状況は、公式ホームページから確認できます。

スワップで稼ぐなら今がチャンス!

XMの会員ページへ

まとめ:ショートを狙える通貨ペアを見極めよう

2022年は利上げの年

今回は、XMのスワップポイントを狙ったトレードのおすすめ通貨ペアを紹介しました。スワップポイントは、GEMFOREXやBigBossなど、海外FX会社ごとに異なるのでご注意ください。

コロナショック後、トルコリラなど高金利通貨の政策金利は下落傾向にあり、それに伴いスワップポイントの恩恵も受けにくくなっていました。

しかし、コロナショックからの回復とともに、高金利通貨国の政策金利で相次いで利上げが行われ、現在ではスワップポイントを狙ったトレードには十分なウマ味があるといえるでしょう。

ただし、ロングとショート両方ともマイナススワップの通貨ペアも多いので、FX取引の際にはプラスのスワップポイントが発生するかしっかりと確認しておく必要があります。

また、今回紹介した5通貨ペアは、スワップポイントを受け取るためには、すべてショートポジションを保有しなければなりません。そのため、できるだけ短期間でトレードを行い、上昇トレンドに飲み込まれないように注意する必要があります。

どの通貨もチャンスはありますが、今後もドル高傾向が続く可能性が高いことから、ユーロクロスの通貨ペア(ユーロ/トルコリラ・ユーロ/ハンガリーフォリント・ユーロ/南アフリカランド)が狙い目です。

スワップ3倍デーを狙った短期のスワップ投資をXMで狙う人も多い!

XMのスワップ3倍デーは毎週木曜日の朝だよ!

本日(リアルタイム)のスワップ値を見る

モバイルバージョンを終了