XM提供の「今日のマーケット情報」をYouTubeで観る

XMのUS30(ダウ平均/NYダウ)の取引方法|スプレッドや証拠金を解説

XMのCFD

海外FX業者のXM(XMTrading)では、株価指数のNYダウ(US30)も取引可能です。NYダウとは、ナスダックとニューヨーク証券取引所に上場する、代表的な30銘柄の平均から算出された、アメリカの歴史ある主要株価指数です。

今回の記事では、NYダウの基礎情報や取引手順、おすすめのトレード手法、注意点を解説します。XMがおすすめできるメリットもまとめたので、ぜひご参考ください。

NYダウ(US30)とは?

NYダウ(US30)は、アメリカで最も古く代表的な株価指数です。正式名称は「ダウ工業株30種平均」で、1896年から公表されています。

ウォールストリートジャーナルを発行する米国のニュース通信社「米ダウ・ジョーンズ」社が、ナスダックとニューヨーク証券取引所に上場する代表的な30銘柄の平均から算出しています。

銘柄にはアップルやマイクロソフトなどの世界的企業が名を連ね、時代に合わせて銘柄が入れ替わるため、理論上は株価が上がり続ける指数としても知られています。

XMトレーディング攻略_ママ

NYダウはCFD取引の入門にもオススメ!

US100とUS30の違い

ナスダック100(US100)は、ナスダック(NASDAQ)に上場する時価総額上位100社を対象とした株価指数です。ナスダックは、世界で2番目に大きなアメリカの電子証券取引所のことです。

US100とNYダウ(US30)の大きな違いは、算出方法と銘柄の選び方です。

US100US30
算出方法加重平均株価平均
金融会社含まない含む

加重平均は、株価平均にパラメータが追加されます。US100の場合、パラメータは時価総額です。一方、株価平均は、対象銘柄の合計価格を銘柄数で割って計算されます。

単純な平均値の株価平均よりも、追加要素が含まれる加重平均の方が、高い精度で相場の実体を表しています。

XMのNYダウ(US30)は2種類

現物(US30Cash)と先物(US30)の違い

XMのNYダウには、NYダウ現物(US30Cash)とNYダウ先物(US30)の2種類があります。現物と先物の違いは、以下の通りです。

現物先物
限月なしあり
最小スプレッド2.5ドル5.0ドル
スワップポイントありなし
配当金ありなし
シンボル名US30CashUS30-月年

現物のシンボル名は「US30Cash」です。一方で先物は「US30-月年」のように、ハイフンの次に限月(取引期限)が続いて表記されます。

先物の取引期限「限月」とは?

先物取引には、限月(げんげつ)と呼ばれる取引期限が存在します。XMの先物銘柄は、限月が3ヶ月に設定されています。

NYダウの先物銘柄は「US30-月年」と表記され、例えば「US30-SEP22」の限月は2022年の9月です。

また、先物銘柄には、銘柄ごとに取引開始日、取引終了日、満期日が設定されています。満期日になると、未決済のポジションは自動的に決済されます。

先物銘柄の日数設定

取引開始日:通常売買は取引終了日の前日まで可能
取引終了日:保有ポジションの決済のみ可能(満期日の前日)
満期日:未決済ポジションは強制決済される

先物の取引スケジュールは、XMの公式ホームページの取引商品、または取引ツール(MT4/MT5)の銘柄詳細で確認できます。

XMトレーディング攻略_パパ

先物は期日を過ぎると強制決済されるから注意してね!

