口座開設すると3,000円の無料ボーナスで取引ができる!

XM(XM Trading)での口座開設から出金までのガイドまとめ

XM(XM Trading)での口座開設から出金までのガイドまとめ XMを知ろう

XM(XM Trading)での口座開設から出金までのガイドまとめ

こちらのページではこれからXM TradingでFXを始めようという方に向けた、口座開設から入金・取引・出金までを説明する「XMの始め方まとめページ」です。

知っておくべきXMの始め方

XM(XM Trading)の口座を開設する

口座タイプはスタンダードがオススメ

まずは口座開設が必要です。

XMは海外企業ではありますがすべてのページが日本語対応されており、難しい入力はありません。

英語に慣れていない方にとって難しいと感じる部分は「英語での住所入力」かもしれません。その場合は住所ローマ字変換サービスをご利用ください。

 

XMでは3つの口座タイプが用意されています。それぞれの特徴はこちらです。

■ スタンダード口座
レバレッジ888倍、ボーナスが3種類もらえる標準口座

■ マイクロ口座
スタンダード口座と仕様は同じで1ロット=1000通貨で取引できる小口口座

■ ZERO口座
レバレッジ500倍、ボーナスは少ない分スプレッドが狭い口座&取引手数料あり

スタンダード口座はレバレッジが888倍で口座開設ボーナス&入金ボーナスがもらえるなど、XMの魅力をすべて活かすためにはスタンダード口座が一番お得です。

まずはスタンダード口座を開けば問題なし!

関連ページ:パソコンで口座開設をする スマホで口座開設をする

 

日本語字幕付きのXMの口座開設ビデオをご紹介します。こちらも参考にお手続きください。

 

XM.COM – MT4 チュートリアル – MT4のダウンロードとログイン

リアル口座の有効化(本人確認書類の送付)

XMを始めるにあたり、最も面倒な作業は本人確認書類の送付かもしれません。
ただ、特別な手間はなく、国内のFX会社や証券会社の口座を開設する際と同じ手順です。
スマホなどの写真を撮ってマイページからアップロードします。

本人確認書類(身分証明書)

本人確認書類として認められている書類はこちらです。

・パスポート
・運転免許証
・マイナンバーカード
・住基カード(写真付き)
・外国人登録証/在留カード
・障害者手帳

住所確認書類(住所証明書)

住所確認書類として認められている書類はこちらです。

・運転免許証
・健康保険証
・マイナンバーカード
・公共料金請求書/領収書(電気・ガス・水道など)
・電話料金明細書/領収書
・クレジットカード明細書
・銀行支払い明細書
・住民票
・納税書類

本人確認書類と住所確認書類は同じ書類は提出できないため、2種類必ず必要になります。

また本人&住所確認書類で気をつける点は以下です。

<本人&住所確認書類の注意点>

・公共料金の領収書などは「日付が分かるもの」(住民票なども「発行日」を含める)
・住所がすべて書かれている書類のみ受付可能
・「マイナンバーカード通知書」と「学生証」は使えない

書類に「日付が写ってないミス」が多いから注意ね!

書類をアップロードすると数十分から数時間で日本人スタッフによる審査が完了します。

書類に不備があった場合はメールで連絡があるので、XMのスタッフの指示に従って再提出すれば大丈夫です。

ボーナスの申請

口座開設の際に「ボーナスを受け取る」を選択した方は、本人確認書類の提出後に口座開設ボーナス3,000円を受け取ることができます。

自動で付与される仕組みではないため、マイページより忘れずに申請を行ってください。

間違って「受け取らない」を選択してしまった人は、取引前であればカスタマーセンターに連絡すると付与してくれるよ!

XM(XM Trading)に入金する

4つの入金方法

XMへの入金方法は以下の4つがあります。

1)クレジットカード/デビットカード入金
2)ビットコイン入金
3)bitwallet入金(JPY口座のみ)
4)海外銀行送金(USD口座のみ)

銀行送金とクレジットカード入金が主な入金方法になると思います。

銀行送金は国内のFX業者と変わらない感覚で、指定口座に送金すれば30分から1時間ほどで着金します。

クレジットカードはJCBも追加され利便性が上がっています。入金手数料はXMが負担します。

利用可能なカードブランド

XMに入金できるクレジットカードブランドは以下の3つです。

・VISA
・Maestro
・JCB

<クレジットカード入金の注意点>

・マスターカードやダイナーズ、アメックスブランドは使えない。
・入金額以上の額は出金できない(利益分は銀行送金かbitwallet出金)

