「XMトレーディング」の公式ホームページへ

XMでゴールド(金)取引をする魅力とメリット

XMでゴールド(金)取引をする魅力とメリット 取引テクニック

XMトレーディングの口座ではゴールド(金)の取引ができます。海外FXのXMで金の取引というのはあまり馴染みがない方もおられると思います。そうした方を対象にゴールドの取引の面白みや魅力、金相場の特徴、さらにメリットと注意点をご紹介します。

XMトレーデイング攻略_ママ

XMでゴールド(金)取引をするトレーダーはとっても多い!

XMトレーデイング攻略_娘

コロナショックで乱高下する金は今が狙い目!

ゴールド(金)取引の魅力

金取引の魅力に次のことがあります。

金取引の魅力
・需要が安定し、価格の暴落する危険性が少ない
・貨幣市場から投資資金が流入しやすい
・流動性が高く、保有が一定のステータスになる

需要が安定し、価格の暴落する危険性が少ない

ゴールドはその美しさから装飾品として幅広く使われており、また様々な工業製品にも重要な部分で使われるレアメタルです。そのために供給量が限られている事に対し、常に需要が上回っているので価格の暴落する危険性が少ないのが特徴と言えます。

貨幣市場から投資資金が流入しやすい

貨幣はゴールドで鋳造されていた時代もあり、ゴールドには準通貨として貨幣市場から投資資金が流入しやすいのが特徴です。貨幣は発行している国がその交換価値を保証しているのが特徴ですが、国がその価値を保証できなくなれば、高額な紙幣も極端な言い方をすればただの紙の価値しかありません。

これに対してゴールドは国がその交換価値を保証しているいないに関わらず、古くから万人がその価値を認めるものなので、貨幣に対する信用不安が大きくなれば資産保有手段としてゴールドを選択する人が増えます。

XMトレーデイング攻略_パパ

世界情勢が不安定になる度にゴールド(金)の価値が見直される

保有が一定のステータスになる

現金が必要な時にすぐに売却して現金化できる流動性の高さもゴールドの魅力です。また、ゴールドは歴史上古くから権力や富の象徴として珍重されており、現在でもゴールドの保有は社会的な一定のステータスを表すものとなっています。特に中国やインドなど経済発展が著しい新興国においてその傾向が見られます。

最近の金相場の3つ変動要因

最近の金相場の変動要因として、次のことが挙げられます。

1)通貨不安
2)パンデミック、天災や紛争、テロや戦争など
3)低金利

通貨不安の例では、リーマンショックやギリシャ危機およびイギリスのEU離脱(ブレグジット)後のポンドの信用不安があります。天災や紛争、テロや戦争などのリスクとしては日本で発生した東日本大震災や中東地域におけるテロ活動の活発化や内紛などが挙げられます。

(1)通貨不安

通貨への信用不安は通貨の資産保有手段としての魅力を減らす要因になり、資産保有手段として通貨以外のモノへの資金移動を誘発します。通貨は金や銀などの材料でで鋳造している場合は相応の価値が認められますが、通貨不安をもたらした具体的な事件として次のことがありました。

最近の主な通貨不安
・リーマン・ショック:2008年9月15日~米ドルに対する通貨不安
・ギリシャ経済危機:2009年10月~ユーロに対する通貨不安
・イギリスのEU離脱:2016年6月23日~ポンドに対する通貨不安

特に2008年から2011年の間に金の価格は高騰しており、その後は少し落ち着きましたがイギリスのEU離脱に関係して重要な決定の期日前には上昇を繰り返しています。

最近の金相場の動向

(2)コロナウイルス、天災や紛争、テロや戦争など

パンデミックや天災や紛争、テロや戦争などの様々な自然や人為的なリスクは金相場の変動要因となります。

新型コロナウイルスの拡大によるリーマンショックを超える経済ダメージが想定され、先行き不安で金価格は急上昇しました。しかし、その後は株価の下落に伴い金価格も大幅に下落する相場となり、乱高下が続きました。

天災の具体的な例としては地球温暖化による異常気象の発生、特にこれまで以上に大きな台風の発生やそれに伴う高潮、竜巻などの災害による経済活動の停滞に加え、特に日本では2011年3月11日に発生した東日本大震災の他、今後数十年内のうちに大地震のリスクに直面していると言われています。

