$cssdir = get_stylesheet_directory_uri(); wp_enqueue_script( 'theme-script', $cssdir.'/script.php', array('jquery'));

XM取引での確定申告

money

 国内FXでは、利益に対して20.315%の申告分離課税支払えば、給与所得やほかの事業所得とは一切関係ない税率になります。ただし、MXでの利益は他の所得と合算で課税される総合課税となります。

 国内FXは申告分離課税で税率は一律20%    

「申告分離課税」の場合、通常の収入に差があっても支払う税金は同じです。しかし、「総合課税」の場合、300万の年収に1000万のFX利益がでれば1300万の年収に対して税金をかけられることになります。また、1億の年収の人が1000万儲かれば1億1000万の年収に対して課税されます。

 申告分離課税と総合課税の違い         

国内FXの口座で上げた利益は、額が100万であろうと1億であろうと、申告分離課税として税率は一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税【15%×2.1%=0.315%】+地方税5%)となります。一方、XMの税金は「累進課税」に分類され、上げた利益額によって税率が変化していきます。

以下の表は「海外FXの累進課税である利益額とそれに応じた税率(内訳)」となります。

課税所得金額 税率 税率内訳
 195万円以下  15% 所得税5%+住民税10%
 195万円超~330万円以下  20% 所得税10%+住民税10%
 330万円超~695万円以下  30% 所得税20%+住民税10%
 695万円超~900万円以下  33% 所得税23%+住民税10%
 900万円超~1,800万円以下  43% 所得税33%+住民税10%
 1,800万円超~  50% 所得税40%+住民税10%


このように、XMでの取引で利益が出た場合は「税金面でのメリットは少ない」と言わざるを得ません。ただし、XMには以下の魅力で多くの日本人トレーダーの人気を集めています。

  • レバレッジ規制なしの888倍のハイレバレッジ
  • 国内FXよりはるかに優れた約定スピードとオーダー執行率
  • NDD方式採用で大幅なスリッページ・リクオートなし
  • ゼロカットシステム採用で追証なし
  • 豪華な入金ボーナス

 課税されるタイミングについて         

XMのような海外のFX会社で利益を出した場合、出金指示を出して国内の銀行などに着金したタイミングで初めて課税対象として認識されます。その年のその他の投資や事業で利益が大きく出ている際は、その点を考慮して出金すれば節税対策を取ることができます。

逆にXMで利益が出ている場合に、国内送金しない時点で申告される方がいらっしゃいます。正確な申告は大切ですが、翌年以降に国内送金した時点で税務署側で二重処理をしてしまうことがあるのでご注意ください。透明性の高い申告を行うつもりが逆に目をつけられてしまう結果になるのは残念なことです。

XMの口座開設をする