取引ツール・プラットフォームを使う

XM専用取引プラットフォームMT4を設定

XMではMT4とMT5の両方が使えて、アプリやブラウザやタブレットなど全部で16種のツールを使うことができます。

最もシンプルな取引ツールは、パソコンの場合はブラウザ上で取引ができる「MT4(またはMT5)ウェブトレーダー」です。またスマホの場合は、MT4(またはMT5)のアプリをダウンロードする手順がオススメです。アプリダウンロード後は、ログイン情報を入力するだけですぐに取引を開始できます。

なお、MT4(またはMT5)の場合は、「サーバー名」と呼ばれるサーバー番号を設定する必要があります。この点が国内FX業者との違いになります。(サーバー名の例「XMTrading-Real 21」など)

XMの口座開設完了メールに割り振られたサーバー番号が記載されているので、取引ツールにログインする際はそちらをご入力ください。

XM.COM – MT4 チュートリアル – MT4のダウンロードとログイン

XM(XM Trading)で取引をする

取引ができる環境が整い取引の開始です。
入金した資金と入金ボーナスが正しく反映されているかを確認の上で、最初のポジションを保有します。

マージンコール&ロスカットについて

XMのマージンコールとロスカットの条件は以下となります。

マージンコール:維持率90%以下
ロスカット:維持率20%以下

マージンコールとは、証拠金に一定の損失が発生した場合、FX会社が顧客に対して知らせてくれるものです。

マージンコールは気にする必要はないかと思いますが、ハイレバレッジ取引の場合にロスカットレベルを理解してポジションを取ることが大切です。

XMでは、20%を下回った際に損失額の大きいポジションから自動決済されます。

ポジションを調整したり、追加入金をすることでロスカットを受けないように状態を維持します。

ゼロカット制度について

追証がない!XMの大きな魅力

ロスカットされた場合に心配になるのが追証ですが、XMにはゼロカット制度と呼ばれる「追証なしサービス」があります。

保証金以上の損失が出た場合はマイナス分をXMが負担してくれるサービスです。ロスカット直後は口座に表記される残高がマイナスになりますが、1時間〜半日でマイナスは0円に戻ります。

残高がマイナスの状態で追加入金すると「資金が差し引かれるのでは?」と感じますが、入金と同時にゼロカット制度が働き、(口座残高が0円に戻った上で)入金額はそのまま反映されます。

XMポイントの確認

XM特有のサービスのため、知らずに失効してしまう人も多いXMポイント。取引をする度に取引量に応じて貯まるのがXMポイントはボーナス(クレジット)に交換することもでき、現金化することもできます。

貯まったXMポイントだけでリスクゼロのハイレバレッジ取引もできるので、忘れずにチェックしましょう。

■関連ページ:XMポイントについて

出金する

XMには以下5つの出金方法があります。
手数料が一番安く手続きも簡単なMybitwaletがオススメです。

5つの出金方法

1)銀行送金
2)クレジットカード、デビットカード
3)ビットコイン
4)Mybitwallet
5)i-Account

それぞれの注意点をまとめます。

出金方法はコストが安い「Mybitwallet」がオススメ!

<銀行送金の注意点>

・一部、出金先として使えない銀行があります
・初回や金額が大きい回は銀行から確認電話があります
・銀行ごとに設定された出金手数料が掛かります。

銀行からの電話、最初は私もビックリしたけど、正直に「FXでの利益です」と伝えましょう。それ以降の確認電話はありません。

<クレジットカード出金の注意点>

・入金した以上の金額をクレジットカードに出金することはできません。

クレジットカードの入金額以上の利益は銀行やbitwalletへ出金することになります。

<ビットコイン出金の注意点>

ビットコインの換金にはビットコイン口座ごとに設定された手数料が掛かります。

<bitwallet出金の注意点>

・クレジットカードでbitwallet口座へ入金を行った場合、その入金額と同じ金額をMybitwallet口座から銀行口座へ出金するには、クレジットカードの現金化を防ぐための処置として1か月以上空けなければいけません。
・手数料は824円です。

bitwalletは本当に便利で手数料も安いのでXMを使うトレードの必需ツールだと思いますよ。

<i-Account出金の注意点>

・出金手数料はXMが負担しますが、i-Account口座からの出金などには別途手数料が掛かります。

タイトルとURLをコピーしました