口座開設すると3,000円の無料ボーナスで取引ができる!

XMで勝つにはレバレッジ管理が一番大事

XMのレバレッジ管理方法 ハイレバ取引テクニック

FXトレーダーが海外FX会社を使うメリットのひとつにハイレバレッジがあります。2019年10月現在、日本国内のFX会社の場合では、個人のFXレバレッジは最大で25倍と規定されています。

数年前までは100倍もしくは400倍という時代があったのですが、あまりにも大きな資金を失う個人が多すぎたため、国からの規制が入ってしまいました。さらには今後、10倍以下にするという話まで出ています。

国内のレバレッジ規制はもっと厳しくなる可能性もある!

そのような国内FX会社をよそに海外FXではレバレッジが100倍以上を提供している会社が多くあります。ここで紹介するXMもその一つで、XMの場合だと888倍までレバレッジを掛けることが可能です。

ここでは、XMで勝つためには実際にどのようなレバレッジを使えばいいのか、管理方法などについて紹介していきます。

高いレバレッジは資金効率を高める

そもそもレバレッジとは何なのでしょうか?よく「てこの原理」と言われるのですが、いまいちピンとこないですよね。わかりやすくいうと、少ないお金をつかって、大きな取引をすることです。

レバレッジを使うことで、10万円しかもっていないのに、1000万円分や1億円分の取引もできることになります。その倍率がレバレッジ〇〇倍となるのです。

XMのレバレッジは888倍。他の海外FXでは1000倍もある。

もし2倍であれば20万円分、10倍であれば100万円分、100倍であれば1000万円分の取引ができます。つまりレバレッジが大きくなればなるほど、1回の取引量を増やすことができます。

レバレッジ1倍であれば、100万円で1万通貨しか取引することができませんが、もし100倍であれば100万通貨で取引ができるのです。取引量が多ければ多いほど、得る利益も大きくなります。

例えば、差益で10銭を獲得した場合は、1万通貨であれば1000円ですが、100万通貨であれば10万円です。同じ100万円という資金なのに、得られる金額が100倍も違う。これこそが、レバレッジの魅力でもありFXの魅力なのです。

ハイレバレッジはロスカットのリスクも高める

しかしながら、良い事ばかりではありません。リターンを得られるということは、その分だけリスクがあるのです。例えば、前述のレバレッジと同じ環境で10銭の損失を出した場合、1万通貨だと1000円のマイナスになりますが、100万通貨の場合では10万円の損失になります。

さらに、100万円の資金に対して、100万通貨で取引を行った場合、証拠金の維持率を除いたとしても、ほぼ1円(100pips)でロスカットになってしまいます。これはレバレッジが100倍の時ですが、もしXMの最大レバレッジ888倍でのトレードでは、たった20pips程度でロスカットになってしまいます。

確かにレバレッジを大きくして取引量を増やせば、リターンの額は大きくなります。その反面、強制ロスカットまでの距離(差益)も縮まることは念頭に置いておく必要があります。

国内FXで基準となる維持率はXMでは安全ではない

FXの書籍などを見ると、「証拠金維持率は〇〇%以内にしましょう」という項目を目にすることができます。国内FXの場合は安全圏として300%以上にしておくべきだと言われております。

しかしこれは、あくまでも国内FXの場合、つまりレバレッジが25倍に限った場合です。XMを含む海外FXのような数百倍のレバレッジがあると、証拠金維持率300%なんてあっという間です。単純に計算すると、25倍で300%だとすれば、100倍なら1200%という計算になります。

XMのトレードスタイルはハイリスクハイリターンが定番だから、安全な証拠金維持率ってないのかも。

まずは計算ツールでXMのレバレッジを把握しよう

XMのサイトには証拠金計算機なるものがあります。このツールでは、通貨ペアやロット数、レバレッジを選択することで、入力したロット数に必要な証拠金を計算してくれます。

例えば、通貨ペアをドル円にして、スタンダード口座でロットを0.1(1万通貨)、レバレッジを最大の888倍にしたとき、必要な証拠金は1,217円です。つまり、最低2,000円あれば1万通貨で取引ができます。ただし、その場合は約100pips程度の逆行でロスカットになってしまいます。

その時の証拠金維持率は822%です。国内FXでの推奨レバレッジよりもかなり高め目ですが、100pipsでロスカットだと考えると、もう少し取引量を減らしたほうがいいかもしれませんね。

では、同じ資金でロットを0.05(5000通貨)にしたときはどうなるでしょう。証拠金維持率は1600%でロスカットまでの距離は200pips弱まで伸びています。これであれば、国内FXで安全圏とよばれる域と同じくらいになりました。

国内FXでトレードしている通貨量がXMでは「約35分の1の金額」でトレードできる計算。

そもそもレバレッジを888倍にした時と、100倍にしたときで何が違うのか。その答えは、必要な証拠金が異なります。上記の例で例えると、888倍の時は証拠金が1200円程度です。それに対して、100倍の場合は10800円です。

もっと詳しく説明すると、ロスカットしたときに残るお金が異なってくるのです。100倍の時は2200円ほど残りますが、888倍の時は250円程度しか手元に残らないのです。同じpips分負けたとしても、2200円と250円とでは全然違います。

これらの計算をシンプルにしてくれるものが「XMの証拠金計算ツール」です。XMのハイレバレッジに慣れていない方はいろいろと数値を入力してレバレッジ感を試すべきだと思います。

デモ口座でレバレッジを体感すべき

もしレバレッジを数百倍など高くしてトレードをしたいと思った時には、まずはデモ口座で試すことをオススメします。

レバレッジを888倍にすれば、1万円あれば8万通貨の取引が可能です。しかしながら、ロスカットはたった10pipsです。

では、4万通貨で取引を行った場合はというと、22.5pipsでロスカットです。デモ口座でロスカットを体験することが目的ではありませんが、レバレッジを高くすることで、証拠金を低く設定できる、つまり、損切までの位置を広くとれることを経験することは非常にいいことだと思います。

まとめ

以上のように、XMでのレバレッジについて紹介してきました。XMのレバレッジは最大で888倍まで上げることができます。トレンドを掴んだ場合は30pipsで資金は3倍になりますが、たった20pipsでロスカットとなることもあります。

最初はデモ口座などでハイレバレッジの取引慣れてから、リアルのトレードを行うことをおススメします。

タイトルとURLをコピーしました