XMのNYダウ(US30)の基本情報

取引条件

現物先物
シンボルUS30CashUS30
内容Wall Street 30Wall Street 30
必要証拠金率1%1%
最低価格変動0.010000.01000
値動きの最小値0.010.01
1ロットあたりの価値1 Wall Street 30 index1 Wall Street 30 index
最低スプレッド2.5ドル5.0ドル
最小/最大取引サイズ0.1/125001/12500
買いスワップ値-4.96
売りスワップ値-0.67
指値および逆指値のレベル00

1ロットの必要証拠金

XMの必要証拠金は、以下のように計算されます。

必要証拠金=取引ロット数 × 取引単位 × 市場価格 ÷ レバレッジ

取引単位は、1ロットあたりの通貨量(コントラクトサイズ)を指します。NYダウの場合、取引単位は1、レバレッジは最大100倍です。

例えば、市場価格が33,000ドルの時に、1ロットを最大レバレッジで保有するのに必要な証拠金は以下の計算になります。

必要証拠金=1ロット × 1単位 × 33,000ドル ÷ 100倍

この場合、必要証拠金は330ドルと算出されるので、日本円ではおよそ44,000円となります。また、XMでは、0.01ロットから取引が可能なので、ワンコインでポジションを持つこともできます。

XMトレーディング攻略_娘

まずは少ないロットから取引してみるのもありだよ!

損益の計算

損益は「ロット数 × 値幅」で計算できます。

また、33180.05ドルから33181.15ドルへ価格が動いた時、1ロットの値幅は以下のようになります。

値幅=1ロット × 1.10ドル

買いポジションならプラス(利益)で、売りポジションならマイナス(損失)です。

現物取引のスワップポイント

XMのNYダウでは、現物取引のみスワップポイントが発生します。ただし、買いと売りポジションどちらもマイナススワップなので、日をまたいで保有すると毎日スワップポイントが引かれます。

スワップポイントは変更されるので、定期的に最新値を確認することがおすすめです。XMでは、公式ホームページと取引ツール(MT4/MT5)から確認できます。

US30-現物取引のスワップポイント

現物銘柄のスワップポイントを確認すると、ロングスワップが「-4.87」でショートスワップが「-0.67」です。

スキャルピングやデイトレードではスワップポイントを気にする必要はありませんが、日をまたぐスイングトレードなどでは保有コストになるので、事前に確認しておきましょう。

XMトレーディング攻略_男の子

日をまたぐ時はスワップポイントに気をつけてね!

現物取引の配当金

XMのNYダウでは、現物取引において配当金が発生します。配当日に買いポジションを持っていれば受け取れますが、売りポジションを持っているとトレーダーが支払う必要があります。

配当の発生日と金額は、公式ホームページの株価指数ページの「指数配当金」で確認できます。

NYダウ(US30)-現物取引の配当金

アフィリエイト報酬

現在、NYダウのアフィリエイト報酬は、現物が1.15ドル/ロットで先物が2.25ドル/ロットです。

XMにはパートナーシップ制度があり、IB(イントロデューシングブローカー)としてXMに登録し、XMにトレーダーを紹介するとアフィリエイト報酬を獲得できます。

紹介したトレーダーの取引に応じて、継続的に報酬が入る点がメリットです。アフィリエイト報酬は銘柄ごとに設定されており、パートナーサイトにログインして利用規約から確認できます。

XMのNYダウ(US30)がオススメの4つの理由

XMがNYダウにオススメの4つの理由

・スプレッドが狭い
・ハイレバトレードができる
・FXと同じ口座で取引できる
・ゼロカットシステムで安心

スプレッドが狭い

NYダウの最小スプレッドは、現物が2.5ドルで、先物は5ドルです。他の海外FX業者の場合、NYダウのスプレッドが5ドルや10ドル以上に設定されてることもあります。

また、XMでは株価指数を含めて、CFDはすべての口座タイプでスプレッドが同じです。そのため取引手数料が無料の、スタンダード口座とマイクロ口座がおすすめです。

ハイレバトレードができる

XMのNYダウの最大レバレッジは、現物と先物ともに100倍です。さらにXMのNYダウは、口座残高によるレバレッジ制限もありません。そのため口座残高に関係なく、常に最大レバレッジ100倍で取引できます。

国内FX業者の株価指数(株式指数)は、最大レバレッジ10倍ほどに制限されています。そのため、XMでは国内業者と比べて、1/10ほどの資金で取引ができます。

XMトレーディング攻略_ママOK

レバレッジ制限はないから、いつでも100倍で取引できるよ!