一方、海外では様々な民族同士の対立や宗教上の紛争の他、貧富の格差拡大に伴うテロや内戦など多くの人為的なリスクが存在しており、これらが現実として顕在化した場合には金相場は大きく変動するでしょう。

(3)低金利

米国を除く先進国、日本や欧州の国の多くが経済を上向かせるために低金利政策をとっています。こうした低金利はすでにご紹介した通貨不安とともに通貨の資産保有手段としての魅力を減らす要因になり、資産保有手段として通貨以外のモノへの資金移動を誘発します。資産保有手段として通貨以外のモノとしては商品や不動産などがありますが、保有や管理に多額の資金を要する不動産よりも保有や管理にコストが少なくて済む商品が選択される場合が多いと言えます。

商品の中でも需給状況により価格変動リスクが大きい原油などの産業財や穀物などに比べて、一般の投資家は需給が安定し、価格変動リスクがより少ない金を選ぶために金相場が変動する要因となります。

XMトレーディングで金(ゴールド)を取引するメリット

ゴールド取引の魅力

XMで金(ゴールド)を取引するメリットに次のことがあります。

金(ゴールド)取引のメリット
・ハイレバレッジ&狭スプレッドで取引ができる
・FXと同じように取引できる

ハイレバレッジ&狭スプレッドで取引ができる

ゴールド取引もレバレッジ888倍で行えます。国内のCFD取引ではレバレッジ20倍なので40倍以上の資金効率となります。また、スプレッドも0.35トロイオンス(oz)と狭い点も、XMでゴールドを取引するトレーダーが多い理由です。

FXと同じように取引出来る

すでにXMにデモ口座やリアル口座を解説してFXをされている方は通貨ペアを選ぶ感覚でゴールドCFDを選べばFXと同じ感覚で取引出来るのがXMでゴールドを取引するメリットです。

リスクオフの相場環境では大きなボラティリティが見込めるゴールドは、通貨不安時にはFXの通貨ペア取引のリスクヘッジ銘柄として同じXM内で取引できることはメリットとなります。

XMで金相場の状況を確認する

金取引をする際の注意点

ゴールド取引をする際の注意点ゴールド取引をする際の注意点に次のことが挙げられます。

・ポジションの保有でスワップ金利の負担が生じる
・取引できる時間が決まっている

ポジションの保有でスワップ金利の負担が生じる

ゴールド取引をする際の注意点で最も重要なのはポジションの保有でスワップ金利の負担が生じることです。ゴールドは他の銘柄よりスワップ金利の負担が大きいので、ある程度ポジションを長く持つデイトレードをする場合には、スワップ金利の負担が生じる時間を事前に確認しておき、その時間までにポジションを整理する方がいいでしょう。

ゴールドは買い注文でマイナス、売り注文でプラスのスワップが発生します。XMは他の海外業者と比べてスワップポイントも高めの設定となっています。

取引できる時間が決まっている

XMでゴールドの取引をする場合、次のことにも注意します。

・夏時間と冬時間で取引時間が異なる
・メンテナンス時間は取引出来ない

具体的に示すと、夏時間および冬時間で取引出来る時間は次のようになります。

ゴールドの取引時間
・夏時間:月曜日06:05~土曜日05:50
・冬時間:月曜日07:05~土曜日06:50

夏時間および冬時間でメンテナンス時間は次のとおりです。

メンテナンス時間
・夏時間:平日05:55~06:05
・冬時間:平日06:55~07:05

クリスマス期間を含め、年末年始の営業スケジュールも確認しておく方がいいでしょう。

まとめ

ゴールド取引の魅力ゴールドは根強い需要に支えられて、株式や不動産などと比較すると価格の暴落する危険性が少ない点で魅力が高い金融商品です。こうした魅力から通貨への信用不安や様々なリスクから投資家が資金の回避先として利用することが多く、リスクオンの相場環境では高いボラティリティが見込め、ゴールドのCFDではトレードの方法次第では一攫千金も可能です。

XMの888倍のハイレバレッジはゴールドのCFD取引にも適用され、かつ狭めのスプレッドで通常の通貨ペア取引と同様に行うことができます。取引銘柄の中にゴールドのCFDを加えてみてはいかがでしょうか。