FXと同じ口座で取引できる

XMでは、NYダウなどのCFDとFX通貨ペアは、同じ口座で管理されます。対して国内のFX業者は、通貨ペアとCFDのアカウントや口座が分かれていることもあります。

XMの方が資金管理しやすく、さらに口座間の資金移動も無料です。

ゼロカットシステムで安心

XMはゼロカットシステムを完備しているので、借金のリスクがありません。ゼロカットシステムとは、もし口座残高がマイナスになっても、ゼロに戻してくれるサービスです。

国内のFX業者は、トレーダーの損失補填が禁止されています。そのため万が一資金以上の損失が出たら、追加証拠金(追証)をするリスクがあります。

そのため、XMなら口座残高以上の損失を出す心配はないので、ハイレバで思いっきり勝負できます。

XMトレーディング攻略_娘

ハイレバトレードするなら追証なしのゼロカットシステムは必須!

XMのNYダウ(US30)のMT4/MT5の設定方法

XMで口座開設

まずはXMの公式ホームページから口座開設を行います。その際、組織名(「Tradexfin Limited 」など)や取引プラットフォーム、口座タイプを選択しますが、いずれを選択してもNYダウの取引は可能です。

MT4/MT5をダウンロード

口座開設時に選んだMT4、またはMT5を公式ホームページのプラットフォームメニューからダウンロードします。MT4/MT5には、パソコン版とアプリ版があります。また、ウェブトレーダーとの併用も可能です。

XMの取引ツール

パソコン版:WindowsまたはMacOS対応
アプリ:スマホとタブレット(アンドロイドとiOS対応)
ウェブトレーダー:ブラウザ版(ダウンロード不要)

公式ページで端末ごとにダウンロード手順が解説されており、MT4のパソコン版はYouTube動画も公開されています。

MT4/MT5でNYダウ(US30)を表示

MT4/MT5のパソコン版

MT4/MT5を起動後は、銘柄を表示してから取引やチャート表示を行います。

パソコン版はまず気配値を右クリックして、「全て表示」へ進みます。NYダウの現物は「US30Cash」、先物は「US30-◯◯」表示です(◯◯は限月)。銘柄を右クリックすると、発注やチャート表示ができます。

NYダウ(US30)-MT4/MT5のパソコン版の表示方法

MT4/MT5のスマホアプリ版

次にスマホアプリの表示手順です。気配値メニュー上部の検索窓をタップします。

現物は「Cash Indices」から「US30Cash」を選択しましょう。

NYダウ(US30)-MT4/MT5スマホアプリのUS30Cash

先物は「Indices」から「US30-◯◯」を選択します。

NYダウ(US30)-MT4/MT5スマホアプリのUS30-月年

銘柄の「+」をタップして気配値へ表示させて、銘柄をタップすればトレードやチャート表示ができます。

XMのNYダウ(US30)のオススメのトレード手法

オススメのトレード手法

現物:スキャルピング・デイトレード
先物:中長期的なスイングトレード

現物はスキャルピング・デイトレード

NYダウの現物は、先物よりもスプレッドが狭く、マイナスのスワップポイントが発生します。

そのため、現物銘柄は取引回数が多いスキャルピングや、その日のうちにポジションを決済するデイトレードがおすすめです。

先物は中長期的なスイングトレード

NYダウの先物は、現物よりもスプレッドが広く、マイナスのスワップポイントは発生しません。

そのため先物銘柄は、中長期的なトレンドを踏まえて、取引回数が少なく日をまたいて保有するスイングトレードに向いています。XMの先物は3ヶ月まで保有でき、配当金が発生しないので売りポジションも気軽にもてます。

XMのNYダウ(US30)と日経225の関係

アメリカのGDP(国内総生産)は、2019年に世界の約25%を占めており、世界経済の中心です。そして、「アメリカは日本の10年先をいく」という言葉もあるように、NYダウと日経平均(日経225)には相関があります。

一般的にNYダウと日経平均は、似たような動きで連動しています。価格が連動する理由は、日本株は海外投資家からも買われるからです。

米国は世界経済の中心なので、まず米国株が世界中の投資家から注目されます。また、日本株購入者の約60%は、海外投資家です。そのため、米国株の購入余剰金で、日本株が買われるケースも珍しくありません。

上記の理由から、NYダウの価格を、日本株が追いかける傾向が出やすいのです。NYダウと日経平均の連動を意識した上で、今後の動向を予測してトレードすることをおすすめします。

XMのNYダウ(US30)の注意点

取引時間の注意点

NYダウの取引時間は、平日ほぼ24時間可能です。

月曜日〜木曜日金曜日
夏時間07:05〜05:5507:05〜05:50
冬時間08:05〜06:5508:05〜05:50

夏時間は4月〜9月、冬時間は10月〜3月が目安です。

米国祝日や年末年始は、取引時間の変更や閉場の場合があります。最新情報はXMの公式ホームページや、案内メールでチェックできます。

現物取引の注意点

現物取引では、スワップポイントと配当金が発生します。

スワップポイントは、買いと売りポジションどちらもマイナスが基本です。日をまたいでトレードする時は、コスト意識をもちましょう。

また、配当金は買いポジションで受け取り、売りポジションで支払います。売りポジションの場合は、同じくコストになるので注意ください。

先物取引の注意点

先物取引は限月があるので、取引期間は最大3ヶ月です。そのため、終了日から逆算して、利益を最大化する決済ポイントを見極めることが重要です。

満期日に未決済ポジションは強制決済されるので、手動決済は前日までに済ませましょう。

XMトレーディング攻略_パパ

スワップポイントと限月だけ注意すれば、初めてのCFD取引も安心!

XMのNYダウ(US30)のコロナショックの影響

2020年に発生した新型コロナウイルス(COVID-19)により、NYダウにも大きな影響が出ました。2020年2月と3月に一時急落しましたが、4月からすぐに回復し上昇しています。

2022年に入ると、コロナ前よりも大きく上昇して最高値を更新しています。コロナによって、改めてNYダウの強さが証明されました。

XMトレーディング攻略_ママ

スキャルの場合も中長期的な相場状況の予想は重要だよ!

XMのNYダウ(US30)に関するよくあるご質問

ニューヨーク市場が開いている時間は?

ニューヨーク証券取引所の取引時間は、日本時間の23:30〜翌6:00(夏時間22:30〜翌5:00)です。

NYダウは米国の株価指数なので、ニューヨーク市場が開く時間帯に活発に取引され、値動きが激しくなります。

XMで積立投資はできますか?

XMに自動積み立ての機能はありません。自身で期間と金額を決めて、積立投資のように買い増すことはできます。

ただし、現物にはマイナスのスワップポイント、先物には限月があります。保有コストと期限があるので、長期的な積立投資にはあまり向きません。

配当金の配当前に値は動きますか?

配当金の前後で、株のように大きな値動きはあまり出ません。スプレッドとスワップポイントを考慮すると、配当金目当てにポジションを取る大きなメリットにならないためです。

また、配当金は買いポジションでもらえますが、相場が逆行すればポジションによる損失の方が大きくなるリスクもあります。

スワップの徴収時間は?

スワップポイントは、日本時間の7:00(夏時間は6:00)に徴収されます。実行処理は数分かかるので、時間ちょうどに反映しない場合がある点には注意しましょう。

XMトレーディング攻略_娘

スワップ徴収ルールは他と変わらないよ!

XMのNYダウ(US30) まとめ

今回は、XMのNYダウ(US30)についてご紹介しました。

NYダウには現物と先物があるので、CFD取引が初めての方はハードルを高く感じるかもしれません。しかし、スプレッドが狭い現物はスキャルピングやデイトレード、スワップポイントが発生しない先物はスイングトレードを選べば問題ありません。

FX通貨ペアと同じように、NYダウはXMの口座を開設したらすぐに取引できます。XMは借金の心配なく、ハイレバで取引できるので、ぜひNYダウにも挑戦してみてください。